冬

Novella Works

詩・小説・哲学
ギリシャ神話やキリスト教をテーマに綴る
心と生き方の文芸コラム

Novella

海洋SF小説 MORGENROOD

宇宙文明の根幹を支えるレアメタルと企業の攻防を描いた人間ドラマ。
恋と仕事と人生をテーマにした本格的な長編小説です。

どんな恋もいつか終わる

なぜあなたの恋は上手くいかないのか

恋愛・結婚をテーマに綴る
女性のライフスタイルのコラム集。
 note.mu にて有料マガジンを配信中。

親の死を願う子供たちについて

親の死を願う子供たち

「親 殺したい」「親 死んで欲しい」と
検索する子供の心理とは?
自立と親子対決について考察する
思春期と生き方のコラム。

  • 2020年2月19日

ちょっとだけ待っててね

ユキちゃん。 いつもバタバタして、ごめんね。 掃除。洗濯。買い物。炊事。 やることがいっぱいあって、 いつもユキちゃんをひとりぼっちにさせてしまう。 「お台所をするから、ちょっとだけ待っててね」 そう言って、今日もユキちゃんをベッドに一人、 […]

  • 2020年2月17日

ベートーヴェン交響曲第9番「合唱付き」~歓喜の歌を世界で最初に耳にした聴衆~

世界で一番幸せな人は、ベートーヴェン交響曲第9番の初演に立ち会った聴衆だと思う。 ……そう言うと、ワーグナーの『トリスタンとイゾルデ』とか、ラフマニノフの『ピアノ協奏曲第二番』とか、初演に立ち会いたかった作品って、いっぱいあるんだけどね。 […]

  • 2020年2月15日

存在理由などなくても、とりあえず生きてみる

一流IT会社に就職したものの、アッパーな雰囲気に馴染めず、周りから浮いてしまうプログラマのゾーイ。些細なことでヴァルターと口論になり、会社を飛び出してしまう。ゾーイと一緒にランチを取りながら、意味がなくても生きている深海の生物に喩えながら彼女を励ます。

  • 2020年2月15日

この世に絶対的正義は存在するのか ~罪の平原に立てば、人の罪は同じ

鉱業局の調査官が採鉱プラットフォームの立ち入り調査にやって来る。ヴァルターはファルコン・マイニング社の差し金と疑い、否定的な態度を取るが、調査官は相対する二つの正義について語り、罪の平原に立てば、鉱山労働者への責は皆同じだと説く。

  • 2020年2月15日

今この子に「生きろ」と言うことは、「死ね」と同じくらい残酷に思える。

「死にたい」の反語は「生きろ」ではなく、「そんなあなたの側に居たい」。傷ついた子供に「頑張って生きるのよ」と言葉で励ますのは簡単ですが、絶望しきった人間に、生きる力など、そうそう湧いてくるものではありません。まして死んだ親への愛着に対し、慰める術もないというのが現実ではないでしょうか。

>海洋小説『曙光』MORGENROOD

海洋小説『曙光』MORGENROOD

宇宙文明の根幹を支える稀少金属ニムロディウムをめぐる企業と海洋社会の攻防を舞台に描く人間ドラマ。生きる道を見失った潜水艇パイロットと愛を求めるフォルトゥナの娘の恋を通して仕事・人生・社会について問いかける異色の海洋小説です。
Kindle Unlimitedなら読み放題。
Amazonの海洋学ランキングで一位を記録。

CTR IMG