注目キーワード
  1. 仕事
  2. 美輪明宏
  3. キリスト教
  4. 哲学
Novella

Novella Works

詩想・小説・哲学
ギリシャ神話やキリスト教をテーマに綴る
心と生き方の文芸コラム

Novella

海洋SF小説 MORGENROOD

宇宙文明の根幹を支えるレアメタルと企業の攻防を描いた人間ドラマ。
恋と仕事と人生をテーマにした本格的な長編小説です。

どんな恋もいつか終わる

なぜあなたの恋は上手くいかないのか

恋愛・結婚をテーマに綴る
女性のライフスタイルのコラム集。
 note.mu にて有料マガジンを配信中。

親の死を願う子供たちについて

親の死を願う子供たち

「親 殺したい」「親 死んで欲しい」と
検索する子供の心理とは?
自立と親子対決について考察する
思春期と生き方のコラム。

  • 2020年4月2日

人間の生き様を熱く語る名セリフの宝庫 梶原一騎の名作漫画『愛と誠』

人を愛することだけはこの世を支配する法則とは別世界のものです。この世の法則――それは人間が幸福に生きていくことです。美貌の財閥令嬢と三日月傷のアウトローの心の闘いを描いた青春アクション巨編。投げナイフ、影の大番長、君の為なら死ねるの岩清水君など、脇の魅力も素晴らしい。

  • 2020年3月31日

サルに学ぶ処世術と人生論 猿山のイノシシ&ひょうたん猿

猿山にイノシシが同居するのは最下層で抑圧される猿のストレス解消に役立つからである。ひょうたん猿は、ひょうたんの中に入った米を掴みだそうとして手が抜けなくなり、そのまま農夫に捕らえられる愚かな習性を物語るエピソード。人間社会も決して笑えないという話

  • 2020年3月30日

『一日何回 空を見上げますか』 #『質問』の答え

見上げても、見上げても、答えは訪れず。 にもかかわらず、人が空を見上げるのは、まだ心のどこかで大いなる存在を信じているから。 いつか、その恵みが自分にも訪れることを願って、雲の向こうに幸いの兆しを探すけれど、百年待っても、そんなものは見えやしない。 自分にだけ特別な光が降り注ぐなど。

  • 2020年3月27日

腐っても、母親 ~子供にとって母親は神聖な存在

母親のイヤな面を見て傷つこうと、母親を赦そうとする子供の情の深さに比べたら「あるべき姿」を求め、いとも簡単に自分の子供を見切ってしまう母親というのは、どれほど頼りなく、器の小さいものかと思います。「その人のあるがまま」を愛しているのは、子供の方ではないでしょうか。

  • 2020年3月23日

アイデンティティと自信喪失の時代 『ペレ 伝説の誕生』

現代というのはつくづく自信喪失の時代と思わずにいない。国をあげてワールドカップに熱狂するのも、単なるサッカー好きではなく、連帯の中に自己の帰属や基盤を再確認するからだろう。それはグローバル化が進み、フラットな世界に変じる未来も変わることはないと思う。