ばかけんちく談話室

「バツ10個です。」「転勤!」 #0009

ばかけんちく談話室
>#0008 Iさん

> もしその「作品」にワープロ打ちの貼り紙なんかがあったら、
>「建築を理解する学生」は建築家でなく使用者をけなしてました。

 ひえー。使用者かわいそう。それじゃ、利用客と建築家のイタバサミ?。
 しかも、こういうのの矢面に立つのは、施主とかじゃなくて、「事務のおじさん」とか「受付のおねーさん」でしょう?。
 結構、私、ヘンな建物に出会ったとき、こういう方達に「変わった建物ですね~。」とか聞きますが、たいてい返ってくるのは「苦笑」ですよ。「みなさん、そうおっしゃいます。」とか言いながら、目が「それでオレ達、ほんと困ってんだよね~...」って訴えてるような(こっちも苦笑)。

 Hさんが言われていたように、こういう「使い勝手」も含めてのもの全体が「作品」のはずですよねぇ。利用客にとって「使いにくい建物」で、事務のおじさんにとっては「やりにく職場」じゃぁ、一体誰を幸せにするのか、その建物は?。

 建築は単純なイロとカタチのカッコよさだけの「作品」「造形物」じゃないはずですよ。その中の「社会」とか「生活」をデザインするっていうのがホントなんじゃ?。
 つくる人が「イロとカタチ」しか考えてないような、単なる「でっかい彫刻」みたいなケンチクは、やっぱりバツ10個で転勤! っすね。

 そういえば、建築雑誌の写真って、どうして人が写ってないの?。オープンして人が入ってナンボでしょう?。「ホトケつくってタマシイ入れず」って感じがすごくするけど。これもやっぱり「でっかい彫刻」現象を現しているような気がします。

「使い勝手」も含めてのもの全体が「作品」のはずという言葉が気に入って、クリップしました。

「バツ10個です。」「転勤!」 #0009

e-book & note magazine
海洋小説 《曙光》 MORGENROOD 試し読み
なぜあなたの恋は上手くいかないのか

Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function WP_Optimize() in /home/marier/novella.works/public_html/wp-content/plugins/wp-optimize/cache/file-based-page-cache-functions.php:149 Stack trace: #0 [internal function]: wpo_cache('\r\n<!DOCTYPE htm...', 9) #1 /home/marier/novella.works/public_html/wp-includes/functions.php(4552): ob_end_flush() #2 /home/marier/novella.works/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php(288): wp_ob_end_flush_all('') #3 /home/marier/novella.works/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php(312): WP_Hook->apply_filters('', Array) #4 /home/marier/novella.works/public_html/wp-includes/plugin.php(478): WP_Hook->do_action(Array) #5 /home/marier/novella.works/public_html/wp-includes/load.php(947): do_action('shutdown') #6 [internal function]: shutdown_action_hook() #7 {main} thrown in /home/marier/novella.works/public_html/wp-content/plugins/wp-optimize/cache/file-based-page-cache-functions.php on line 149