建築、街に関するいろんな意見をお聞かせください #0038

地方の「ミニ東京化」? 建築家にはその個性に合った街があるはず #0038

建築、街に関するいろんな意見をお聞かせください #0038

#0038 今、「住む場所」について勉強しています。建築、街に関するいろんな意見をお聞かせください。

はじめまして。

楽しそうなページを見つけたので少し書いて見ました。

やっぱり、ばかけんちくに加えてほしいのは、 愛媛県の○○町というところにある、○○中学校ですね。

○○と言うところは、本当に日本的な雰囲気を残しているところで、私は宮崎駿の映画にでてくる魅力的な町に匹敵する味があると思います。

○○の持つ特別なカラーをとりいれてデザインした(最初、ギャグかと思った)というこの学校、まるで宇宙船のようなのです。

デザインした建築家は新梅田シティという二つのビルがてっぺんでくっついたビルとかヤマトインターナショナルという建物で有名です。

あんな感じのビルが低くなった感じの小学校です。この建物が何か賞をとったというので、私はたいへん驚きました。

学校の建築が今の問題だらけの教育に何か影響できるのではないかといろいろな試みがなされています。

しかし問題の最も重要なところはそこではないような気がします。

子供たちを教育する前に、大人たちがもっと考えなおさなければならないことがあるということです。

今、盛んに地方の「ミニ東京化」が非難されています。それはそうです。

東京のまねをしたって東京以上に魅力をもてるわけはないのですから。

そして地方としての魅力を引き出しつつあるのが内子町を始めとする街なのです。

そこになぜ、あんなに中央色の強い建築家を呼んだのかがわかりません。

あの人にはあの人にふさわしい街があると思うのです。

そこらへん、皆さんはどう思われますか。

ちなみに、日本らしいしっとりした街なみを残しているということでよく内子町とならんで紹介される街に兵庫県の出石町というところがあります。

出石町はちょっと観光化されていて残念だったのですが、それでも京都よりは静かな、いい雰囲気の街です。そこにも「街のカラー」をとりいれたという有名な弘道小学校というものがあります。

これもなかなか奇抜な建物で街の建物となじんでいるかというと少し疑問が残るのですが、私は個人的にはすきです。

その差は何なんでしょうか。

単なる好みの差なんでしょうか。

そこの子供たちはなぜたくさんの大人がその小学校を見に来るのか不思議がっていました。当り前です。

子供が建物のデザインを気にして学校生活を送っているはずがありません。

子供たちは建物があって、そして友達がいればそれでいいのです。

固有名詞は伏せていますが、登場する中学校は、当時、ちょっとした話題になりました。
近隣にお住まいの方なら、すぐに分かるのではないかと思います。
個人的には「中央色の強い建築家」という表現が絶妙に言い当てているように感じました。
「弘道小学校」という名称については、理想的な例として紹介されているので、そのまま転載させて頂きました。

ところで、文中にもある『地方のミニ東京化』ですが、どこの地方であれ、都心や外国で目にしたお洒落な町並みを取り入れたいという考えは理解できなくもありません。

それが上手い具合に機能すれば、駅前や住宅街の美化や快適性に繋がり、どこからも文句は出ないと思います。

まずいのは、どこにも整合性がないのに、利権絡みや流行だけで、無理矢理、取り入れてしまうことですね。

昭和の話ですが、京都随一の名称で知られる嵐山にも、お笑いで有名な企業が参入して、派手な看板の雑貨屋などをオープンしたことがありました。大阪・ナンバなら「オモシロ」で受けるかもしれませんが、和の象徴みたいな景勝地にお笑い芸人の巨大看板が掲げられたら、地元民でなくても絶句します。案の定、厳しい批判が寄せられ、数年で店終いしましたが、このケースも「商売なんて、どこでやっても同じ」みたいなナンバのノリで、歴史も、美観も、まったく考慮せず、勢いだけで出店した悪例の一つだと思います。

建築の場合、町内会のおじちゃんの悪乗り宴会芸みたいに、「こんなん、やってみました」では済まされないだけに、作る側にも、受け入れる側にも、厳しいポリシーと美意識が必要なのは言うまでもありません。

ちなみに、文中では、『子供が建物のデザインを気にして学校生活を送っているはずがありません』というコメントがなされていますが、建築に興味のない子供でも、外観や構造上の快・不快はありますし、コンクリート打ちっぱなしの校舎より、木材とガラスを組み合わせたような、温もり+モダンな方が気分もいいでしょう。

私が小学生の頃は、昭和初期からあるような古い木造校舎で、廊下の床板も階段の縁も磨り減り、開かずの間みたいな地下室もありましたが、個人的には「古いから嫌だ」と感じたことはありません。むしろ、古いからこそ、心おきなく汚せる、暴れられる、というメリットの方が大きかったと思います。新築の校舎だと、汚す度に文句を言われて、靴を履き替えるにも、ボール遊びするにも、ピリピリしそうでしょう。

そういう意味では、子供にとって校舎はデザインよりも快適性、美しさより自由度、という気がします。

建築、街に関するいろんな意見をお聞かせください #0038

『ばかけんちく談話室』は、1995-2007年にかけて、古井亮太氏が運営されていた『ばかけんちく探偵団』に設置されていた掲示板です。詳細は「ばかけんちく談話室について」をお読みください。
NO IMAGE

海洋小説『曙光』MORGENROOD

宇宙文明の根幹を支える稀少金属『ニムロディウム』をめぐる企業と海洋社会の攻防を描く人間ドラマ。生き道を見失った潜水艇パイロットと、運命を握る娘の恋を通して仕事・人生・社会について問いかける異色の海洋小説です。
Kindle Unlimited、Googleブックスで公開中。無料PDFもダウンロードできます。

CTR IMG