パブリックアートとは何か #0072

パブリックアートとは何か ~いかに周りと調和するか #0072

パブリックアートとは何か #0072

こんにちは。初めて投稿させていただきます。

 いろんな「ばかけんちく」に対する意見が飛び交っていて、なかなか楽しいですね。ただ、どの意見も「あれはばかですね。」「そうですね、本当にばかですね。」というばかりで、それらに真っ向対立する意見というものがみられなく、議論が一方向しか向いていないように思えます。変わった建築が好きな人の、擁護意見というものは無いのでしょうか。現状の意見交換には、なんとなく食傷気味です。(本来なら、自分で対立意見を用意するべきなのでしょうが、今回は別の話をしたいので、また別の機会にします。)

 さて、ここからがタイトルに沿った本題となります。
 
 私は建築系の大学院でデザイン学の勉強などをしている者であります。最近、研究のテーマとして「パブリックアート」というものを取り上げる事になりました。
 「パブリックアート」という言葉を皆さんご存じでしょうか。パブリックアートといって横文字にすると、なんだかとてもオシャレなもののように思えますが、実際のところ、その辺の広場や歩道などになにげなく(または仰々しく)設置されている環境彫刻のことを指します。渋谷のハチ公や上野の西郷さんなどもそうです。青山の国連大学前の「ミニ太陽の塔」みたいなやつもそうです。

 バブル景気以降、大規模な都市再開発とともに、パブリックアートと称して街中に様々なアートが設置されるようになり、一般の人がそれらを目にする機会が増えてきたように思えます。しかしそれらの中にはあまり好ましくない作品も多く見受けられます。「ばかけんちく」ならぬ「ばかアート」と呼ぶべきものかもしれません。(例えば「ばかけんちく」の都市博の回で、のこぎりアートの事について「原色バリバリで幼稚である」といった意見が述べられていましたが、昨今のパブリックアートの設置事業の多くがあのようなものであるのではないかと思います。)

 立川市の再開発の「ファーレ立川」や、新宿副都心の超高層ビル計画の「新宿アイランド」等は共に都市機能やビルの景観とアートとを密接に結びつけたプロジェクトとして話題になったものです。真っ赤な原色で”LOVE”という文字を表現したオブジェや、地面からにょきにょきと生えているモンドリアン風の色彩の彫刻などは、ばかけんちくに負けず劣らずの強烈なインパクトを持っています。

 私個人の意見としては、新宿アイランドのアートについては、あのような都市空間の中においてはけっこうマッチしているのではないかと思います。人間的でない空間に非人間的なアートを配置することは、ある意味で周囲に調和しているのかもしれません。

 こういった「公共空間」に設置されるアートというものは、周辺の環境を考えねばならない建築のデザインと同様に、周囲との調和のしかたが大きなポイントとなってくるものです。一体どの様にすれば、調和というものが得られるのでしょうか。それは数値的に置き換えて判断できるものなのでしょうか。または「良い」とか「悪い」とかの主観的な感情に委ねられるものなのでしょうか。

 環境というものについていろいろと意見を持っておられる皆さんが、ばかっぽい(?)アートについてどの様に考えているか、とても興味のあるところです。

 以上の話は、ばかけんちくの本題とは少しズレがある内容かもしれませんが、環境を考える上で、ばかけんちくについて考えることと同じように、とても重要な要素であると思います。

 いろんな方の意見を聞いてみたいと思っています。

当時の匿名掲示板の面白さは、それまで専門誌や新聞など、公の刊行物でしか読めなかったオピニオンが手軽に閲覧できるようになった点でしょう。建築に限らず、時事でも、教育でも、公の刊行物に執筆している顔ぶれはたいてい同じだし、スタイルも決まっていて、読者にしてみたら新鮮味に欠けるんですね。

ところが、当時の匿名掲示板には、これまでまったく目にする機会のなかった市井のオピニオンがのびのびと綴られて、落語みたいに面白い。関係者に忖度する必要もないから、感想も率直で、「まさに聞きたかった」の意見の宝庫だったのです。

言うなれば、名も無き庶民が地中に隠すしか無かった「王様は裸だ」という叫びが、匿名の旗の下で一気に解き放たれ、「やっぱ、そうですよね!」「自分もおかしいと思ってました!」と一気に盛り上がった感じ。

まさに、言論の『レ・レ・レボルーション』です。

そのまま突き進めばよかったのですが、そうはならなかったのが世界的に悲しいところ。

ユーザーのモラル低下もあるし、ネットの特質が匿名から有名に移行し、ドヤ顔する人の独断場になってしまった理由も大きいでしょう。

しかし、一番の原因は、ファミレスでぺちゃくちゃお喋りしていた建築学生のテーブル席に、自称・建築家みたいな人が割り込んできて、「お前はバカだ、無知だ、建築のことなど何も分かってない!」とか馬乗りしだしたことでしょう。こっちは気ままにお喋りを楽しんでいるだけなのに、突然やって来て、発言の資格が・・、意見の質が・・、などと言い出すから、学生たちは解散せざるをえず、ネットでさえ何も言えなくなってしまう。
そうして、行き場をなくした人々が再び自己喪失に陥り、鬱憤をつのらせ、逆恨みするのも当然至極かもしれません。
友だちと思い出の写真をシェアするつもりで始めたサービスに美人女優が乗り込んできて、話題も、何もかも、かっさらっていったら、誰でもメンタルやられますって。

上記の意見も、疑問は疑問、揶揄は揶揄、いろんな要素が織り込まれて、興味深い読み物に仕上がっています。
こんな文章も、ネット以前は手軽に読むことができませんでした。
そして、名も無き庶民が求めているのは、まさにこうした等身大で、率直な意見なのだと思います。

一体どの様にすれば、調和というものが得られるのでしょうか。それは数値的に置き換えて判断できるものなのでしょうか。または「良い」とか「悪い」とかの主観的な感情に委ねられるものなのでしょうか。という言葉は、建築以外にも当てはまると思います。

パブリックアートとは何か #0072

匿名文化を守る自由の女神 パブリックアートはばかですか?

Dragon Ashはほとんど聴いたことがないですが、この局は好きでした。

e-book & note magazine
海洋小説 《曙光》 MORGENROOD 試し読み
なぜあなたの恋は上手くいかないのか

Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function WP_Optimize() in /home/marier/novella.works/public_html/wp-content/plugins/wp-optimize/cache/file-based-page-cache-functions.php:149 Stack trace: #0 [internal function]: wpo_cache('\r\n<!DOCTYPE htm...', 9) #1 /home/marier/novella.works/public_html/wp-includes/functions.php(4552): ob_end_flush() #2 /home/marier/novella.works/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php(288): wp_ob_end_flush_all('') #3 /home/marier/novella.works/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php(312): WP_Hook->apply_filters('', Array) #4 /home/marier/novella.works/public_html/wp-includes/plugin.php(478): WP_Hook->do_action(Array) #5 /home/marier/novella.works/public_html/wp-includes/load.php(947): do_action('shutdown') #6 [internal function]: shutdown_action_hook() #7 {main} thrown in /home/marier/novella.works/public_html/wp-content/plugins/wp-optimize/cache/file-based-page-cache-functions.php on line 149