パブリックアートについて #0079

パブリックアートについて ~必然性を提示すべき #0079

パブリックアートについて #0079

先日、アメリカの町並みのことでばかけんちく談話室におじゃましましたものですが、その時ちょろっとパブリックアートについて書いたらば、偶然にも同時にそのことを話題にしておられた方がいらっしゃったのには驚きました。同じこと言ってたりしたのにも。

 そう、パブリックアートが実に多くの問題をはらんでいる様は、現代建築と五十歩百歩の五里霧中というところでしょうか。「彫刻公害」なんていう言葉まであるくらいですから。
 
「何でここにこれがある必要が?」と思わず絶句する作品も多く、また私はすばらしいと感じましたが(写真でみて)住民には不評で撤去された作品もあります。(リチャード・セラの鉄の壁のような作品がそれ。理由は「邪魔だから」。)

 作品である以上個々人の好き嫌いという問題はどこまでもつきまとうのですが、やはりその置かれる場所に対して、パブリックアートは何らかの必然性を提示しなければならないかもしれません。たとえば「この場所が美しくなる」という漠然としたことですら、あまり考えられてはいない例が多すぎるのではないでしょうか。

 それと、建築家やデザイナーがアートもどきを作ってしまうという暴挙がまかり通っている現実も問題でしょう。いくら建物を作るのが仕事とはいえ、建築家のつくるアートもどきは、実に5階の上に6階を、じゃなかった誤解の上に曲解を重ねた、「それって誰かの作品のコピー? しかも出来の悪い」という風になってしまうことが多いのです。とほほです。

 イタリアには大学で建築を学んだ服飾デザイナーもいるし、世界中に建築出身の美術家がいます。けれど彼らは今現在は建築家ではありません。デザインとアートは違う。これは断じて優劣の違いではありません。優れた建築家は優れたアーティストと組みますもの。

 建築家でつい過剰な意匠から飛び出して、アートもどきまで手掛けてしまう方には、そこんとこよろしく!って言っちゃいます。どこ、とは決して申しませんが、某美術館はそんな暴走した建築家がアートを建物の内外でいたぶっています。

 私どもの画廊のホームページで、ちょっとだけパブリックアートの事を書いてみました。そこで紹介しているのはいわゆる野外彫刻で、街のど真ん中にあるようなものとはちょっと違うのですが、ヨーロッパで試みられている自然保護をからめたプロジェクトで私には大変興味深く感じたものです。そこに作品の置かれる必然性ということが、こういう方向から検討されることも出来るのだという一例として紹介しました。ホームページの宣伝みたいになってしまってなんですが、興味のある方には読んでいただきたいです。

 「野外彫刻の置かれる意味 森の時を刻む―土屋公雄の作品世界」というページです。
 そのページのURLは ○○ (2019年:存在せず)

 ただ、建築というのは個人や企業などの私的な所有地に建てられることも多いので「こんなばか」といくら叫んでも、行政はなかなか動くことができないことが多いのではないでしょうか。その点、パブリックアートというくらいだから公共の場所に設置されることがほとんどで、「市民の声」はまだしも届きやすいかもしれません。あまりに「NO!」と言うことがなかったのでしょうね、私達は。そろそろ重い腰をあげる時かもしれませんし、「風思庵」はまさにそんな気運の発信地のような気がします。

作品である以上個々人の好き嫌いという問題はどこまでもつきまとうのですが、やはりその置かれる場所に対して、パブリックアートは何らかの必然性を提示しなければならないかもしれません。

というのは、重い言葉です。

建築や彫刻に限らず、作品の公開には「公(パブリック)」との関わりがつきもの。
どんな作り手にも表現の自由があるとはいえ、一般に公開したものに関しては、公共性を完全に無視することはできません。
公を無視したいのなら、自宅の庭に鍵を掛けて、マイスペースでやることです。
ある意味、『公の中の自分』を意識すること(時には葛藤を克服する)も、芸術家の大きな課題と思うのですよ。
表現が全てではなくて。
時に世間は荒波であり、砂漠です。
しかし、その中で、どのように己を打ち立てていくか。
芸術は、作ってなんぼ、というよりも、いかに闘うか、なのかもしれません。

パブリックアートについて #0079

e-book & note magazine
海洋小説 《曙光》 MORGENROOD 試し読み
なぜあなたの恋は上手くいかないのか

Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function WP_Optimize() in /home/marier/novella.works/public_html/wp-content/plugins/wp-optimize/cache/file-based-page-cache-functions.php:149 Stack trace: #0 [internal function]: wpo_cache('\r\n<!DOCTYPE htm...', 9) #1 /home/marier/novella.works/public_html/wp-includes/functions.php(4552): ob_end_flush() #2 /home/marier/novella.works/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php(288): wp_ob_end_flush_all('') #3 /home/marier/novella.works/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php(312): WP_Hook->apply_filters('', Array) #4 /home/marier/novella.works/public_html/wp-includes/plugin.php(478): WP_Hook->do_action(Array) #5 /home/marier/novella.works/public_html/wp-includes/load.php(947): do_action('shutdown') #6 [internal function]: shutdown_action_hook() #7 {main} thrown in /home/marier/novella.works/public_html/wp-content/plugins/wp-optimize/cache/file-based-page-cache-functions.php on line 149