けんちく・うんちく

けんちく・うんちく ~芸術だけで建築する人は造形家 #0092

けんちく・うんちく

 はじめまして、私はけんちくはじめて6年めの若僧です。そろそろ社会に出ようと思っておりますが、未だ行き先不明です。

 私は、建築家は天才とばかの紙一重のお仕事なんだなあとこのHPを見てますます実感させられました。けんちくは、げーじゅつと技術と機能と文化をブレンドしたものでなくてはならないものなんで、その根底に人間の生活がある限り、ふさわしくないものは批難されるべきでしょう。ただ、難しいところは「ばかけんちく」を作った人々が必ずしもいつもバカやってるわけじゃところです。ある人は日本の巨匠的建築家だったり、またある人は一時代に輝かしい栄光をもった人だったりと多種多様です。でも、そんな人がひとたび暴走するとああなっちゃうんです。本当に紙一重です。ばかけんちくを語るときお施主さんのほうにも若干の責任があると思います。そこで暴走しない建築家を選ぶ必要があります。だけど、お施主さんが暴走しているとどうにもなりませんが...。

 この場を借りて一言。建築界にも政治の世界と同じところが多々あります。若手がなかなか受け入れられにくい、ドンがいるなど、封建的な面です。もう、ジャイアント馬場の効かない十六文キックでやられたふりをするのはやめようじゃないですか。建築家もおだてりゃ木に登ってしまいます。実力あるものが認められるべきです。

 最後に、げーじゅつだけでけんちくをする人を私は造形家と呼ぶようにしています。これから私は建築家になりたいと考えておりますが将来にわたってここに載らないようなけんちくを創りたいです。そんなことより、どこか事務所に入らなくちゃ! どなたか、いれてくださーい!!

若手がなかなか受け入れられにくい、ドンがいる

これはもう、どこの世界も同じです。日本でも、欧米でも、アラブでも、世界は権力をもったじじいのもの。若者が入り込む余地などありません。
そして、そんな若者が権力をもったじじいになれば、同じことをするんですね、多分。

実力あるものが認められるべきです。

それが叶えば、この世は天国。スポーツやゲームのように、目に見えて勝負が決まる分野でないと、難しいと思います。

そんな人がひとたび暴走するとああなっちゃうんです。

早坂茂三がいいことを言ってましたよ。若者の失敗は取り返しがつくが、老人の失敗は国を滅ぼすと。
でも、若者には老人にない未来と体力と希望がありますから、精一杯、闘うしかないです。

私にあって、あなたにないもの。それは、い・の・ち。

私にあって、あなたにないもの。それは、じ・か・ん。

Time is Moeny いや、 Life そのものですから。

ところで、この方は建築事務所に入れたのかしら??

けんちく・うんちく #0092

e-book & note magazine
海洋小説 《曙光》 MORGENROOD 試し読み
なぜあなたの恋は上手くいかないのか