名古屋を含む中部圏の秘密 #0103

名古屋を含む中部圏の秘密 ~ディズニーランド化する公共建築 #0103

名古屋を含む中部圏の秘密 #0103

そう、名古屋です。

あれ、あまり有りませんか? ばか建築物件。ばか・オブジェは結構多いと自負(笑)してますが。なんでも「金鯱」を付けてしまう名古屋は、そこはかとない「ばかエキス」が充満していますので、平均点が高すぎて突出したものが目に付きにくいかもしれません。ちなみにわが町岡崎では郷土の偉人徳川家康にちなんで、なんでも「葵の御紋」です。すごいです。「I Love Ieyasu」です。その紋所を無理矢理目に突っ込まれます。いつかきちんとご報告させていただきます。

 私、偶然にも今、「偽装するニッポン 公共建築のディズニーランダゼイション」(中川理・彰国社刊)という本を読んでいます。この本は「大名古屋の近代建築」というサイトで紹介されていて、ばか建築探偵団の諸兄はすでにご存じの方も多いと思います。
この本はばか建築な公共の建造物(ヤンキー系)をうなるほど紹介していて身の毛のよだつ面白さですが、キーワードは「ディズニーランド」です。

私が考えますに、名古屋はここまでは行っていない、名古屋(を含む中部圏)の建築は「博覧会パビリオン型」とでも申しましょうか、あの「世界都市博」の「機械の体をタダでくれる寒い未来」のありさまを体現しているような気がします。

 だから「無個性」なのです。しかし、その類では宝庫でもあります。私は仕事柄ちょっと名指しでは言いかねますが、美術系の建築物(笑)ではばか建築あると思いますよ>名古屋。

 しかし、名古屋の広小路通りに点々とあるあの「金鯱」付きの紫色のポール、あれは一体何なんでしょう?すごく変です。すごく悪趣味です。音楽も流れてきます。あれも、「デザイン博」の落としだねなんでしょうか?建築ではないですが、「金鯱」そのものの遊覧船とかもありますよね。名古屋地区限定ビール「でらうま」のテレビのコマーシャルでも星野仙一のバックに登場したりして有名です。それから東名高速で名古屋インターで降りると、料金所ではかわいい「鯱」がお出迎えしてくれます。嬉しいです。しみじみ思うのは、中部地区では「オブジェ系」の方がパワフルです。「ディズニーランド」ではなく「タイガーバームガーデン」なのです。

そう言ええば、名古屋から岐阜に向かう「名岐バイパス」も「ヤンキー系ばかオブジェ街道」ですよね。最近フィールドワークをしている知人に聞いたところ、愛知県は歴史的に「細工人形」の伝統があって、有名なところでは「菊人形」ですが、そういう不思議な細工人形の伝統が暴走して「タイガーバームガーデン」をあちこちに出現させている、という話もあるらしいです。「タイガーバームガーデン」系は私にはまだ

>「うわっ、カッコ悪う...でもいい、うん。(声:ともさか)」(古井さん)

と微笑むことが出来ますが、「機械の体をタダでくれる寒い未来」には

>「何をするか! 馬鹿者!」(古井さん)

 と感じます。そして、中部圏には後者も多い。私達の住環境に未来はあるのか、とちょっと考えてしまうのです。「こんな未来でよかったら」と「博覧会パビリオン型」を差し出されても、私はNoと言いたいです。そんなもん、いらんわい!

「ヤンキー化する公共の建造物」「公共建築のディズニーランド化」というのは妙を得ていますね。
昔、ヤンキーといえば、「ダボン(だぶだぶのズボン)にリーゼント、蛍光紫や蛍光ピンクなど原色のスウェット、男でもピンヒール」が必須アイテムで、見るからに東京流星会か相模悪龍会みたいなワルが基本だったのですが、現代のヤンキーは「不良」や「ツッパリ」といった素行ではなく、「身内のノリ」にあると感じます。

たとえば、東京流星会にしても、相模悪龍会にしても、会員だけに通じる謎ルールや上下関係、隠語が存在し、非会員には何のことかさっぱり分かりませんが、東京流星会の会長が「アレ」といえば、下っ端の会員には「ああ、あれ」とすぐに分かる。阿吽の呼吸とでもいうのですか。ほとんど肉体化したような結びつきがあります。

それは愛と信頼によって結ばれる心の絆というより、個々の所属の欲求に基づくものであり、親分は下っ端に居場所を与える代わりに、下っ端は親分に忠誠を尽くす。ヤンキーというのは、一見、独立心旺盛に見えて、実は誰よりも所属を欲しているような気もするのですよ。だから、一度、居場所を与えられたら、与えてくれた人を父か兄貴のように慕うし、自分の居場所を守る為なら何でもする。たとえそれが非合法な行いであっても、再び居場所を無くし、自己の属性を見失うことは、依存心の強い人にとって、非常な恐怖だからです(多分)。

それが友情の延長なら微笑ましいけれど、そこにお金や権利が絡むと、身内にだけ通じる暗黙のルールや絆は時に脅威です。

ヤンキーのヤンキーたる所以は、身内には徹底して優しいけれど、身内以外の者には非情な鎌を振るう、利己主義と排他性にあるのではないでしょうか。

そして、その「身内のノリ」は、建築業界も同じ。

親分が「これでエエ」と言えば、子分は従う他ない。

親分が満足するなら、たとえ机の脚が逆向きに付いても構わない。

大なり小なり、理不尽なルールがまかり通っているから、無茶苦茶なことでも実現してしまうし、やったもん勝ちで、しらを切ることもできるのではないかと。

だって、ヤンキーの集団に属している限り、先行きはどこまでも安泰だからです。

しかし、ヤンキーは、どこまで行ってもヤンキー。

自分の為ではなく、利害の為に仕事しますから、そこに反省も公共性もありません。

「大衆がわーっと騒ぐような、オモロイもん、作ってや」と言われたら、そうしちゃう。

仲間内で満足する限り、仕事には事欠きませんもの。

しかし、そのあおりを食うのは住民であり、美とか、静謐を求めても、ヤンキーがコミュニティに幅を利かせている限り、要望は通りません。

ヤンキーなるものは、無条件に目立つこと、儲かることが大好きだからです。だって、強いところを見せて、仲間を養わないと、そっぽ向かれるからネ。

かくして、町中にヤンキーな公共建築が溢れ、町から芸術性や歴史的価値が失われても、誰も責任など取りません。

今だけ、金だけ、身内だけ。

欲望が通り過ぎた後には、ペンペン草も生えないんですよね(・_・、)

※ ここで取り上げている「ヤンキー」と昭和時代のヤンキーと現代のマイルドヤンキーはそれぞれに異なります。

名古屋を含む中部圏の秘密 #0103

e-book & note magazine
海洋小説 《曙光》 MORGENROOD 試し読み
なぜあなたの恋は上手くいかないのか

Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function WP_Optimize() in /home/marier/novella.works/public_html/wp-content/plugins/wp-optimize/cache/file-based-page-cache-functions.php:149 Stack trace: #0 [internal function]: wpo_cache('\r\n<!DOCTYPE htm...', 9) #1 /home/marier/novella.works/public_html/wp-includes/functions.php(4552): ob_end_flush() #2 /home/marier/novella.works/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php(288): wp_ob_end_flush_all('') #3 /home/marier/novella.works/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php(312): WP_Hook->apply_filters('', Array) #4 /home/marier/novella.works/public_html/wp-includes/plugin.php(478): WP_Hook->do_action(Array) #5 /home/marier/novella.works/public_html/wp-includes/load.php(947): do_action('shutdown') #6 [internal function]: shutdown_action_hook() #7 {main} thrown in /home/marier/novella.works/public_html/wp-content/plugins/wp-optimize/cache/file-based-page-cache-functions.php on line 149