金シャチ #0107

「金鯱」 ~都市的スケールでの「赤ずきんちゃん」現象 #0107

金シャチ #0107

 ○○です。
 #0100さん、#0103さん両氏のご意見を読みました。
 やっぱりきたか。そうです、金鯱です。

 以前から僕は名古屋の街に氾濫する金の鯱は「ばか質」が高いと思っていました。あれは課長どころか市役所全体が暴走しまくっています。タウン誌は「若鯱」、水道局の広報誌は「鯱水」、国体をやれば「わかしゃち国体」、サッカーは「グランパス」、お話にもでた名古屋港遊覧船「金鯱号」(ここまでくるとかわいくなってくる)、いったん街にでればマンホール、電柱、案内板に跳ね上がる鯱、しゃち、シャチ。外人が見たら、名古屋という場所はたくさんのシャチが生息する自然豊かなネイチャリング都市だと思ってしまいそうです。名古屋港に潜ったら交信できそう。

 僕もただ漠然と「無個性」と言う言葉を使いましたが、この「金鯱」現象も、岡崎の「葵の御紋」も、やはり、「無個性」な都市の現れではないかと思うのです。都市全体に、「ガンダム」を作るような創造力(と言っておきます)が無いために、ただのお城の上にのっかっているお守りや、たかがお城の持ち主のマークに都市全体をすり替えて、代表させてしまう。都市的スケールで、「赤ずきんちゃん」現象が起こっている、と思っているわけです。

 これは、なにも名古屋だけではなくて、地方都市全部でいえることだと思います。いくらを屋根の上にのっけた資料館や、蝶の形をした昆虫館、鹿児島に行けば桜島と西郷さんのオンパレード。どこでも、「ばかエキス」が充満しています。

 これ自体、「パワー」のない都市にとっては仕方がないことなのかもしれませんが、これが地方のばか建築やばか・オブジェの温床となっているのも事実でしょう。

 と、思いました。今度、ちゃんと「偽装するニッポン 公共建築のディズニーランダゼイション」を読んでみようと思います。では。

私は名古屋に行ったことがないので、それほどまでに町中にシャチが踊りまくっているのか、想像がつかないのですが、「一つ当たれば、右に倣え」「あれが儲かるなら、うちも」というのはどこの観光地も同じだと感じます。ウィーンの町中を歩けば、どこもかしこもモーツァルトやシシィ(エリザベート皇妃)やクリムトでいっぱい、という風に。
ただ、名古屋と異なるのは、モーツァルトやシシィやクリムトは世界に名の知れた芸術家もしくは歴史的人物であり、見映えも美しく、その取り扱いには一定のルールがあること――キティちゃんみたいに、鍋になったり、饅頭になったり、仕事を選ばない、ということはない――対象には敬意を払い、皇妃エリザベートの品位や、クリムトの世界観を貶めない、という点でしょう。

名古屋に限って言えば、鯱に敬意を払う人はまぁ無いし、重厚な歴史を感じることもない。もしかしたら、そういう人もいらっしゃるかもしれませんが、どちらかといえばギャグ、吉本風のノリでぺたぺた町中にスタンプしている節があると思うのですよ。京都に行けば、至る所にお坊さんのモチーフが溢れかえっているのと同じです。それはお坊さんや仏さまに対する敬意というよりは、「対象に対する心的ハードルを下げ」「子供もカワイイと感じるような親しみをもってもらう」というのが主目的。名古屋の鯱や京都のお坊さんのグッズを目にして、「よし、僕も偉大なお坊さんを目指すぞ!」という子供は皆無でしょう。狙いは、「きゃー、カワイイ~」、この一言に尽きると思います。

対して、ウィーンがモーツァルトやクリムトをプッシュする動機は、「芸術や歴史に対する理解を深める」「知性や見識の向上」にあります。知的・心的ハードルは下げつつも、品位は守り通すのは、対象とする客層の違いにあるでしょう。ウィーンの真の狙いは、金も知性もあるハイソな客を呼び込み、オペラ鑑賞だの、舞踏会だの、一席何万もするような芸術的イベントに惜しみなくお金を使わせ、上質なパトロンを得ることであり、それに釣られて、ますます教養ある富裕層がやって来る、お金と知性のインフレーションにあります。

「子供でもカワイイ」と感じるような娯楽を提供し、どんどん対象の裾野を広げて、ファミリーに小銭を使わせるのが目的の名古屋と京都とは決定的に異なる点です

もちろん、ウィーンにも子供向けのイベントはありますが、「さすが芸術の都ウィーン」と唸らせるような要素を絡めることが必須で、間違っても、キモかわいい「シシィ人形」は作りません。子供向けにアレンジされたモーツァルト音頭や集めるとちゃっちーバッジがもらえる「クリムト・スタンプラリー」なんてのもない。18世紀の宮廷コスチュームを身につけた、宝塚みたいなオーケストラ団員が「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」や「ユーモレスク」あたりのバイオリンの小曲を披露したり、女の子がうっとりするようなチュチュを着たバレエダンサーがオーロラ姫のバリエーションを披露したり、まあ、そんな感じ。ある種の子供にとっては退屈きわまりないですが、それでも上を見て、上を見て、やるわけですね。日頃TVのバラエティしか観ない団地住まいの親でも、ウィーンに来れば、「うちの子も芸術の風に当てなければ!」と鼻息が荒くなりますから。

思うに、日本人の創意工夫は、非常に言葉は悪いですけど、「バカにも分かりやすく」の一点にあり、間違っても高尚なものを持ちこんではいけません。
そんなことをすれば、「なに、気取ってんだよ」「ダルい」と文句を言われますから。

逆に、そういう事を言いそうな層にさえ、「芸術だよ、芸術!」と向上心を掻き立て、マナーを守らせようととするのが、ウィーンです。意地の悪い言い方をすれば、「オレたちがお前に上流の流儀を教えてやるぜ!」「理解できないなら、来なくてよろしい」という感じで、非常に上から目線なのですが、それでも富裕層の自尊心や庶民の見栄を満足するのに成功していることを考えると、ベクトルをどちらに向けるかは重要な要素であるように感じます。

私も日本の「キモカワイイ」や「ゆるキャラ」みたいなものは好きですが、あれに何十万、何百万とお金を注ぐかと言われたら、答えはNoです。一個300円のキーホルダーで十分です。

しかし、ウィーンの音楽イベントや、シシィの肖像画が描かれた陶器の小物などは、何十ユーロ、何百ユーロでも、お金を使いたくなります。私がお金持ちなら、何千ユーロもするクリムトの複製画のインテリアやアンティーク家具も欲しくなるでしょう。

頑張っても、頑張っても、観光客にお金を使ってもらえない問題は、案外、ベクトルの違いにあるような気がします。

金シャチ #0107

e-book & note magazine
海洋小説 《曙光》 MORGENROOD 試し読み
なぜあなたの恋は上手くいかないのか

Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function WP_Optimize() in /home/marier/novella.works/public_html/wp-content/plugins/wp-optimize/cache/file-based-page-cache-functions.php:149 Stack trace: #0 [internal function]: wpo_cache('\r\n<!DOCTYPE htm...', 9) #1 /home/marier/novella.works/public_html/wp-includes/functions.php(4552): ob_end_flush() #2 /home/marier/novella.works/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php(288): wp_ob_end_flush_all('') #3 /home/marier/novella.works/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php(312): WP_Hook->apply_filters('', Array) #4 /home/marier/novella.works/public_html/wp-includes/plugin.php(478): WP_Hook->do_action(Array) #5 /home/marier/novella.works/public_html/wp-includes/load.php(947): do_action('shutdown') #6 [internal function]: shutdown_action_hook() #7 {main} thrown in /home/marier/novella.works/public_html/wp-content/plugins/wp-optimize/cache/file-based-page-cache-functions.php on line 149