名古屋にばかけんちくはあるか? #0108

名古屋にばかけんちくはあるか? ~建築と民度 #0108

名古屋にばかけんちくはあるか? #0108

名古屋の話題ですね。
#0098さんの

>みんながバカだ、バカじゃないと論じあっているのを見ていてうらやましいです。
>名古屋には、皆さんがバカだと笑い飛ばせるような建築やアートがない。

 というご意見、よくぞ言ってくれたと思います。でも私の「うらやましい」は、○○さんとちょっとニュアンスが違うかな。地方居住者の私としては、「東京トイレマップ」もそうですけど、「東京」を舞台にすれば話が通じるうらやましさってのをそこはかとなく感じていました。ホームページに紹介があったからといって、週末に、あるいは通勤通学途中にでも、現物を見て納得する、「くくく」と笑う、という楽しみ方が私にはできませんからねー。

 ○○さんが問題にしている「名古屋には個性的なばかけんちくがない」ということ、これはよく考えないと何とも言えない気がします。名古屋人の特性として「パクリ」に生きるということはあるかも知れません。関西だと東京に対抗意識を燃やすかもしれないけど、名古屋は東京も関西もパクる。しかし名古屋に都市のパワーがないということは、言えないと思いますよ。パワーが向かう方向が他の町とは違うのかもしれないし(これって個性的?)、見落としているだけかもしれない。

#0103さんの

>タイガーバームガーデンをあちこちに出現させている

という見方で見れば個性的なばかはけっこう発見できるのかな。
ところでタイガーバームガーデンって何ですか?

 私が思い当たる名古屋のばかけんちくは、(身の毛がよだつほど嫌いなのは)某大建築家によるポストモダンな名古屋市美術館です。これはアトリエ系ですね。

 なぜ嫌か。理由は簡単、1.空間が主張しすぎて展示された美術を邪魔するから、2.動線がめちゃくちゃなせいで不必要に混むし歩かされて疲れるから。
 美術館という機能を満たしていない単なる巨大な造形物は、流行を過ぎれば捨てられない租大ゴミです。しょせん建築家のエゴでしかない造形で、アートの仲間入りをしたつもりかとおかしい。展覧会を見に行っているのに空間を見せつけられると「でしゃばるな!」と

>「何をするか! 馬鹿者!」(声:かくさんすけさん)

下がりおろう、みたいなかんじに思ってしまう。あれはばかランク-9.85ぐらいです(10点満点)

 ちなみに○○さんのおっしゃる名古屋駅前のぐるぐるじょうごは、見慣れるうちに好きになりました。しかし駅前広場がないのは事実ですね。駅前で待ち合わせするときは、みなさんどこで会うのでしょうか?
 
 名古屋という町は、しかしデ博(デザイン博をこう言う)をきっかけに景観行政が進められ、あちこちの町角がかなりきれいになっていると思います。「きれい」という言葉は問題あるかもしれませんが、町並み破壊系のばかけんちくが目立ってないおかげでほんのりほのぼのとした町並がつくられているのではないでしょうか? デ博でばらまかれたパブリックアートは、当初は「なんだこんなもの、竹の子みたいに突然生えてきやがって」と思われたかもしれません。これらが次第に住民に親しまれるようになっているかどうかが成功不成功の一つの指標になりえるように思います。

 名古屋の町並みでむしろ問題なのは、ばかけんちくよりも、大きい枝までがんがん払う「名古屋刈り」のせいで貧相な街路樹や、裏通りでも道幅が広くて碁盤目状でおもしろみにかけることなどだと思っています。

次第に住民に親しまれるようになっているかどうかが成功不成功の一つの指標になりえるような気がします。

突き詰めれば、「素晴らしい建築」とそうでないものの違いは、どれほど専門家が噛み砕いて説明しようと、権威が墨を付けようと、「住民が気に入ったか、否か」の一点に尽きると思います。たとえ一流の建築誌で絶賛されても、住民は「なんじゃこれ」と思うものは「なんじゃこれ」でしかないですから。

しかし、住民というのは悲しいもので、多くの場合、何でも受け入れ、馴染んでしまいます。
さすがに「ピンクマンション」レベルの色公害を発すれば、「壁の色を塗り替えろ」という抗議活動に発展しますが、浅草のうんこ、とか、遠目に見る分には害がない、むしろキモカワイイ、というレベルであれば、いつしかそれが日常になり、町のシンボルとなります。

が、それこそ建築家の思うつぼ。

一言で言うなら、五角形のビルでも、ウンコールワットな市庁舎でも、作ったもの勝ちなんですね。工事に何千万、何億とかけた建築物を「外観が気に入らない」というだけで取り壊すわけにはいきませんから。

完成した後で、何千人の住民が吠えようが、泣き叫ぼうが、どうでもいい。

酷評されても、作ってしまえば、こっちのもの。

そうした確信犯的な要素によって、市場も支えられているのかもしれません。

それに、企画設計の段階で、図面を見て、「これはやばいぞ、ばかけんちくだぞ」と見抜くことができる住民がどれほど存在するでしょう。

パンフレットに綴られた、なにやら有り難そうな建築文体を流し読みしながら、(一例;「スリランカの住宅」で試みたのは、リニアなヴォリュームが、内外に空間を持ちながら、ジグザグに蛇行していく構成――いわばZ型の幾何学である(*1)」)、分かったような、分からないような気持ちで、「へー、駅前に新しい市民ホールが出来るんだ」と頷くのが関の山でしょう。

建設前に抗議活動が起きたとしても、せいぜい「日照や騒音に関して近隣住民への考慮がない」「公金の無駄遣い」「○○議員の口利き」みたいな、週刊ポスト的な話題がメインで、「このファサードは○○式の流れを汲むものであり、明治時代から続く駅前の景観に、どうのこうの」「建物側面に設けられたスリット型の採光窓は革新的であるが、全体のバランスを考えた時、開口部の面積がどうたらこうたら」みたいに、純粋にデザインの本質を論じるものは皆無だと思うのです。だって、多くの一般人には完成した後の「すごい」「きれい」しか分からないから。

そして、違和感を覚えても、「○○賞を受賞した大先生」が絶賛すれば、その高評を有り難がって拝聴する。

『裸の王様』と同様、「学のない愚か者に、このお召し物は見えないのでございます」と言われたら、もやもやしても右に倣えで「素晴らしい」と同調せざるを得ません。

この裸の王様論法によって、いくらでも疑問や違和感を押し込めることができるので、言った者勝ち、作ったもの勝ちの傾向は改善されることはありません。

住民が建築の知識をもち、活発に討議するような世の中は、偉い先生方には迷惑でしかないんですね。馬の尻尾が描いた絵でも、「○○賞」のお墨付きがあれば、1000万円でも有り難がって買うような、本物のばかがおりませんと。

そう考えると、ばかけんちくを生み出す土壌は、建築の質うんぬんよりも、住民の民度にあるような気がします。

この民に、この建築あり――で、誰にも止めることはできません。

しかし、その為に、ばかけんちくに何億、何十億という公金が湯水のように使われるとしたら、結局、泣くのは住民です。

ばかけんちく談話室のように、専門家や素人の垣根なく、感じたままを感じたままに意見交換できる場こそアカデミックの源泉かもしれません。

(*1) 引用:「らしい」建築批判 飯島洋一

名古屋にばかけんちくはあるか? #0108

e-book & note magazine
海洋小説 《曙光》 MORGENROOD 試し読み
なぜあなたの恋は上手くいかないのか

Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function WP_Optimize() in /home/marier/novella.works/public_html/wp-content/plugins/wp-optimize/cache/file-based-page-cache-functions.php:149 Stack trace: #0 [internal function]: wpo_cache('\r\n<!DOCTYPE htm...', 9) #1 /home/marier/novella.works/public_html/wp-includes/functions.php(4552): ob_end_flush() #2 /home/marier/novella.works/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php(288): wp_ob_end_flush_all('') #3 /home/marier/novella.works/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php(312): WP_Hook->apply_filters('', Array) #4 /home/marier/novella.works/public_html/wp-includes/plugin.php(478): WP_Hook->do_action(Array) #5 /home/marier/novella.works/public_html/wp-includes/load.php(947): do_action('shutdown') #6 [internal function]: shutdown_action_hook() #7 {main} thrown in /home/marier/novella.works/public_html/wp-content/plugins/wp-optimize/cache/file-based-page-cache-functions.php on line 149