ばかもリアルに #0109

ばかもリアルに ~生活する人が建築に好き勝手な意味をつけてゆく #0109

ばかもリアルに #0109

<前半、個人情報が入っている為、省略>

偽装するニッポン」を読みました。論理がぐいぐいと気持ちいい本です。

今みたく人の好みが千差万別でバラバラだと、みんながステキ!って思うモノはとても難しいです。(パルコの雑誌では、この状況をタコツボ化と呼んでいました)かえって「これは世界に通じる美だ」とか言われると、僕はすごく警戒します。ファシズムだ!!なんてね。(笑)

でも、生まれたときから身近にばかけんちくがあったら、それなりに慣れちゃうんじゃないかと思います。それは建築としてカッコイイかどうかじゃなくて、です。

例えば臨海副都心のばかけんちく群。あそこで生まれ、生活する子供にとっちゃ、ポストモダーン(笑)なビルも学校近くのビルだったり。大山くんちへの途中の目印だったり。
自転車で転んでスゲー痛かったことを思い出す場所だったり。リアルなものになるんでしょう。

ばかであろうとなかろうと、生活する人が建築に好き勝手な意味をつけゆくんだと思います。それはそれでオッケー!!。 浅草のうんこビルの前はアベックがいっぱいいます。イイコトあったアベックにとっちゃ、思い出のビルかもしれない。うんこ乗っけてても。

つくり手の思っている意味と、受け手が作る意味は全く関係ない。コミュニケーション論でそんな説がありました。ちょっとシニカルになっちゃうけど、まあ、つくった人と、そうじゃない人の意味のズレが楽しいと思います。そのズレを見ないフリしたり、啓蒙するのはヤボです。

だから、ちょっとぐらい「ばかけんちく」でもいいかな、と思うんです。むしろ作った人のスカしたテーマを、わや(大阪弁)にするような意味をつける方がパワフルだし。

原爆ドームだって原爆落ちる前は何だったんだろう。あれも、作った人の狙いとは無関係に「平和」という意味を持ってしまった。

#私の知人は首都高速で非常に(もうだめだ!!と思うぐらい)うんこがしたくなり、その
#状態で「シナネン」の看板の横を通り過ぎたそうです。いまでのその看板を見ると「もー、
#あんときのこと思い出して冷や汗もんだぜ」と言ってました。….これは建築の話という
#よりパブロフの犬だな。

ざっくばらんな話ですが。談話室だし。いいでしょ。

つくり手の思っている意味と、受け手が作る意味は全く関係ない。コミュニケーション論でそんな説がありました。ちょっとシニカルになっちゃうけど、まあ、つくった人と、そうじゃない人の意味のズレが楽しいと思います。そのズレを見ないフリしたり、啓蒙するのはヤボです。

ベルばらに「人の心に命令はできませんぞ……(ジェローデル)」という名台詞がありましたが、芸術作品もかくの如し。人がばかだの、迷惑だの、不快に感じる気持ちに歯止めをかけることはできません。歴史的名画「モナ・リザ」だって、興味のない人には、ただのおばさんの絵でしかありませんし、ミケランジェロのダヴィンチ像だって、ある種の人が見れば、「なにこれ、パンツはいてない! 卑猥!」と非難の対象になります。

何をどう取り繕うが、どれほど正義を叫ぼうが、浅草のあれはうんこにしか見えません。

逆立ちしても、眼鏡をかけても、そう見えてしまう人の心に命令はできないのです。

そして、それは、大先生の作品であっても同じこと。

作者が受け手の意見や感想までコントロールすることはできません。

もし誰かが批判すれば、裸の王様論法を持ち出して、「これが裸に見える、あなたの方がおかしい」などと言い出したら、世の中全部が狂ってしまいます。

だからといって、どのようにけなしても良い、というわけではない。

批判する側にも思いやりはユーモアは必要で、「私の目にはどうしても裸に見えるのですが、裸でないというなら、一体何なのでしょう」とか「そのお召し物にはパンツが付いてないような気がするのですが」とか、相手の立場に立てば、いくらでも言い方はあるはずです。(下手すれば、慇懃無礼になりますが)

そして、そのような高等技術は、子供の喧嘩のような論争からは決して生まれず、読む、書く、調べる、考察する、といった、長年の訓練が必要になります。

その訓練を『教育』というのですが、悲しいかな、そういう効率の悪いことは後回しにされ、1+1と聞けば2と答える、正確、かつ文句のつけようのない事ばかりが重要視されます。真の教育とは、「もしかしたら、1+1=2ではないかもしれない。その根拠は……」と論考する点にあるのですが。

浅草のナニが、火の玉であろうが、うんこに見えようが、そのこと自体に大きな意味はありません。

大事なのは、そのものに対する自身の関心や考察であり、いかに論述するかです。

その末に、市民に愛される建築物として定着するならば、それも大きな意義でしょう。

作品は、解き放った瞬間から、作り手の意図を離れて、どんどん一人歩きを始めるものです。

ある意味、作品から乳離れが必要なのは、作家自身かもしれません。

生活する人が建築に好き勝手な意味をつけてゆく

「作品性に優れた作品」というのは、作者の意図を離れて、様々に変化していくものかもしれません。

ある意味、「見る者の想像が入り込めない作品」――作品の持つイメージや作意があまりにも強すぎて、「いじれない作品」は、どれほど優れても、愛されることはないですもの。

いわば、優れた作品にはパロディがつきもの。(オマージュを含む)

マンガでも、小説でも、油絵でも、二次創作でいじられる作品は一流の証ですからね。

ばかもリアルに #0109

e-book & note magazine
海洋小説 《曙光》 MORGENROOD 試し読み
なぜあなたの恋は上手くいかないのか