バカ建築って? #0110

バカ建築って?  ~「つくり手の思っている意味」すらが不在なものを言う #0110

バカ建築って? #0110

ちょっとひとこと。
何をもって「バカ建築」とするのか、定義が難しいですよね。
でも、ある程度定義しておかないと、いろいろ無理がありそう。
私なりに少し整理させてください。

○○さんいわく、

>つくり手の思っている意味と、受け手が作る意味は全く関係ない。コミュニケーショ
>ン論でそんな説がありました。ちょっとシニカルになっちゃうけど、まあ、つくった
>人と、そうじゃない人の意味のズレが楽しいと思います。

 そのとおりだと思います。でも私が考えるに、「バカ建築」とはその「つくり手の思っている意味」すらが不在なものを言うのだと思うのです。
(ここに掲載されているアトリエ系の「バカ建築」は、だから、私には「バカ建築」とは感じられないものが多いです。)

 どのような意味や思想でもかまいません。表現として「デザイン」の過程を経て産み出された建築は、見るものに多様な解釈の可能性を与えるという意味でまだ救われます。問題なのは、「デザイン」の過程をすっとばしてしまった建築なのです。河童で有名な町だから河童のかっこうの交番を作る!。名古屋だから「金鯱」の形をそのまま使う。ここには、デザインするという過程が明らかに省かれています。そして、解釈のしかたを強要します。(河童の格好を見て河童以外のことを連想する人はいない)本では書かなかったけれど、これを私は「企画書文化」と名付けたいと思っています。つまり、企画書に書かれた「河童」の町づくりや「金鯱」をマスコットに!という文章がそのまま形になって建ちあがってしまっている。こうしたものこそが、私にとっての「バカ建築」なのです。

 もう一つ。こうしたつくり手の側からの問題とは別な次元で、「バカ建築」を「鑑賞」する見方もありえると思います。これは以前に、私の本を読んだ文化人類学の先生からE-mailをもらって、なるほどなと考えた事なのですが。要するに、「バカ建築」とは見ないで、「フリーク建築」と見るという立場です。それが出てきた事情はとりあえず置いといて、出てきた形態の不思議さを「鑑賞」する、あるいは文化的特質として分析しようというわけです。

実際、「タイガーバームガーデン」に代表されるように、アジアには、西洋文明から見た場合に「キッチュ」としか言いようのない奇妙なデザイン文化があります。おそらく、名古屋の「金鯱」などはその流れをくんだ部分が大きいのかなとも思えます。○○さんが指摘するように、「秘宝館系」、探偵!ナイトスクープの「パラダイス系」(ちなみに私は「探偵!ナイトスクープ」に出演した。ちょっとだけ。)「タワー系」(京都タワーもすごいけど、東京タワーだって負けてない)などもこの系列として了解可能です。

であるならば、もっとすごい「フリーク」を見てみたい!と、路上観察のように収集して歩くという趣味もあるえるのだな、と思うのです。正直に言うと、私の本の収集も、そうした趣味が多少まざった上でのことだったようにも思えます。

 ところで、○○さん!。
 「いくらを屋根の上にのっけた資料館」と「蝶の形をした昆虫館」って、どこにあるのですか。ぜひ場所を教えてください。(う~ん。やっぱりこれって「フリーク・マニア」なのかな。)

「バカ建築」とはその「つくり手の思っている意味」すらが不在なものを言うのだと思うのです。

「金鯱」 ~都市的スケールでの「赤ずきんちゃん」現象 #0107でも書いていますが、無条件に「右に倣え」の感覚ですよね。江戸といえば、徳川。伊賀といえば、忍者。それはそれで間違いないのですが、では、そのモチーフを通じて、観光客や住民に何を伝えたいのか? いにしえの日本文化か。それとも忍びの哲学か。それがまったく見えなくて、「伊賀だから忍者でいいじゃん」みたいな、無思想、無美意識なモチーフ使いに、「ばかっぽさ」を感じるのです。

問題なのは、「デザイン」の過程をすっとばしてしまった建築なのです。河童で有名な町だから河童のかっこうの交番を作る!。名古屋だから「金鯱」の形をそのまま使う。ここには、デザインするという過程が明らかに省かれています。そして、解釈のしかたを強要します。

「デザイン」の過程とは、線を重ねる作業を指すのではありません。
作り手は、誰に、何を伝えたいのか。それがその場所に必要な理由は何か。なぜ屋根を丸くするのか。なぜここに飾り窓を取り付けるのか。
様々な角度から考察し、繰り返し検証した結果として、そのような色や形が現れることです。
そして、見る側にも、作り手の思考のプロセスが強く感じられることです。
その末に、思考が先鋭化して、とんでもない五重塔みたいなホテルに仕上がっても、それはそれで作り手の哲学を感じる、、というのが、トピ主さんのスタンスです。(多分)

「企画書文化」というのも妙を得ていますね。

上から「こんなものを作れ」という指示が回ってきたら、「は?」と思いながらも、それに従っちゃう。

現代においては「忖度文化」といった方が分かりやすいかもしれません。

そのなれの果てが、ドラッグストアのポップ広告で埋め尽くされた新京極という気がします。(扇子、漢方薬、和装、緑茶、和菓子などの看板が大半消えた)

『京都工芸繊維大学』の名称はそのまま表示させて頂いています。
ばかけんちく談話室の質を高めてくださった、心優しい先生方のレスに感動しましたので。
他にもあります。

バカ建築って? #0110

e-book & note magazine
海洋小説 《曙光》 MORGENROOD 試し読み
なぜあなたの恋は上手くいかないのか

Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function WP_Optimize() in /home/marier/novella.works/public_html/wp-content/plugins/wp-optimize/cache/file-based-page-cache-functions.php:149 Stack trace: #0 [internal function]: wpo_cache('\r\n<!DOCTYPE htm...', 9) #1 /home/marier/novella.works/public_html/wp-includes/functions.php(4552): ob_end_flush() #2 /home/marier/novella.works/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php(288): wp_ob_end_flush_all('') #3 /home/marier/novella.works/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php(312): WP_Hook->apply_filters('', Array) #4 /home/marier/novella.works/public_html/wp-includes/plugin.php(478): WP_Hook->do_action(Array) #5 /home/marier/novella.works/public_html/wp-includes/load.php(947): do_action('shutdown') #6 [internal function]: shutdown_action_hook() #7 {main} thrown in /home/marier/novella.works/public_html/wp-content/plugins/wp-optimize/cache/file-based-page-cache-functions.php on line 149