15時17分、パリ行き

主よ 私を平和の道具にして下さい 映画『15時17分、パリ行き』 

15時17分、パリ行き

映画『15時17分、パリ行き』は、「タリス銃乱射事件(2015年)」を映画化したクリント・イーストウッド監督の習作だ。

2015年8月21日、554人の客が乗るアムステルダム発パリ行きの高速鉄道タリスに、武装したイスラム過激派の男が乗り込み無差別テロを企てる。乗客たちが恐怖に凍り付く中、旅行中で偶然乗り合わせていたアメリカ空軍兵スペンサー・ストーンとオレゴン州兵アレク・スカラトス、二人の友人の大学生アンソニー・サドラーが犯人に立ち向かう。

シネマトゥデイ

しかしながら、対テロの壮絶な格闘シーンを期待して観ると、必ず肩透かしにあう。本作のクライマックスともいうべきテロ制圧の場面は、映画の最後の最後に、チョロっと出てくるだけだからだ。(チョロっという程でもないが、あまたのテロ映画に比べれば、チョロ級)

役者に「本人」を起用しているだけあって、迫力は本物。カメラワークもイーストウッドの本領発揮という感じで、あっという間に、テロリストを取り押さえてしまうのが勿体ないほどだ(実際、本人や乗客にしてみたら、五分が、一時間にも、二時間にも感じられたと思うが)

では、この映画はどこに見どころがあるのかといえば、シングルマザーに育てられ、学校では問題児だった三人――とりわけ、軍人となったスペンサーが、生きる目的を見出し、自らを厳しく鍛えた先にこの事件が起きた……というドラマさながらの流れである。

厳しい軍事訓練の中で、教官が言い聞かせる言葉がいい。

本当の自分を見つけたら

自分の人生にどれほどの権限を与えられているかに気付くだろう

だが、それは、どうどうに背伸びできることだ

多くの人間は苦闘を避ける

苦痛を避けて一生を過ごす

夢を叶えようと努力している時には

どこかの時点で変化が起きるはずだ

君の中で一度も目覚めたことのない何かが目を醒ますだろう

そして、より高く飛ぶ術を学び

より深く極める術を学ぶ

誰かに夢を認めてもらう必要などない

正しいと思うことをしろ

近道しようとしてはならない

すべきことをしろ

我々はこの仕事の為に選ばれたのだ

訓練に打ち込むスペンサー

そして、以下は、スペンサーが自分に言い聞かせる台詞。

主よ 私を平和の道具にして下さい

憎しみのあるところに 愛をもたらし
諍いのあるところに 赦しを
疑いのあるところに 真実を
絶望のあるところに 希望を
暗闇のあるところに 光を

悲しみには喜びをもたらす為に

わたしたちに与えることで与えられ
許すことによって許され
死ぬことによって永遠の命を得るのですから

アーメン

キリスト教に馴染みのない人には、「許すことによって許され? 死ぬことによって永遠の命を得る?」 

何のことか意味が分からないだろうと思います。

しかし、これは自我を捨てて、何でも許せ、という意味ではなく、欲や見栄、怒りや憎しみを超克し、もう一段、高みに上れば、より多くの事が成し遂げられるということです。欲や怒りにとらわれていては、自分で自分の首を絞めるようなもの――とういのは本当ですから。

まあ、人生なんてものは、どのように生きようが本人の自由。

高い目標に向かって生きるもよし。気楽に生きるもよし。

「他人に迷惑をかけるのでなければ、何をしてもいい」というのは、まったくその通りです。

一方で、人にはいろいろな機会が与えられています。

与えること。作ること。許すこと。戦うこと。

生きるも、死ぬも、ただ一度と思えば、安穏ともしておれません。

何故なら、人は、心の底から望めば、もう少しだけいい人生を生きる可能性が残されているからです。

もし、スペンサーが、「自分だけ損するのはイヤだ。見て見ぬ振りで済まそう」と目を伏せたなら、どんな大惨事になったか分かりません。

厳しい鍛錬を通して、自らを平和の道具として役立てる用意があったから、さながら母親が無意識に我が子を庇うように、スペンサーもテロリストに飛びかかったのだと思います。

全編を通じて分かるように、スペンサーは、凄腕のスパイでもなければ、一流のスナイパーでもない、一般人にプラスアルファした、ごくごく普通の青年です。

その彼が、15時17分、パリ行きの列車の中で万民の救い主と成り得たのは、無我の境地に他ならず、そうした者にこそ神は味方する――といったところでしょうか。

老境すらも超克したようなクリ爺が、教科書通りのエピソードをあえて映画の主題に選んだのは、平和にしろ、奇跡にしろ、突き詰めれば、『個』によってもたらされることを描きたかったのかもしれません。どれほど軍備を拡張しても、取り締まりを厳しくしても、憎悪はどこからでも入り込み、破壊をもたらすからです。

いかなる企みが滅亡を望もうと、最強の武器となるのは、人間の良心かもしれません。

いいところでカットされているMovie Clip。

テロリストとの対決は、案外、あっさり終わってしまいますが(観客にとっては)、アクション、カメラワーク共に秀逸で、一見の価値ありです。

ぶーたら文句を垂れている人も多いですが(気持ちは分かる)、一度、観ておいて損はありません。

本作は、若者たちの成長物語であり、家族愛と友情のロードムービーです。

対テロリスト戦を期待して観てはいけません (^-^)

15時17分、パリ行き [Blu-ray]
出演者  
監督  
定価  ¥900
中古 25点 & 新品  ¥900 から
(0 件のカスタマーレビュー)

15時17分、パリ行き
更新情報や引用など
>海洋小説『曙光』MORGENROOD

海洋小説『曙光』MORGENROOD

宇宙文明の根幹を支える稀少金属ニムロディウムをめぐる企業と海洋社会の攻防を舞台に描く人間ドラマ。生きる道を見失った潜水艇パイロットと愛を求めるフォルトゥナの娘の恋を通して仕事・人生・社会について問いかける異色の海洋小説です。
Kindle Unlimitedなら読み放題。
Amazonの海洋学ランキングで一位を記録。

CTR IMG

Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function WP_Optimize() in /home/marier/novella.works/public_html/wp-content/plugins/wp-optimize/cache/file-based-page-cache-functions.php:145 Stack trace: #0 [internal function]: wpo_cache('\r\n<!DOCTYPE htm...', 9) #1 /home/marier/novella.works/public_html/wp-includes/functions.php(4469): ob_end_flush() #2 /home/marier/novella.works/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php(288): wp_ob_end_flush_all('') #3 /home/marier/novella.works/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php(312): WP_Hook->apply_filters('', Array) #4 /home/marier/novella.works/public_html/wp-includes/plugin.php(478): WP_Hook->do_action(Array) #5 /home/marier/novella.works/public_html/wp-includes/load.php(947): do_action('shutdown') #6 [internal function]: shutdown_action_hook() #7 {main} thrown in /home/marier/novella.works/public_html/wp-content/plugins/wp-optimize/cache/file-based-page-cache-functions.php on line 145