恋愛コラム『なぜあなたの恋は上手くいかないのか』 Kinle Unlimitedで公開中

子育てを通して、親も『二度目の子供時代』を生き直す ~親子のロールプレイが心を癒やす時

子育てを通して、親も『二度目の子供時代』を生き直す ~親子のロールプレイが心を癒やす時
あなたに知って欲しいこと

子育ては親にとって『第二の子供時代』を生き直すことです。自分が経験した親子関係を、今度は我が子との間に再現することによって、改めて自身の親子関係を振り返り、前に積み残した心の問題を、我が子との関係を通して、解決することができるのです。立場を入れ替わったロールプレイングこそが、あなたを真の意味で大人にし、いっそう心を高めてくれるのです。

sanmarie*com 恋と生き方のエッセー

育児に関する言葉で、私の好きなものは二つあります。

一つは、漫画家の田島みるくさんの「子供は誰に説明されなくても、自分を産んだのが母親だと知っている。『わたし、お父さんから産まれてきたの』という子は無い」。(爆笑マンガ&エッセイ 「出産」ってやつは―あたしたちは聖母だ! (PHP文庫))

もう一つは、ピクサー映画『ファインディング・ニモ』のメイキングで、ジョン・ラセターだったか、アンドリュー・スタントンだったか、どちらの言葉か忘れましたが、「親になるということは、親の気持ちと、子供の気持ちと、両方分かること。子育ては、子供時代をもう一度、生き直すこと」。

育児の場面で、より強く問われるのは後者の方ですね。

私も何度も経験がありまけど、子供、とりわけ幼子と接していると、必ずといっていいほど、自分の子供時代が『フラッシュバック』します。

自分が子供時代に体験した、あの場面、あの感情、あたかも自分の親が自分の中に乗り移ったような、異常な心理状態を体験するのです。

どんな親も、子供のやること、なすことに、始終イライラしているわけではないと思います。子供をガミガミ叱りつけている自分自身に嫌気が差しているのではないでしょうか。

朝から晩まで、子供のやることに目を光らせ(安全の観点から)、横断歩道の手前で掴まえ、テーブルから引き摺り下ろし、コンロの前で何度も何度も言い聞かせ、菓子屋の前で泣く子を抱きかかえて退散――みたいなことを日常的にやっていれば、「そんな自分が好き」とは到底思えないでしょう。

無料公開はここまで

ここから有料です

この投稿は電子書籍を購入された方向けのコンテンツです。全文を読むにはパスワードを入力して下さい。
詳しくは、『なぜあなたの恋は上手く行かないのか』の案内ページをご参照下さい。

目次
閉じる