マリー・アントワネット

38歳 マリー・アントワネットと同じ年齢になる(ベルサイユのばらに寄せて)

マリー・アントワネット

 この世には、その身にならないと分からないことがたくさんある。
 私も、10代の頃は、「マリー・アントワネットという女性は、なんと愚かで、浅はかなのかしら」と思っていたが、自分も結婚し、子供を生み、マリーと同じ年齢だけ生きたら、彼女がそうならざるをえなかった理由も分かるような気がした。
 ルイ16世が言っている。
「安全な場所から人を非難するのはたやすいことだ。誰も私と同じ立場に立たされた者はなかった」
 マリーのことも、後からとやかく非難するのは簡単だ。誰も彼女と同じ立場に立って、同じ辛酸を舐めた者はいない。彼女を非難する者が、同じ責務を負ったとして、果たして、正しく、立派な行いが出来るかといえば、それは分からない。その身になって、はじめて、「ああ、こんなにも苦しく、切ないものだったのか」と、その重さを知るのではないだろうか。
 女性にとって、年を取るということは、決して楽しいことではない。腰回りはどんどんたるんで、肉ダルマのようになってくるし、顔にもシミやらシワやら増えて、ちょっとファンデーションを塗ったぐらいでは誤魔化せなくなってくる。誰もが避けられない運命だと分かっていても、その変わり行く様を一つ一つ思い知らされるのは、やはり淋しく、酷である。
 だが一方で、年齢は、知恵や優しさという素敵なプレゼントをくれる。幾多の経験を生かしさえすれば、それはシワにはならず、圧倒的な心の強さになる。
 若い時は、「四十、五十になったら、誰が何と言おうと、もうお終いよぉ」と思っていたが、「いい年の取り方」というのは確かにあるもだ――と思うようになった。
 私は、年を取って、良かったと思う。
 ベルばらで唯一苦手だったマリーのことが、大好きになれたからだ。
 今は漠然とマリー・アントワネットに親しんでいる10代の若い読者さんも、38歳になったら、マリーの生涯の短さと、運命の起伏の激しさが、身をもって分かるようになるだろう。
 結婚すれば、夫に7年も放ったらかしにされるのが、妻としてどんなに酷い仕打ちか、実感として理解できるようになるだろうし、子供が生まれてから、すっかり落ち着いた心の変化にも、より深く共感できるようになると思う。
 人を裁くことは10歳の子供にも出来るが、物事を正しく理解するには何十年とかかる。
 そして、人が一生かかって身に付けなければならない能力とは、裁きを超えた愛なのである。

この投稿は2007年~2008年にかけて”優月まり”のペンネームで『ベルばらKidsぷらざ』に連載していた時の未提出の原稿です。
『ベルばらKidsぷらざ 東欧ベルばら漫談』の一覧はこちら

 

Tags: , , ,

アニメ・漫画の関連記事

田中角栄

夜の世界に詳しい私の友人がよく言っていた。 「男は、お金が手に入ると、今度は権力が欲しくなる」 「男の嫉妬は、女の嫉妬とは比べものにならないくらい深く、激しい」 残念ながら、その生々しい現場を見る機会はなかったけれど、「お金はどこまでいって […]

ベルサイユのばら マリー・アントワネット

「デッドマン・ウォーキング」とは、死刑囚が独房から処刑室に連行される際、看守が周囲に宣する言葉で、「死刑囚が行くぞ!」という意味。ハプスブルグ家の皇女に生まれ、栄耀栄華を極めたフランス王妃から一転、罪人として両手を縛められ、髪をばっさり切り落とされて、ボロボロの馬車で処刑広場に連れて行かれたマリーの心中はいかなるものだったろうか。

ウェディング ダンス

美しい妻マリー・アントワネットに恋心を抱きながらも、容姿コンプレックスから愛の言葉もかけられず、ダンスの申し込みもできなかったルイ16世。マリーも決して嫌いではなかったのだから、勇気をもってアプローチすれば、ダンスを踊ることもできただろうに、というコラム。