SEARCH

「小説」の検索結果203件

  • 2019年9月5日

ばかもリアルに ~生活する人が建築に好き勝手な意味をつけてゆく #0109

<前半、個人情報が入っている為、省略> 「偽装するニッポン」を読みました。論理がぐいぐいと気持ちいい本です。 今みたく人の好みが千差万別でバラバラだと、みんながステキ!って思うモノはとても難しいです。(パルコの雑誌では、この状況をタコツボ化 […]

  • 2019年9月1日

Cherish The Day / Sade シャーデー ~世界で一番好きなラブソング

『もしあなたが私のものなら 私のものだとしたら 天国に行けなくてもかまわない 毎日がいとおしいの』究極の愛の世界をアダルトに歌いあげるSADEの名曲の日本語訳とCDのライナーノートを紹介。観客の熱気が伝わってくるライブの動画や、ロングバージョンとオリジナルの違い、愛する能力に関するコラムを掲載。

  • 2019年8月27日

締め切り大堤防と土木技師の矜持 水害から干拓地を守る ~オランダの堤防探訪

土木技師の父親はオランダで堤防管理をしている。アフシュライトダイク(締め切り大堤防)に魅せられ、国土の礎を築く仕事に誇りを感じたからだ。その精神は息子に受け継がれ、次代の海洋都市『リング』結晶する。鋼製ケーソンの二重ダムで海水を仕切り、内部の水を排水して海底面に大地を現す構想だ。2018年に撮影した写真やアフシュライトダイクのCM動画もまじえて、締め切り大堤防の魅力やコルネリス・レリーの偉業を紹介しています。

  • 2019年8月27日

建築の理想と現実――あるいは自分との闘い 安藤忠雄『連戦連敗』より

理想主義とはかけ離れた、非常にドロドロとした現実的な闘いですが、建築とは本来、社会を相手にしなければならない、きわめて泥臭い部分を内包する仕事です。画家や彫刻家といった芸術家と違い、一人で仕事を完遂し得ないのです。そして、常に、クライアントと施工者という他者を介してしか実現し得ない仕事でもある。さまざまなしがらみの中での闘いなのです。

>海洋小説『曙光』MORGENROOD

海洋小説『曙光』MORGENROOD

宇宙文明の根幹を支える稀少金属ニムロディウムをめぐる企業と海洋社会の攻防を舞台に描く人間ドラマ。生きる道を見失った潜水艇パイロットと愛を求めるフォルトゥナの娘の恋を通して仕事・人生・社会について問いかける異色の海洋小説です。
Kindle Unlimitedなら読み放題。
Amazonの海洋学ランキングで一位を記録。

CTR IMG