SEARCH

「建築」の検索結果43件

  • 2019年8月2日

体得された自由の印は何か? ――もはや自分自身に恥じないこと。

「創造的に生きる」とは、絵を描いたり、詩を書いたりすることではありません。 無の平原から、意味のある何かを立ち上げることです。 より良く生きる為に、日々、考えること、実行すること、その全てが『創造』です。 どんなに小さくても、昨日よりは今日 […]

  • 2019年8月18日

身をもって生き様を示す 親から子へ永遠の教え

どんな高邁な理想も、言葉だけでは人は動かせない。身をもって示して初めて、理想が理想としての意味をもつ。その後、彼は死ぬまで父を忘れず、その生き様を指針にするわけだが、愛とは何かと問われたら、慈しむだけが全てではない。身をもって生き様を示す勇気も至上のものだろう。

  • 2019年8月3日

海底鉱物資源を採掘せよ 世界を変える金属と深海潜水艇のパイロット

なぜ海底鉱物資源の採掘が必要なのか、技術的難易度から説明。文明を支える希少金属と鉱業の現状、世界を制する鉱山会社との攻防を描いています。採鉱プラットフォームを完成させ、有人潜水艇のパイロットを探し求める過程で、『リング』と呼ばれるユニークな海洋都市の構想を知りますが、海洋開発をめぐって意見が対立。それでも採用に漕ぎ着けるまでのエピソードを収録。実際に開発が進む海底鉱物資源の採鉱システムのモデルや採掘に伴う環境破壊に関する情報も紹介しています。

  • 2019年8月3日

復興ボランティアと心の再建 ~今日の努力が常しえに故郷を支えるように

洪水で壊滅した故郷では復興ボランティアが全力で植樹や土壌改良を行い、町の再建に力を尽くしていた。一方、自治体は沿岸を埋め立て、商業施設を建設することを画策。元住民は反発するが、様々な思惑が交錯し、再建は一向に進まない。オランダの干拓地や海岸線の写真を掲載。水と共に生きてきた国の歴史が窺える。

  • 2019年8月20日

迷走する再建計画とアイデアコンペ 元住民の願いと自治体の思惑

大洪水で壊滅した故郷の干拓地について、再建の見通しが全く立たない中、臨海都市計画が持ち上がる。緑の干拓地が戻ることを切望する元住民と、経済復興を優先する自治体や財界の間で軋轢が生じるが、復興ボランティアに打ち込むヴァルターは幼馴染みのヤンと組んで人工地盤を用いた『緑の堤防』を提案する。

  • 2019年8月3日

建築家の詭弁と住民無視の再建計画 一人の意思もった人間として抗う

壊滅した故郷の干拓地の再建をめぐって元住民と、臨海都市計画を推し進める自治体の間で軋轢が生じる。アイデアコンペに参加して住民の声を届けようとするヴァルターは建築家フランシス・メイヤーの講演に出掛け、彼の描く商業施設が決して数百年先の干拓地の未来を慮るものではないことを見抜き、猛然と抗議する。

  • 2019年8月7日

創造的な生き方とは

「創造的に生きる」とは、絵を描いたり、詩を書いたりすることではありません。無の平原から、意味のある何かを立ち上げることです。より良く生きる為に、日々、考えること、実行すること、その全てが『創造』です。どんなに小さくても、昨日よりは今日、今日よりは明日、少しずつでも歩みを進め、善きものを積み上げることを創造的な生き方と言います。