SEARCH

「深海」の検索結果47件

  • 2019年8月3日

海底鉱物資源を採掘せよ 世界を変える金属と深海潜水艇のパイロット

なぜ海底鉱物資源の採掘が必要なのか、技術的難易度から説明。文明を支える希少金属と鉱業の現状、世界を制する鉱山会社との攻防を描いています。採鉱プラットフォームを完成させ、有人潜水艇のパイロットを探し求める過程で、『リング』と呼ばれるユニークな海洋都市の構想を知りますが、海洋開発をめぐって意見が対立。それでも採用に漕ぎ着けるまでのエピソードを収録。実際に開発が進む海底鉱物資源の採鉱システムのモデルや採掘に伴う環境破壊に関する情報も紹介しています。

  • 2019年8月3日

人こそ資本 深海の鉱物のような人間の可能性と『捨てるな』の精神

水深3000メートルから海底鉱物資源の採掘に挑むアルは深海の作業に必要な潜水艇のパイロットを求めている。優れた経営者でもあるアルの経営哲学は『人こそ資本』。その心髄は可能性を捨てるなという祖父の教えだった。本田宗一郎にインスパイアされたエピソードです。

  • 2019年8月3日

今成すか、永遠に成さないか ~決断と意思の強さが成功に導く

アステリアの大海原を前に、海中技術の困難を思い知ったアルは、長年かけて練り上げた海底鉱物資源の採掘計画について断念しかけるが、今成すか、永遠に成さないか(Nunc aut numquam)を自身に問いかけ、決意を新たにする。愚かな二番手は永久に一番手の尻をを舐め、何を見せても二番煎じと嘲られるだろう。

  • 2019年8月3日

海は生きとし生けるものの故郷  ~アルベールⅠ世とモナコ海洋科学博物館

フォンヴィエイユに移り住んだ母子はアルベール一世の創立したモナコ海洋博物館を訪れる。海に魅せられた息子は深海の世界に思いを馳せるようになる。一方、富裕な実業家で、現実主義者のラクロワ氏は、幸福も教育も金で買える時代だ、給仕に通わせられる学校などたかが知れていると喝破する。モナコ海洋博物館のCM動画、作中で歌われるシャンソンの名曲『La Mer』の動画を紹介しています。

  • 2019年8月3日

深海と有人潜水艇 海に広がる豊かな生命の世界

洪水で最愛の父を亡くし、悪夢に苦しむヴァルターは、海洋科学技術センターの主催する特別研修で有人潜水艇の潜航に立ち会い、豊かな深海の世界に魅了される。海の底に父の命を感じた彼は潜水艇のパイロットを目指す。チューブワームやブラックスモーカー、実際の有人潜水艇の潜航の模様を記録した動画を紹介しています。

  • 2019年8月3日

創造的であることが、あらゆる苦悩から我々を解き放ってくれる

大洪水から6年の歳月が経っても未だ悪夢と喪失感に苦しむヴァルターは同郷の大学教授の講演に足を運ぶ。「人間とは乗り越えられるものだよ」と髭の教授は言った。「創造的であることが、あらゆる苦悩から我々を救ってくれる。傷つき、苦しむ自分を恥じなくなった時、本当の意味で君は悲劇から自由になれる」と励まされ、壊滅した故郷と向き合う決意がつく。元ネタとなったンニーチェの【悦ばしき知識】の名言なども紹介。

  • 2019年8月3日

文明を支えているのは科学技術ではなく、鉱害病でボロボロになった人の手だから ~レアメタルと海底鉱物資源の採掘

ニムロディウムは激しい噴火や大きな地殻変動によって惑星深部から地表にもたらされ、鉱床の大半は地中の奥深くに存在する。高品位のニムロディウム鉱石を採掘するのに、地下数百メートルに坑道を掘り、摂氏四十度近い高温多湿の環境で、重さ二〇キロのマシーンを抱えて何年も岩盤を掘り続ければ、人間の身体がどうなるか、君にも想像がつくだろう。海底鉱物資源の採掘が実現すれば、世界の構図も変わるだろう。