妄想と執着 オドレイ・トトゥのサイコ恋愛映画 『愛してる、愛してない……』

目次

【映画レビュー】 愛と執着を履き違える女

愛の欲求が捻れる『転移性恋愛』

転移性恋愛』という言葉がある。

たとえば、幼少期、父親との関係が上手く行かず、愛情に飢えた女の子が歯の治療に通い、そこで年上の、父親みたいなドクターに親切にされるうち恋愛感情を抱いてしまう。

本来なら父親に向けられるべき愛の欲求が「年上の優しい歯科医」に転移し、父親から得られなかった愛や優しさを歯科医から得ようとする心理を「転移性恋愛」と呼ぶのだそうだ。(→ブログ『転移性恋愛について』など参考になります。)

それが本物の愛に発展し、お互い幸せになれるならいいが、そうでない場合は、恋した方が傷つく。彼女は、歯科医との恋愛ばかりか、またしても「父との愛情関係」に失敗してしまうからだ。

フランスの人気女優オドレイ・トトゥが演じた『愛してる、愛してない……』はまさにそんな映画。

近所に住む心臓外科医ロイックに恋をした美術学校の女生徒アンジェリクは、いつか彼が妊娠中の妻と別れて、自分と結婚してくれると信じている。

理由は、彼が紫のバラをプレゼントしてくれたからだ。

「彼に愛されている」と勘違いしたアンジェリクは、お返しに、熱い恋文を添えて、彼の診療所に美しい花束を贈ったり、自ら手掛けた肖像画を届けたり。日に日に、思いは膨らんでゆく。

だが、花束も、肖像画も、ロイックにはまったく身に覚えがない。

やがて、夫の浮気を疑う妻との関係にもヒビが入り、彼を告訴した患者が事故死したことから、殺人容疑までかけられ、ロイックは身も心も追い詰められていく。

そこで初めてアンジェリクに不審を抱いたロイックは、アンジェリクの住まいに忍び込み、そこで衝撃の事実を知る……。

恋という名の妄執

この映画は、大きく二つのパートに分かれ、前半がアンジェリク側。後半が、ロイックの立場から描かれている。

途中、フィルムを巻き戻すような演出がある為、突然、最初の場面に戻ったことに違和感を覚えるかもしれないが、前半の出来事(花束や肖像画の贈り物)を、ロイックの側から検証することによって、アンジェリクの異常なパーソナリティを知ることになる。

極めつけは、ラストシーン。

ある場所に、誰にも分からないように、あるものが仕掛けられている。

これを詳しく書いてしまうと、未見の人は面白さが半減するので伏せておくが、この作品に描かれた『恋』は、恋などという生やさしいものではない。

一言で言えば、妄執

勘違いオンナの、身勝手な妄想恋愛であり、恋を仕掛けられたロイックは人生をメチャクチャにされてしまう。

かといって、アンジェリクが最初からサイコな妄想女子かといえば、決してそうではなく、常識もあり、友人もいる。

社会においては、いたって普通のお嬢さんで、異常性など微塵も感じさせない。

ところが、ある一点、『愛』においては、彼女は家族から隔離された淋しい少女であり、心の奥底にはぽっかり穴が空いている。

まるで砂漠のように愛に飢えているせいで、少しでも優しくされると、心がたちまち潤い、虚しさを一気に埋めようとして、恋にひた走ってしまうのだ。

脳内で自分に都合のいいストーリーを作る

そんな彼女は、自分に都合のいいストーリーを作るのも得意だ。

彼が電話してこないのは、仕事が忙しいから。

彼が無視するのは、恥ずかしがり屋だから。

相手は彼女と距離を置きたがっているのに、彼女の方は、自分に都合のいいストーリーをどんどん作り出し、決して現実を見ようとしない。

それどころか、「私がもっと優しくすれば」「丁寧に説明すれば」と、一方的に解決策を押しつけ、しまいには相手を怒らせてしまうのである。

アンジェリクは、それを極限まで煮詰めた女の典型であり、絡まれた方はまさにホラーだ。

まるで覚えのない恋文に、意味不明の贈り物。

拒否すれば、いっそうエスカレートし、仕事や私生活まで支障をきたすようになる。

そして、彼を自分のものにする為なら、邪魔者に危害を加えることも厭わず、しまいには、自分の思う通りにならない相手まで殺傷してしまう。

妄執もここまでくれば害悪で、説得してどうにかなるものでもない。

ストーカーの事件が起きると、「たかが恋愛」「痴情のもつれ」と甘く見る人も多いが、愛に飢えた人間の妄執ほど恐ろしいものはなく、社会的に強硬な措置が必要なこともある。

「恋愛」と「病性」の判別は難しいが、相手の破滅を望むなら、それはもはや愛ではなく、妄執である。

予告篇

あなたがバラをくれたから、私は心にケガをした

これがこの映画のキャッチコピーだ。

原題は「A la folie… pas du tout」。

フランス語は愛を語るための言葉によると、

à la folie (ア ラ フォリ) 気も狂わんばかりに
pas du tout (パ デュ トゥー) ぜんぜん(好きじゃない)

à la folieはアンジェリクで、pas du toutはロイック。

あるいは、アンジェリクの心の中の一人占いみたいなものだ。

【恋愛コラム】 こんな心理になっていませんか?

本作の優れたところは、恋をこじらせた女子の心理を、小物やセットで巧みに描いている点だ。

思い当たる節があるなら、深い入りする前に、少し考え直した方がいい。

● 心の乱れを表す部屋

アンジェリクの部屋は、ものすごく散らかっている。

厳密に言えば、「散らかっていく」のだ。

まるで荒んだ心と生活を映し出すように。

逆に言えば、落ち込んで、何もしたくない時、大きなことから始めるより、「菓子の空き箱をゴミ箱に捨てる」とか、「廊下に落ちたままの靴下をタンスに片付ける」とか、小さなことから始めた方がいい。

部屋が綺麗になれば、自ずと心も上向く。

行動を起こすのは、それからでも遅くない。

● 美しく飾り立てた「自分語り」

子持ちの友人を相手に、アンジェリクはうっとりと自分の子供時代を語る。

本当は淋しい日常を美しく飾り立て、他人には幸福そうに見せるのも妄想の特徴。

● 拒絶された時のリアクションが異常

「好きよ、愛してる」と言いながら、相手がチラとても拒絶の態度を見せたら、ブチギレ。

いかに自分の気持ちしか見てないかが、よく分かる。

見方を変えれば、相手が自分の思う通りにならなくても、慌てず、騒がず、黙って受け止めるのが本物の愛。

● 自己満足の贈り物

「私の真心のからの贈り物」とロイックに送りつけたのは、ブタの心臓だった。

自分の中では最高に素敵なアイデアでも、相手にしてみたら、不気味なものでしかない。

ブタの心臓とまではいかなくても、一方的な好意を押しつける人は少なくない。

● とことんつきまとう

妄執に狂った女は自制するということを知らない。現実も見ない。

だから自分の思う通りの結末が得られるまで、何度でも、しつこく、相手につきまとう。

そこに愛とか恋とか、美しい感情の発露はなく、自分自身に執着しているのだ。

● 現実を指摘する人は「敵」

自分勝手な人間にとって、現実を指摘する人は「敵」だ。

たとえ、それが友人の思いやりであっても、自分に都合の悪い現実に目を見開かせようとする人は、「自分の敵」であり、「自分を傷つける悪い人」だ。

アンジェリクも、本当の敵と味方の区別がつかず、友人を失ってしまう。

● 淋しい女は電話の着信音が嫌い

着信音にいちいち反応し、聞き耳まで立てるようになったら、重症。

ネットもオフにして、頭を冷やした方がいい。

DVDとAmazonプライムビデオの紹介

この作品のオドレイは本当に怖い。

『アメリ』のキュートなイメージを引き摺ってみたら、必ず後頭部に大打撃を食らう。

エンディングはショックというより、サイコ・ホラー。

脚本と演出を考えた人は、女性心理を非常によく分かっていると思います。

愛してる、愛してない... [DVD]
出演者  オドレイ・トトゥ (出演), サミュエル・ル・ビアン (出演), イザベル・カレ (出演), レティシア・コロンバニ (監督), シャルル・ガソ (プロデュース), レティシア・コロンバニ (脚本), オドレイ・トトゥ (Unknown)
監督  
定価  ¥10,800
中古 17点 & 新品  ¥1,823 から

オンラインビデオでリリースされたら、ぜひ見て下さい。

この記事を書いた人

石田 朋子のアバター 石田 朋子 サイト管理人

作家・文芸愛好家。80年代サブカルチャーの大ファン。普段はぼーっとしたおかあさんです。昭和の名作漫画はほとんど空で台詞が言えるほどの元祖ヲタ。車と猫が大好きな東欧在住。サイトでは作品紹介ではなく、作品を題材とした文芸コラムを掲載しています。

目次
閉じる