MENU

運営者情報

『Novella』の管理人・石田朋子(@MOKO)のプロフィールです。
サイトの歩みと特色は、『詩を作るより、田を作れ』 ~Novella 文芸コラムについてに明記しています。
サイト内のタイトル一覧はサイトマップからどうぞ。

名前

石田朋子

うちの娘がいつまでも嫁に行かないと、不安になった母が占い師に尋ねたところ、「この人は、一生、名前が変わりません!」と言われて、本当にその通りになりました。
結婚後、外国式の複合姓になりましたが、日本の戸籍の名前は変えてないからです。
@MOKO は海外でのニックネームです。TOMOKOは現地の言葉で「This is MOKO」のこと。

年齢

永遠の30代独女(35歳あたりで時計が止まっています)

星座

水瓶座です。月は射手座、金星は魚座にあります。
そう言えば、分かる人には分かります。
タロットカードにも造詣が深いです。

学歴・職歴

高校卒業後、医療機関に勤務。2002年に東欧に移住。
看護師ですが、現場を離れて久しいので、今は職名から外しています。

NHK教育 『メールマガジン 心の小宇宙』にメルマガ作者として出演
池田理代子『ベルばらKids』公式サイトに『東欧ベルばら漫談』を執筆
ラジオ『吉田照美のやる気満々』に在住者として出演
NHKラジオ『海外からのお便り』に在住者として出演

【公開中の著作&マガジン】
海洋小説『曙光』 MORGENROOD
なぜあなたの恋は上手く行かないのか

書く訓練はどこで受けましたか?

看護学校です。『情報収集』『分析』『実施』『評価と考察』という理論構築の手法を徹底的に叩き込まれました。
看護記録、計画立案、研究論文、患者指導のパンフレット、等々。
今はどうか知りませんが、私の現役時代は『看護業務は書くのが四割』と言われて、連日ものすごい量のペーパーワークをこなしていました。書くのが遅いと帰れないので、必然的に速記派になりました。
医療と創作は分野が異なりますが、情報収集、データ分析、立案、実施、推考という流れは、小説を執筆する上で大いに役立っています。
世の多くの人は「看護学校」=注射の打ち方を練習する場所のように思い描いてますが、実質は、上記の思考訓練を身に付ける場所です。「可哀想」だけで看護はやれません。

文芸ポリシー『クソ映画にも五つ星の愛を』

バブル世代のサブカルチャーファンです。
特に70年代~90年代の作品に思い入れがあります。
基本的に雑食で、エログロから高尚なものまで、フィールドは幅広いです。

レビューに関しては、「クソ映画にも五つ星の愛を」の精神で、基本的にネガコメはしません。
有名な映画評論家、淀川長治氏に学ぶところが多かったからかもしれません。
(参照記事 → <a href="https://novella.works/hyoron" rel="noopener noreferrer" target="_blank">愛なき評論はアーティストを殺す</a>)

クラシックからサブカルまで

自由な空間が一畳分ぐらいしかない、小さな町屋にもかかわらず、ステレオ、三味線、お琴、クラシックギター、ピアノ、ブリタニカ世界百科事典、世界文学全集、日本の歴史大全などがある家庭に育ったので、幼少時より、科学と文芸に親しみ、主に80年代のサブカルチャーの洗礼を受けて、現在に至ります。

少女時代のヒーロー

カール・セーガン(NASAの師匠。COSMOSの作者)
矢追純一 & 川口浩(冒険と好奇心の大切さを教えてもらった。とりわけ地学に関する川口氏の功績は大きい。洞窟シリーズの大ファンでした)
池田理代子とエースをねらえ(女性の生き方を指南してくれた、偉大なお姉さま。竹宮恵子、萩尾望都、山岸凉子、青池保子、あのあたりも影響大です)

青年期の心の支え

黄金期の少年ジャンプ(北斗の拳、キャプテン翼、北斗の拳、聖闘士星矢、魁!男塾などをリアルタイムで経験した世代。ジョジョの連載第一回目にも立ち会いました。毎週月曜日の発売日が楽しみで、土曜日の夜から興奮して眠れなかったくらい。あれほど熱中した漫画誌は二つとないです)

思い出の場所

京都市立青少年科学センター(小学校時代の裏庭。入り浸ってました)
阪急宝塚線(住まい・勉学・リフレッシュ。全てを兼ね備えた、日本最高のエリアです)
山陰線(各駅停車の深夜の鈍行が好きでした)
国道九号線(丹波の山を越えて、日本海に抜けるルートが好きでした)
伊豆大島&阿蘇山&鹿児島(日本離れしたダイナミズムに惹かれます)

憧れの場所

カムチャッカ半島&イエローストーン国立公園(地学の宝庫。小説の舞台に応用したほど好き)

好きな分野

地学全般(特に鉱物学と地球物理学)

好きなモノ

車とコンピュータ(メカ好きです)

目次

お問い合わせ

メッセージをどうぞ

目次
閉じる