現実を受け入れる

現実を受け入れる ~今日の辛いは、明日の幸せ~

現実を受け入れる

何か問題が起こった時、一番大切なのは、現実を受け入れることだと思います。

自分にとって、望ましい、望ましくない関わらず、起きてしまったことは起きてしまったこととして受け入れる。

見たくないことや知りたくないことも現実として受け止め、何が悪かったのか、今後どうすればいいのか、真剣に考える。

そうした心の努力が、最終的には、望ましくない現実を望ましい方向に変えていくものです。

自分にとって望ましくない事が起きた時、私たちはどうしたって事実を否定したり、誰かのせいにしたり、自分に言い訳したり、物事を自分の都合よくコントロールしようとして、いっそうこじらせるものです。

が、たとえ自分の筋書き通りに物事を操作し、相手に「うん」と言わせても、その時には、相手の気持ちは冷めているものです。

全文を読むにはパスワードを入力して下さい

有料マガジン購入者向けのコンテンツです。詳しくは「有料マガジンとパスワードについて」をご参照下さい。

あなたのお子さん、夜中に「親 死ね」「親 殺したい」と検索していませんか? なぜ彼らは親の死を願い、殺したいと考えるのか、子どもの自立とは何かを考えるコラム集。
詳しくは、note.com 「親の死を願う子供たち」をご参照下さい。
親の死を願う子供たち

NO IMAGE

海洋小説『曙光』MORGENROOD

宇宙文明の根幹を支える稀少金属『ニムロディウム』をめぐる企業と海洋社会の攻防を描く人間ドラマ。生き道を見失った潜水艇パイロットと、運命を握る娘の恋を通して仕事・人生・社会について問いかける異色の海洋小説です。
Kindle Unlimitedで公開中。冒頭部の無料PDFもあり。

CTR IMG