愛とは小さなことの積み重ね ~相手の心に想像力を働かせる

愛は小さなことの積み重ね
あなたに知って欲しいこと

「これくらいはいいだろう」という手抜きで人は破滅する。「この人だからいいだろう」という甘えで人は破滅する。愛とは相手に対する想像力。自分の言いたいことを言いたいように言うだけでは愛は掴めません。

sanmarie*com 恋と生き方のエッセー

早稲田大学心理学教授、加藤締三先生の著書『愛される法則』(大和書房)に、こんな一説があります。

「これくらいはいいだろう」
という手抜きで、人は破滅する。
「この人だからいいだろう」
という甘えで、人は破滅する。

加藤先生いわく、「愛とは小さな事の積み重ね」。

店員さんに「ありがとう」を言う。
お世話になった人に年賀状を書く。
花に水をやる。
廊下のゴミを拾って捨てる。
洗面台の水しぶきを、さっと一拭いする。

一見、何の得にもならないような、小さな事の積み重ねに、愛と幸せが訪れる……という話です。

一足飛びに愛と賞賛を求める人は、得になることや目立つことしか考えません。

宴会の幹事は喜んで引き受けるけど、物置の掃除はしない。
彼氏の前ではニコニコしているけど、ブティックの店員には横柄。
メイクは完璧だけど、生理用のナプキンはベロンと広げたままゴミ箱に捨てる。

本人は、「誰も見てない、しめしめ」と思っているかもしれませんが、そういう手抜きは、必ずどこかでボロが出るし、その人の雰囲気として現れます。

見えない所に気持ちが行き届かない人は、他人の心を推し量ることができません。

人の心の機微が分からなければ、愛も掴めません。

「愛されない」と嘆いている多くの人は、見えない所で手抜きしているのではないでしょうか。

たとえば、彼にたくさんメールを送ったり、頻繁にメッセージを送ったりするけど、ちっとも感謝されない、後が続かないと悩む女性がいます。

そういう人は、相手がどういう言葉や気遣いを求めているのか、一度、じっくり考えた方がいいのではないでしょうか。

いくら自分がラブラブ・メッセージが好きでも、相手にしてみたら、しょっちゅう、好きだの、会いたいだの言われたら、重荷に感じるかもしれません。

自分はキモ可愛いスタンプが大好きでも、相手によっては、馬鹿にされたように感じるかもしれません。

それを考えずに、自分の言いたいことを言い、自分の送りたいものを送っても、相手にしてみたら、負担に感じるだけですよね。

じゃあ、彼が本当に欲しいメールって、どんなメール?

それを考えるのが、『愛』です。

相手の気持ちを考えず、自分の言いたいことを、言いたい時に、好きなように言うのは、ただの自己満足でしかありません。

愛は、面倒くさい。

愛は、手間暇かかる。

愛は、多くを必要としない。

愛は、想像力である。

その時、相手が何を求めているのか。

どうすれば、相手に喜んでもらえるか。

考えない人に愛は掴めません。

彼の前で、どれほどイイ女ぶっても、思いやりがないのは、すぐにばれます。

愛というのは、自分が誰かを愛した時に、初めてその価値が分かるものです。

恋の話 女の話 第5号 2003年11月9日

愛は小さなことの積み重ね

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

石田 朋子のアバター 石田 朋子 サイト管理人

作家・文芸愛好家。80年代サブカルチャーの大ファン。古典文学からJUNEまで幅広く親しむ雑食系。マダム・ナナとパピヨン・シルエットについて熱く語り合える友達を募集しています。東欧在住。

目次
閉じる