MENU

WordPressの管理画面を見やすくする『Admin Column Pro』長寿サイト向け

2020 6/17
目次

『Admin Column Pro』とは

WordPressの管理画面の機能を拡張して、通常、表示できない、カスタムフィールドのメタ値や抜粋を呼び出し、投稿管理を効率化するプラグインです。

無料版と有料版があり、有料版では、インライン編集、エクスポート機能、カラムセットなど、さらに強力な機能が備わっています。

無料版(WordPress公式サイト)

有料版

この記事では、『Admin Column Pro』(有料版)を愛用している管理人が、導入のメリットとライセンス購入について解説しています。

結論から言うと、手放せない逸品

投稿のリライトや分割・削除、SEO向けタイトルタグやメタディスクリプションの見直し、IDの一覧など、まめにコンテンツ整理する方に超絶おすすめです。

私もここまで役に立つとは思いませんでした。(せいぜい管理画面が見やすくなる程度かと・・)

手放せないポイントは次の通りです。

  1. 管理画面に表示されない要素(プラグインの隠れ項目も含めて)も呼び出せる
  2. 何でもエクスポートできる → サイトの中身が一目瞭然
  3. カラムセットを保存できる

管理画面に表示されない要素(プラグインの隠れ項目も含めて)も呼び出せる

下記にも書いてますが、一つのコンテンツに含まれるデータの種類と量は膨大です。

特に、カスタムフィールドには、投稿画面には表示されない、プラグイン独自の隠れ要素も多数含まれます(特にSEO系、定型句など)

それらを修正する場合、投稿画面をいちいち開いて、カスタムフィールドの値を書き直す必要がありますし、プラグインの中には、投稿画面にも現れないものがあります。

その点、『Admin Column Pro』は、カテゴリーやタグのように、管理画面に一覧表示して、インライン編集で一気に書き直せるので、作業時間が10分の1以下で済みます。

カスタムフィールド拡張プラグインにも似た機能はありますが、『Admin Column Pro』の場合、本文や抜粋など、その他の項目も管理画面に一覧表示できるので、用途は広いです。

私はたまに、管理画面から本文の修正をすることがあります。
ちとデンジャラスですが、複数の投稿について似たような修正を加えるなら、いちいち投稿画面を開かずに、管理画面から連続的に書き替えた方が速いので。

たとえば。

カスタムフィールドに格納されているキーの全項目

通常、カスタムフィールドのキーとメタ値は、一部だけが投稿画面に表示され、その他は wp_postmetaを見なければ分かりません。
また、管理画面に、カスタムフィールドのキーとメタ値を呼び出す機能は無いです。

『Admin Column Pro』の設定画面で見ると、これだけのカスタムフィールドのキーが存在することが分かります(ほんの一部)
キーを自動生成するのは、プラグイン、テーマ・テンプレートなどです。
知らないうちに、どんどん増えていきます。

これらのカスタムフィールドのキーとメタ値を修正するには、いちいち投稿画面を開いて、数値や文字列を書き直さなければなりません。

そこで『Admin Column Pro』を使って、特定のカスタムフィールドのキーとメタ値が管理画面に表示されるように設定します。

当サイトでは、コンテンツの一部をnote.comで公開しており、キー『magazine』、メタ値にnote.comの公開URLを記載しています。

カスタムフィールドの隠れ項目

管理画面に、『magazine』と、公開URLのデータが現れました。

特定のカスタムフィールドの値を呼び出す

インライン編集を可能にすれば、管理画面からURLの編集を行うことができます。
投稿画面を一つ一つ開く必要はなく、全て、管理画面から追記や修正が可能です。

カスタムフィールドだけでなく、抜粋や本文、SEO向けのタイトルタグやメタディスクリプション、プラグイン設定や定型句など、何でも表示できます。

インライン編集でデータ修正

抜粋分も、管理画面から編集可能。

Admin Columns Pro 抜粋の編集

設定画面は次の通りです。コンテンツが有する様々な要素を追加することが可能です。

Admin Columnの設定画面

何でもエクスポートできる → サイトの中身が一目瞭然

phpMyadminを使って、データテーブルの項目を抽出しなくても、管理画面から何でもエクスポートすることができます。

投稿ID、タグ・カテゴリー、抜粋、本文、SEO向けのタイトルタグ、メタディスクリプションなど、CSV形式でエクスポートして、Excelで管理すれば、サイト内のコンテンツが一目瞭然です。

コンテンツ整理はもちろん、本格的にキーワードやコンテンツの重複など、チェックされている方にも重宝すると思います。

管理画面のCSVファイル

各項目について、インライン編集、並び替え、エクスポートの可不可を細かく設定することができます。

エクスポートやインライン編集の可不可などを設定

ユーザーの権限によって、アクセスコントロールすることができます。
WordPressを複数管理しているケースに便利です。

ユーザーによるアクセスコントロールが可能

一部の投稿をまとめて、電子書籍やPDFに作成する場合、content(本文)をエクスポートすれば、いちいち、投稿画面を開いて、コピペを繰り返す必要がないので、本当に便利です。

カラムセットを保存できる

一度、設定したフィルターは、カラムセットとして保存することができます。

フィルター機能をカラムセットとして登録

カラムセットは管理画面から呼び出すことができます。

WordPressの管理画面に必要な項目だけが表示される

メディア・ファイルの管理にも使える

メディアの管理画面のカスタマイズも可能です。
ファイルサイズ、キャプションなどでソートできます。

特に、検索エンジンにおいて重要といわれる、altタグの編集にも便利です。

いちいち、投稿画面やメディア編集の画面を開かなくても、メディア一覧からインライン編集で alt属性の入力や修正が可能です。

メディアファイルの編集にも便利

投稿一覧を詳細な条件でフィルタリングできる

地味に便利なのが、投稿一覧のフィルタリング機能です。

『Admin Column Pro』の場合、「カテゴリー」以外にも、タグや抜粋やカスタムフィールドのメタ値など、カラムセットでフィルター設定した項目について、細かにフィルタリングすることができます。

『タグ』のフィルターも地味に便利です。

タグ別のフィルタリング

「含む」「含まない」の条件設定です。

タグ別フィルタリングの条件

本文について、「含む」「含まない」「~から始まる」「~で終わる」など、条件設定が可能です。

コンテンツ別フィルター条件の設定

Admin Columns Proの購入手続き

Pro版は公式サイトで購入できます。

トップメニューの『Pricing』(Plan&Pricing)でコースを選択。自分で使うなら、PERSONALで十分です。

Admin Columns Pro
Pricing & Purchase - Admin Columns ProGet your Admin Columns Pro account and organize, search and edit any WordPress content faster than ever before! Find information about Pricing & Purchase

『Buy Now』をクリックして、購入者の氏名・メールアドレスを入力。

購入手続き

ニュースレターを受信する場合は、Keep me up to date of plugin news, subscrive me to the newsletter. にチェックを入れます。

購入者の個人情報を入力

支払いは、クレジットカードか、PayPalの二択です。

支払い方法の選択 カードかPayPalか

購入後のアカウント管理画面

購入手続きが完了すれば、登録したメールアドレスにマイアカウントの管理画面の案内が届きます。

すみやかにマイアカウントを開設して、ライセンスコード(LICENSE KEY)を確認します。

ライセンスの有効期限や次回のアップグレードの料金などが表示されています。

マイアカウント管理画面 一般情報

ライセンスキーは、Admin Columns Proの『Settings』の『Updates』に入力して、Activateします。

『Deactivate license』をクリックすれば、そのサイトでのPro版が無効化されます。
複数サイトで使い分ける時に便利です。

ライセンスキーを有効化する

最新版のプラグインファイルはマイアカウントの『Donwload』からいつでもダウンロードできます。

最新のプラグインファイルをダウンロード

Pro版は年額制のサブスクリプションになります。
2年目以降は、40%オフです。

そこそこの値段はしますが、編集作業の手間も10分の1以下に減りますし(いちいち投稿画面を開いてられない)、長期的にコンテンツ整理する方には、きっと重宝します。

私も、しょうもない有料版に手を出して、後悔したことが何度かありますが、これだけは本当に手放せません。

あっち開き、こっち開きで、疲弊している方は、騙されたと思って、ぜひ試してみて下さい。

更新料金は40%オフ

目次
閉じる