花

After the Rain 青空の美しさに気付くのは、いつも雨上がり

花

青空の美しさに気付くのは
いつも雨上がり

澄んだ青色が
眩しくもあり
懐かしくもある

ここから一歩踏み出して
ぬかるみを越えて行こうよ
あの空の向こうに
新しい悦びがあるから

雨が上がって
窓を開ければ
いつも そこに
光を見出すことができる

それは雨からの
眩しい贈り物

青空の美しさに気付くのは いつも雨上がり

Tags: ,

詩想と引用の関連記事

自転車

軽やかに 走ろう 空気入れたての 自転車みたいに 世界をありのままに 感じることができるのだから

ゴッホ 疲れ果てて

ヴィンセント・ヴァン・ゴッホの作品に『 worn out 疲れ果てて』という作品がある。 十八の時、ゴッホ展で初めて本物を目にしたのだが、見た瞬間、絵に突き飛ばされそうになった。 そこには、見る者を圧倒するような、凄まじい情感が渦巻いていた […]

若者の劣等感、敗北感、挫折感

盗人の烙印を押されたまま、誰にも信じてもらえず、故郷にも戻れず、世間を欺いた卑怯者として人々の記憶に残るぐらいなら、いっそこの世から消えてしまいたい――と思ったこともあったが、結局、その勇気もなく、負け犬みたいに拾われて、今は成功者の圧倒的な強さ(パワー)に打ちのめされるばかりである。

>海洋小説『曙光』MORGENROOD

海洋小説『曙光』MORGENROOD

宇宙文明の根幹を支える稀少金属ニムロディウムをめぐる企業と海洋社会の攻防を舞台に描く人間ドラマ。生きる道を見失った潜水艇パイロットと愛を求めるフォルトゥナの娘の恋を通して仕事・人生・社会について問いかける異色の海洋小説です。
Kindle Unlimitedなら読み放題。
Amazonの海洋学ランキングで一位を記録。

CTR IMG