花

After the Rain

花
青空の美しさに気付くのは
いつも雨上がり

澄んだ青色が
眩しくもあり
懐かしくもある

ここから一歩踏み出して
ぬかるみを越えて行こうよ
あの空の向こうに
新しい悦びがあるから

雨が上がって
窓を開ければ
いつも そこに
光を見出すことができる

それは雨からの
眩しい贈り物

Tags: ,

詩想と引用の関連記事

言葉は生もの

人間が前に進むには、忘却と変化が必要だし、その為には、破壊と創造を何度でも繰り返さねばならない、これ必定。 そういう意味で、私は既成のものに縛られるのがイヤだし、たとえ自分が手間ヒマかけて創ったものでも、もはや必要ないと思えば簡単に壊すこと […]

幸せの感じ方と心の空白に気付くこと

“私には、私の愛を糧にして生きてくれる人が必要だった。 貪りもせず、無駄にもせず、その全てを自分の血と肉にしてくれる人が。 どんな人間にも、魂に空白がある。 プラトン風に言えば、人は自分の魂の片割れを求めて彷徨っているわけだが、 […]

Fall in Love ~恋というもの~

自分の気持ちに気付いてから 来る日も 来る日も 溜め息ばかり 寝ても 醒めても 何をしていても だって どこにも答えがない この想いが 何処へ行くのか いつまで続くのか 先にあるのは 悲しみなのか 悦びなのか いつか ため息にうもれて 死ん […]