傘

『夕立』これから何所に帰るのか 【短編】

傘
家事と介護に追われる専業主婦の陽子は、傘を持たずに出掛けた夫の帰りを思い、夕立の中、駅に向かう。そんな陽子の目に映ったのは、若い女性と相合い傘で歩いてくる夫の姿だった。主婦の気持ちを描くショートショートです。

Google PDF ビューアで見る

もしくは、ボックス右上のアイコンをクリックして下さい。

[custom-related-posts title=”その他のショートショート” order_by=”title” order=”ASC”]

Tags:

詩想と引用の関連記事

女性 仕事

社長の隣でにっこり笑っても、相手を不快にさせるだけの人もおりますよ。この世は決してコネや損得だけで動いているわけではありません。

女性 天使

言葉は 時に 病的に 私に襲いかかる だけど それは 私がPure だからではなく 泥も光も あわせ持った 生々しい生き物だから ここではない何処か この世を離れた何処かへ 今すぐ飛んで行こう 心が新しいうちに 言葉が死なないうちに 初稿: […]

ヴィーナスの誕生 ブーグロー

「人間はね、生のままの姿が一番美しいの。何も隠すことなんてありはしないのよ」