子供の反抗は『親の否定』ではない

子供の反抗は『親の否定』ではない
あなたに知って欲しいこと

『親殺し』という言葉だけ見れば、非常に激しい印象を受けますが、要は、親の影響から離れて、我が道を行くだけのことです。子どもだって親を愛したい。どんな時も尊敬の気持ちで仰ぎ見たいと願っています。意見が食い違うことと、親を否定することは、まったく別物です。

sanmarie*com 恋と生き方のエッセー

前述の文章を読んで、「親殺しとは何事か、親を捨てて出て行くなど、けしからん」と思われる親御さんもおられるかもしれません。

しかし、ここで述べている『親殺し』とは、あくまで心の作用であり、現実に親を殴り殺せとけしかけているわけではありません。

幼い子どもにとって、親は『神』に等しいものです。善悪の価値観、生き方、箸の上げ下ろしからトイレットペーパーの使い方に至るまで、親の影響を受け、その支配下に置かれます。その神に逆らい、新しい価値観を構築して、自分の望む道を進むのは『殺し』にも等しい恐怖です。こんな恐ろしいことを企てるぐらいなら、親に支配され、罵られても、奴隷でいようとする子どももあるでしょう。そこまで従順でなくても、なんとなく親に言われるがままにする人も少なくないと思います。反抗するより、従順でいる方が、労苦も少なくて済むからです。

その点、真っ向から反抗する子は、気概に溢れ、バイタリティも強いのかもしれません。

無料公開はここまで

ここから有料です

この投稿は電子書籍、もしくは有料マガジンを購入された方向けのコンテンツです。全文を読むにはパスワードを入力して下さい。
パスワードが分からない方は、メールフォームよりお問い合わせ下さい。

子供の反抗は『親の否定』ではない

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

石田 朋子のアバター 石田 朋子 サイト管理人

作家・文芸愛好家。80年代サブカルチャーの大ファン。古典文学からJUNEまで幅広く親しむ雑食系。マダム・ナナとパピヨン・シルエットについて熱く語り合える友達を募集しています。東欧在住。

目次
閉じる