注目キーワード
  1. 仕事
  2. 美輪明宏
  3. キリスト教
  4. 哲学
子供の反抗は『親の否定』で

前述の文章を読んで、「親殺しとは何事か、親を捨てて出て行くなど、けしからん」と思われる親御さんもおられるかもしれません。

しかし、ここで述べている『親殺し』とは、あくまで心の作用であり、現実に親を殴り殺せとけしかけているわけではありません。

幼い子どもにとって、親は『神』に等しいものです。善悪の価値観、生き方、箸の上げ下ろしからトイレットペーパーの使い方に至るまで、親の影響を受け、その支配下に置かれます。その神に逆らい、新しい価値観を構築して、自分の望む道を進むのは『殺し』にも等しい恐怖です。こんな恐ろしいことを企てるぐらいなら、親に支配され、罵られても、奴隷でいようとする子どももあるでしょう。そこまで従順でなくても、なんとなく親に言われるがままにする人も少なくないと思います。反抗するより、従順でいる方が、労苦も少なくて済むからです。

その点、真っ向から反抗する子は、気概に溢れ、バイタリティも強いのかもしれません。

Protected Area

This content is password-protected. Please verify with a password to unlock the content.

> > >

海洋小説 《曙光》 MORGENROOD
ブックカバー
宇宙文明を支える稀少金属ニムロディウムをめぐる企業の攻防と、海洋社会の未来を描く人間ドラマ。心に傷を負った潜水艇のパイロットが、恋と仕事を通して成長する物語です。