祈り Notes

明かり ~希望の見つけ方~

祈り Notes

前に河合隼雄さんの本で読んだ。

真っ暗な夜の海で遭難した釣り人たちが、 なんとか生き延びる道を探そうと、手持ちの明かりをあちこちにかざして見た。

ところが、なけなしの光はすべて闇に吸い込まれて、 自分たちがどの辺りにいるかという検討さえつかなくなってしまった。

そこで明かりを一斉に消してみた。

すると闇の彼方にぼんやりと灯台の明かりが見えてきた――

という話である。

「なまじ生き残る術が有ると、それにしがみつき、 かえって方向を見失うものかもしれない」と河合氏は書いていた。

私もそう思う。

同じ花を探すにしても、森の中で探すよりは、 砂漠のど真ん中に立って探した方が見つけやすい。

いっそ何もかもキレイに無くなった方が、建物も立て直しやすいのと同じでね。

今はまだ感情が先に立っているから、広く、冷静に物事が見えないけれど、 夏になって、全部振り出しに戻れば、また違う局面が見えてくるだろう。

とにもかくにも、『何を第一にとるか』が問題だ。

そしてその『第一』が、今後十年の方向を決める(と、思う)。

何を選ぶにしても、「自分の心に忠実に」……だね、私の場合。

[amazonjs asin=”4101252246″ locale=”JP” title=”こころの処方箋 (新潮文庫)”]

「前に読んだ本」というのは、確かこの本だったと思う。
今はもう手元にないけれど、河合先生の優しさと人間に対する洞察力が非常によく表れた作品だったと記憶する。
各章の目次タイトルは、「人のこころなどわかるはずがない」、「危機の際には生地がでてくる」「『理解ある親』をもつ子はたまらない」、「心の支えがたましいの重荷になる」など格言風に小気味よくまとめてあり、著者の専門家としての豊富な経験から調合された薬効ある文章が読者に語りかける。
河合先生が亡くなられたのは本当に淋しいことだ。

初稿:99/05/26 メールマガジン 【 Clair de Lune 】 より 

Tags: ,

言葉の倉庫の関連記事

『病院は社会の縮図、そして人生の縮図』

分娩に立ち会った次の日の朝、 いつものよ うに白い洗面器にぬるま湯をはり、一番最初に洗面介助をした重症のおばあちゃんの個室に運んで行くと、すでに名札が外され、部屋は空になっていた。 「あの……あの方、部屋を替わられたんですか?」 と看護婦さ […]

PC Notes

Eメールにチャットに携帯電話……情報通信産業の拡充に伴い、コミュニケーション・ツールもますます多様化しているが、それによって人間は孤独から解放されたか。人を理解し、愛する能力が高まったか。

今でこそ外出先でスマホで音楽を聴くなど当たり前だが、レコード世代にとって、「いかに音楽を持ち出すか」は重要な問題だった。 何せ、プレイヤーは家の中にしかない。 どこかに出掛ければ、その間は聞きたい音楽も聞けず、頭の中でメロディを繰り返すのが […]

>海洋小説『曙光』MORGENROOD

海洋小説『曙光』MORGENROOD

宇宙文明の根幹を支える稀少金属ニムロディウムをめぐる企業と海洋社会の攻防を舞台に描く人間ドラマ。生きる道を見失った潜水艇パイロットと愛を求めるフォルトゥナの娘の恋を通して仕事・人生・社会について問いかける異色の海洋小説です。
Kindle Unlimitedなら読み放題。
Amazonの海洋学ランキングで一位を記録。

CTR IMG