アルファベット

好きなアルファベットは何ですか? 言葉こそ世界の扉

アルファベット

皆さんには好きなアルファベットがありますか?

映画「フィフス・エレメント」では、主人公のブルース・ウィルスが、地球を救う“至高の存在”、美女リールーに「地球の歴史をどこまで学んだ?」と尋ねるシーンがあります。

リールーが、「『V』まで」と答えると、「ああ、『V』はいい。いい言葉がたくさんある。Victory、Vintage、Very Beautiful……」と彼は答えます。

映画の見所はたくさんありますが、一番印象に残ったのがこの会話でした。

言葉に興味を持ち始めた子供が《あいうえお積み木》を片手に、「アサガオの『あ』、イヌの『い』……」と文字を覚えていく過程を思わせるからです。

幼い子どもにとって、言葉は、最初は無意味な文字の羅列でしかないけれど、やがて意味を成し、その一つ一つを手がかりに世界を知っていきます。

三重苦のヘレンが「Water」から全てを理解したように、言葉こそ知恵の扉、そして人類の英知の結晶です。

好きなアルファベットは何ですか、と聞かれたら、私は迷わず『L』と答えます。

『L』には、いい言葉がたくさんあります。

Life、Lord、Laurel、Light、Lady、Liberty、Luna、Love。

ちなみに、ドイツの人文学者J・G・ヘルダーの墓碑銘には、

Licht (リヒト:光) Liebe (リーベ:愛) Leben (レーベン:命)

と刻まれているそうです。

初稿:99/04/19(月)

Tags:

詩想と引用の関連記事

魚 海

「まあ、それが今まで独身できちゃった所以。もっとも、私のこの顔じゃあ、男も遠慮して寄りつかないでしょうけど」 「そんなことないよ。今からでもプロポーズすればいい。相手は戸籍上、独身だろう? だったら何も問題ないじゃないか」 「……あなた、ず […]

自転車

軽やかに 走ろう 空気入れたての 自転車みたいに 世界をありのままに 感じることができるのだから

人は二度生まれる

「生きること」への希求と、「自分であること」への渇望。「自由」への憧れと、「未知なるもの」への不安。世界はすぐそこにあるのに!硬い殻が俺と世界とを阻んでいた。

>海洋小説『曙光』MORGENROOD

海洋小説『曙光』MORGENROOD

宇宙文明の根幹を支える稀少金属ニムロディウムをめぐる企業と海洋社会の攻防を舞台に描く人間ドラマ。生きる道を見失った潜水艇パイロットと愛を求めるフォルトゥナの娘の恋を通して仕事・人生・社会について問いかける異色の海洋小説です。
Kindle Unlimitedなら読み放題。
Amazonの海洋学ランキングで一位を記録。

CTR IMG