NO IMAGE

Angel ~嘆きの天使~

NO IMAGE

人を信じ、世界を慈しみながらも
その裏側で
世界など滅んでしまえばいいと願う

Angel
誰よりも人間を知るが故に

人々の幸せを願いながらも
ノアに方舟を作らせ
地上を水で洗い流した神様の気持ちが
よくわかる

Angel
誰よりも人間を信じるが故に
時に裏切られ
時に失望しながらも
人を愛さずにいられない

彼ら 御使いの白い翼は
とおに擦り切れてしまったというのに

初稿:2000年 秋

Tags: ,

詩想と引用の関連記事

秋 孤独

「死にたい」の反語は「生きろ」ではなく、「そんなあなたの側に居たい」。傷ついた子供に「頑張って生きるのよ」と言葉で励ますのは簡単ですが、絶望しきった人間に、生きる力など、そうそう湧いてくるものではありません。まして死んだ親への愛着に対し、慰める術もないというのが現実ではないでしょうか。

海

海岸に打ち付ける波の一つ一つにも生命の営みがある。 波は微生物や細かな堆積物を運び、海岸の地形や地質を少しずつ変えてゆく。 それは時に人間社会に不便をもたらすが、こうした変化があればこそ、自然のシステムは生き続けることができる。たとえ生きて […]

Too Sad 空しい祈り

悲しすぎる夜 私は力なく神の門をたたく それで明日が 変わるわけではないけれど 誰かの耳には  聞き届けられるような気がして 初稿:2000年

>海洋小説『曙光』MORGENROOD

海洋小説『曙光』MORGENROOD

宇宙文明の根幹を支える稀少金属ニムロディウムをめぐる企業と海洋社会の攻防を舞台に描く人間ドラマ。生きる道を見失った潜水艇パイロットと愛を求めるフォルトゥナの娘の恋を通して仕事・人生・社会について問いかける異色の海洋小説です。
Kindle Unlimitedなら読み放題。
Amazonの海洋学ランキングで一位を記録。

CTR IMG