拾いの神は捨てられた後にやって来る

拾いの神は捨てられた後にやって来る

拾いの神は捨てられた後にやって来る

誰にとっても、採用 / 不採用、入賞 / 落選、交際OK / ごめんなさい、等々。

選ばれない苦しみは計り知れないものがあります。

特に若い時分は、世の浮き沈み(あるいは運勢の上昇・下降)というものを長いスパンで経験することがないので、失恋しては落ち込み、不採用通知を受け取っては人生に失望し、「俺はもうダメだ」と白旗を揚げて、自分の中に閉じこもってしまうでしょう。

でも、世の中、「捨てる神あれば、拾う神あり」で、聖書にも「誰かが要らないと捨てた石が家の土台になる」という言葉があるように、そんなあなたを必要としている人間もいるんですよ、何処かには。

廃品回収のプロに言わせたら、ゴミ捨て場なんて宝の山だし、スポーツでも、戦力外通告された人が、コーチを変われば、奇跡の復活を遂げることもあります。

でも、拾いの神に見つけてもらうには、まず第一に、捨てられないといけません。

誰かにポイと捨てられ、地に叩き付けられて、初めて拾いの神の目に留まるわけですね。

なぜなら、拾いの神は、拾うのが仕事だから。

ところが、多くの人は、自分を捨てた神の裾にすがって、いつまでもしがみつくんですよ。

「どうしてですか。頑張りますから、もう一度、使って下さい」と。

捨てる神の裾にぶら下がって、完全に地に落ちないうちは、拾いの神も拾いようがないのに。

野球に喩えれば、「僕は絶対に巨人軍でプレーしたいんです! 巨人以外はダメなんです!」と無理にでも巨人軍に籍を置いているようなものです。阪神タイガースに行けば、六甲おろしが、あなたを歓迎してくれるというのに。

もちろん、拾ってくれるなら、誰でもいいわけではありません。

同じ拾われるなら、極上の神様に拾ってもらわないと。

その為には、ゴミ捨て場でもよく目立つように、自分をピカピカに磨いておかないといけない。

努力というのは、次の出会いの為にするものであって、自分を捨てた神を振り向かせる為にするものではないです。

世の中には、切れた方がいい縁もたくさんあります。

人や職場に捨てられる時は、実は大きなチャンスだったりします。

拾いの神と称される、アル・マクダエルに絡めて。

関連記事

拾いの神が捨てられた者を拾う時 水深3000メートル下からニムロディウムを含む海底鉱物資源を採掘すべく、アル・マクダエルは洋上の採鉱プラットフォームを建造するが、本採鉱を前に、プロジェクトリーダーが失踪するという憂き目に遭う。急遽、海[…]

人こそ資本 無限の可能性がある

シンガーソングライターの小椋佳は定年まで銀行員を勤め上げた。
人の心に触れる曲を作るには、人間社会との関わりが不可欠であることを知っていたからだ。
売れっ子でも、だんだん作品がつまらなくなるのは、内輪の世界に閉じてしまうから。
パートやボランティアや結婚生活等で人間社会の勉強を続けているアーティストは長続きする。

NO IMAGE

海洋小説『曙光』MORGENROOD

宇宙文明の根幹を支える稀少金属『ニムロディウム』をめぐる企業と海洋社会の攻防を描く人間ドラマ。生き道を見失った潜水艇パイロットと、運命を握る娘の恋を通して仕事・人生・社会について問いかける異色の海洋小説です。
Kindle Unlimitedで公開中。冒頭部の無料PDFもあり。

CTR IMG