MENU
恋と生き方のエッセー、子育てコラムは移転しましたsanmarie*com

拾いの神は捨てられた後にやって来る

誰にとっても、採用 / 不採用、入賞 / 落選、交際OK / ごめんなさい、等々。

選ばれない苦しみは計り知れないものがあります。

特に若い時分は、世の浮き沈み(あるいは運勢の上昇・下降)というものを長いスパンで経験することがないので、失恋しては落ち込み、不採用通知を受け取っては人生に失望し、「俺はもうダメだ」と白旗を揚げて、自分の中に閉じこもってしまうでしょう。

でも、世の中、「捨てる神あれば、拾う神あり」で、聖書にも「誰かが要らないと捨てた石が家の土台になる」という言葉があるように、そんなあなたを必要としている人間もいるんですよ、何処かには。

廃品回収のプロに言わせたら、ゴミ捨て場なんて宝の山だし、スポーツでも、戦力外通告された人が、コーチを変われば、奇跡の復活を遂げることもあります。

でも、拾いの神に見つけてもらうには、まず第一に、捨てられないといけません。

誰かにポイと捨てられ、地に叩き付けられて、初めて拾いの神の目に留まるわけですね。

なぜなら、拾いの神は、拾うのが仕事だから。

ところが、多くの人は、自分を捨てた神の裾にすがって、いつまでもしがみつくんですよ。

「どうしてですか。頑張りますから、もう一度、使って下さい」と。

捨てる神の裾にぶら下がって、完全に地に落ちないうちは、拾いの神も拾いようがないのに。

野球に喩えれば、「僕は絶対に巨人軍でプレーしたいんです! 巨人以外はダメなんです!」と無理にでも巨人軍に籍を置いているようなものです。阪神タイガースに行けば、六甲おろしが、あなたを歓迎してくれるというのに。

もちろん、拾ってくれるなら、誰でもいいわけではありません。

同じ拾われるなら、極上の神様に拾ってもらわないと。

その為には、ゴミ捨て場でもよく目立つように、自分をピカピカに磨いておかないといけない。

努力というのは、次の出会いの為にするものであって、自分を捨てた神を振り向かせる為にするものではないです。

世の中には、切れた方がいい縁もたくさんあります。

人や職場に捨てられる時は、実は大きなチャンスだったりします。

拾いの神と称される、アル・マクダエルに絡めて。

あわせて読みたい
『人こそ資本』 カネとモノには限りがあるが、人には無限の可能性がある
『人こそ資本』 カネとモノには限りがあるが、人には無限の可能性がある水深3000メートルから海底鉱物資源の採掘に挑むアルは深海の作業に必要な潜水艇のパイロットを求めている。優れた経営者でもあるアルの経営哲学は『人こそ資本』。その心髄は可能性を捨てるなという祖父の教えだった。
目次
閉じる