グランドキャニオン

『あなたは自分の期待に合わせて生きていますか』 #『質問』の答え

グランドキャニオン
https://flyingquestions.tumblr.com/post/165589986050/あなたは自分の期待に合わせて生きていますか

それは非常に難しい問題です。

自分が立てば、周りは二の次になる。

周りを優先すれば、自分がなくなる。

自分と他者との関係はいつでもシーソーです。

どちらが重要というわけでもなく、その真ん中で必死にバランスをとり続ける自分が在るだけ。

誰にも何の遠慮もなく生きたためしはありません。

ただ、時々、こう思う。

人には、何をも顧みず、行動しなければならない事もある。

腹を空かせたライオンが確実に獲物を仕留めるように、「これ」という一つの物事においては、私に遠慮はありません。

言い換えれば、それ以外については、いつでも譲歩できるし、自身の人生において、大した問題ではないのです。

よりよく生きるコツは、ただ一つのことを自身の中心において、それ以外には固執しない。

そして、自分と他者と、どちらかにシーソーが傾きすぎたら、努めて是正する。その繰り返しです。

ある種の人間にとって、我が儘になることは、非常に難しいのです。

https://flyingquestions.tumblr.com/post/165590148115/それとも他者の期待に合わせて生きているのでしょうか

人間、自分の損得について考えだしたら、きりがない。

そんな時は、こう思うようにしています。

『それでも、行きたい所に行き、見たいものを見てるじゃないか』。

絶対に譲れないものと、譲ってもいいもの。

その境が明瞭であることが、確実に自分の願望を叶えていく最良の手立てではないかと思ったりします。

グランドキャニオン

[question]

Tags: ,

寺山修司の関連記事

notes 猫

ふしあわせという名の猫がいる いつもわたしにぴったりよりそっている でも その猫は気まぐれなので 突然 どこかに行ったりします..

手頃な幸福論で飼い慣らされる現代人の不幸について

いつの時代も『幸福論』は重宝されるが、「自分が幸せに感じるなら、全て良し」とする幸福論ほど、お手軽で、麻薬要素の強いものもない。 治ったような気がするだけで、実は何も解決しておらず、幸福に感じようとすればするほど、逆に破滅に突っ走っていくか […]

ベートーベン

ベートーベンは楽聖である。私がベートーベンを好きになれないのは、野球のジャイアンツ、相撲の大鵬を好きになれないのに似ている。それは、すでにできあがった権威であり、ゆるぎない古典だからである。ダ・ダ・ダ・ダーン。「このように運命は戸を叩く」と […]