『あなたから名前を引くと何が残るでしょう?』 #『質問』の答え

https://flyingquestions.tumblr.com/post/162541936440/あなたから名前を引くと何が残るでしょう

それは人の心の中の思い出です。

良きにつけ、悪きにつけ、強烈な印象を残してきたし、ある人は死ぬまで感謝して、ある人は死ぬまで悪口言ってるんじゃないかと思います。

人間にとっては、行為だけが永遠です。

最後に人が思い出すのは、「その人が何を言い、何をしてくれたか」です。

名前と顔は覚えてなくても、言葉だけは強烈に残ってる。

その人がしてくれたこと、特に親切は、尚更です。

本当に後々まで記憶して欲しければ、胸像や記念碑を作ることより、人の心に刺さるような言葉と、ちょっとした親切を、たくさんすべきです。

そして、一度、人に与えたら、後のことは忘れる。

相手がそれをどう受け止めようが、相手の自由ですもの。

相手が感じ、考えることまで、コントロールすることはできません。

真心が伝わらなくても、それはそれ。

言葉でも、親切でも、アウトプットしたら、そこで終わりです。

いつまでも自分が与えたものに拘るほど、センチメンタルにもなれません。

それでも周りを見渡せば、私が与えた思い出はそこら中に転がっています。

私が自分をどのように見せようと、周りがどのように評価しようと、それが全てです。

名前も属性も、他人と区別する為の、記号でしかありません。

書籍 気球乗り放浪記

 気球乗り放浪記 (1975年) (-)
 著者  寺山 修司
 定価  ¥ 650
 中古 6点 & 新品  ¥ 650 から
  (0 件のカスタマーレビュー)

表紙も、本のタイトルも、誰が書いたかも分からなくても、強烈に心に残ると思う。

その人の受け取ったものが全て。

そんな気がします。

[question]

Tags:

寺山修司の関連記事

海 Notes

かなしくなったときは かなしくなったときは 海を見にゆく 古本屋のかえりも 海を見にゆく あなたが病気なら 海を見にゆく こころ貧しい朝も 海を見にゆく ああ 海よ 大きな肩とひろい胸よ どんなつらい朝も どんなむごい夜も いつかは終わる […]

https://flyingquestions.tumblr.com/post/162541936440/あなたから名前を引くと何が残るでしょう それは人の心の中の思い出です。 良きにつけ、悪きにつけ、強烈な印象を残してきたし、ある人は死ぬ […]

花

私も30代前半から半ばにかけて、突然、「幸せ」について考えるようになり、その系統の本にもずいぶん目を通したものです。 女性向けの「愛されて幸せになる!」系のエッセーから、ビジネスマン必読の自己啓発ものまで(デール・カーネギーとか、ジョゼフ・ […]