アフシュライトダイク(締め切り大堤防)

『一日何回 空を見上げますか』 #『質問』の答え

https://flyingquestions.tumblr.com/post/162123820245/how-many-times-do-you-look-at-the-sky-in-a-day

見上げても、見上げても、答えは訪れず。

にもかかわらず、人が空を見上げるのは、まだ心のどこかで大いなる存在を信じているから。

いつか、その恵みが自分にも訪れることを願って、雲の向こうに幸いの兆しを探すけれど、百年待っても、そんなものは見えやしない。

自分にだけ特別な光が降り注ぐなど。

空が美しいのは、せめてもの慰めであり、罪滅ぼしです。

ほんの一瞬でも、人に希望を抱かせる為に。

それを辛いとか、淋しいとか、言い出したら、到底この世では生きてゆかれません。

人が空を見上げる時、それも何度も見上げる時、それは心の中に届けたい願いがいっぱいある時。

そして、空は、あなたが成すのをじっと見守っているだけ。

空の一日は、人間の百日なので、遠く、果てしなく、感じるだけのです。

アフシュライトダイク(締め切り大堤防)

海に向かい、空に願いながら、一つ一つ、石を積み上げる。

その距離、ほんの30キロメートル。

オランダ アフシュライトダイク(締め切り大堤防)

[question]

Tags: ,

寺山修司の関連記事

身毒丸 寺山修司

寺山修司の作品を読んでいると、母親というのは、それほど醜悪で、身勝手なものかと哀しくなってくる。 そこには、夜なべをして手袋を編んでくれるような、優しい母の姿はない。 放校されたエジソンに、根気よく理科や算数を教えるグレートマザーの姿もなけ […]

山羊

人間にとって、一番大事なのは、怒りを上手に表す言葉だと思います。悦びの言葉や感謝の言葉は誰でも言えるし、誰にでも通じる。でも、怒りに関しては、非常にスキルが必要だし、タイミングも見計らわなければならない。おそらく、怒りを上手に表現できる人の方が少数だと思います。

靴 Notes

良も、自由に憧れるだけ、本当のところ、自分が何を為すべきか、この世に何が必要かなど考えちゃいない。自由という言葉がもつ開放的な響きに憧れているだけで、自分の立ち位置や本当の望みさえ分かってないような気がする。『自由』は他人に認めさせるものではない。己の中に深く静かに宣言するものである。