アフシュライトダイク(締め切り大堤防)

『一日何回 空を見上げますか』 #『質問』の答え

アフシュライトダイク(締め切り大堤防)
https://flyingquestions.tumblr.com/post/162123820245/how-many-times-do-you-look-at-the-sky-in-a-day

見上げても、見上げても、答えは訪れず。

にもかかわらず、人が空を見上げるのは、まだ心のどこかで大いなる存在を信じているから。

いつか、その恵みが自分にも訪れることを願って、雲の向こうに幸いの兆しを探すけれど、百年待っても、そんなものは見えやしない。

自分にだけ特別な光が降り注ぐなど。

空が美しいのは、せめてもの慰めであり、罪滅ぼしです。

ほんの一瞬でも、人に希望を抱かせる為に。

それを辛いとか、淋しいとか、言い出したら、到底この世では生きてゆかれません。

人が空を見上げる時、それも何度も見上げる時、それは心の中に届けたい願いがいっぱいある時。

そして、空は、あなたが成すのをじっと見守っているだけ。

空の一日は、人間の百日なので、遠く、果てしなく、感じるだけのです。

アフシュライトダイク(締め切り大堤防)

海に向かい、空に願いながら、一つ一つ、石を積み上げる。

その距離、ほんの30キロメートル。

オランダ アフシュライトダイク(締め切り大堤防)

[question]

Tags: ,

寺山修司の関連記事

政治 人々 Notes

ぼくらが仕事していくには、まわりのものに目をくれていちゃいけないんだ。革命家はね、道端にひなげしの花が咲いてもそれにわき目をふっちゃいけないんだ。こうして、万人の為の活動が、いつしか自己の正当性をアピールする為の手段になっていく。

アーティスト

若い人が進路を選択する時、一番重要なポイントは「失敗したくない」の一言に尽きると思います。(飢えて、荒野に散ろうとも、オレは漫画家を目指す! みたいな熱血は除く) 日夜、メディアに踊る「○○議員、引責辞任」「○○会社、倒産」「芸人○○、どん […]

アフシュライトダイク(締め切り大堤防)

見上げても、見上げても、答えは訪れず。にもかかわらず、人が空を見上げるのは、まだ心のどこかで大いなる存在を信じているから。いつか、その恵みが自分にも訪れることを願って、雲の向こうに幸いの兆しを探すけれど、百年待っても、そんなものは見えやしない。自分にだけ特別な光が降り注ぐなど。