ヴィーナスの誕生 ブーグロー

人間はね、生のままの姿が一番美しいの ~『裸足のアフロディーテ』より

ヴィーナスの誕生 ブーグロー
「人間はね、生のままの姿が一番美しいの。何も隠すことなんてありはしないのよ」

「こうあるべき」に囚われるお堅いクリスチャンの少年に、現代画のヌードモデルを務める女の子が言う台詞。

最初、少年は彼女がヌードモデルであることを咎めるが、彼女の芸術に対する精神を知って、考えを改める。

彼女は彼を展覧会に連れて行き、彼女をモチーフに描いた『裸足のアフロディーテ』を見るようにすすめる。

彼は羞恥心で真っ赤になるが、少女に「正面から、ちゃんと見て」と促され、恐る恐る、絵に描かれた彼女の裸体を目にする。

そして、その美しさに初めて気付く……という場面。

画像は、 ウィリアム・ブーグローの『ヴィーナスの誕生』より

Tags: ,

詩想と引用の関連記事

海 くらげ

クラゲは死ぬと 黄色い月に生まれ変わるらしい 二十八夜ごとに 一匹ずつ 新しい生命をもらって 海の底から立ち昇るそうだ だけど  そこにも  ちゃんと一生があって 新たに生まれた月も 十五夜を過ぎれば欠け始め 二十七夜には回帰の月になって […]

父と子

海上都市のプランが潰された時、お父さんはどこで何をしていたの? と聞かれた時、皆でビールを呑みながら文句を言ってただけだ、と、胸を張って答えられるか?  俺の父親は、洪水の夜、堤防を守りに自分の持ち場に戻った。 その為に命を落として、俺と母 […]

Fall in Love ~恋というもの~

自分の気持ちに気付いてから 来る日も 来る日も 溜め息ばかり 寝ても 醒めても 何をしていても だって どこにも答えがない この想いが 何処へ行くのか いつまで続くのか 先にあるのは 悲しみなのか 悦びなのか いつか ため息にうもれて 死ん […]

>海洋小説『曙光』MORGENROOD

海洋小説『曙光』MORGENROOD

宇宙文明の根幹を支える稀少金属ニムロディウムをめぐる企業と海洋社会の攻防を舞台に描く人間ドラマ。生きる道を見失った潜水艇パイロットと愛を求めるフォルトゥナの娘の恋を通して仕事・人生・社会について問いかける異色の海洋小説です。
Kindle Unlimitedなら読み放題。
Amazonの海洋学ランキングで一位を記録。

CTR IMG