ヴィーナスの誕生 ブーグロー

人間はね、生のままの姿が一番美しいの ~『裸足のアフロディーテ』より

ヴィーナスの誕生 ブーグロー
「人間はね、生のままの姿が一番美しいの。何も隠すことなんてありはしないのよ」

「こうあるべき」に囚われるお堅いクリスチャンの少年に、現代画のヌードモデルを務める女の子が言う台詞。

最初、少年は彼女がヌードモデルであることを咎めるが、彼女の芸術に対する精神を知って、考えを改める。

彼女は彼を展覧会に連れて行き、彼女をモチーフに描いた『裸足のアフロディーテ』を見るようにすすめる。

彼は羞恥心で真っ赤になるが、少女に「正面から、ちゃんと見て」と促され、恐る恐る、絵に描かれた彼女の裸体を目にする。

そして、その美しさに初めて気付く……という場面。

画像は、 ウィリアム・ブーグローの『ヴィーナスの誕生』より

Tags: ,

詩想と引用の関連記事

ピアノ

「お前、愛はないのかい?」「誰に対して」「家族に対してだ」「あるよ。でも、それとこれとは別問題さ。愛と生の行き先は必ずしも一致しない。愛が惜しみなく奪うなら、生は惜しみなく踏み越える。それが俺の哲学だ」「何が”哲学”だ、ただの身勝手じゃないか」「身勝手というなら、父さんの愛もたいがい身勝手だと思うよ。まさに愛という名のエゴイズムだ」

今日ぼくは引きこもるのをやめた

ボクがこの部屋に引きこもってから どれぐらいの月日が流れただろう はじまりは 小さな痛みだった なんとなく 人と会うのがつらくて 誰にも顔を見られたくない 話しかけられたくない そんな気持ちだった。 ☆ だからって 誰かに必要とされること […]

犬

どこの世界も、物事の成否を決める鍵は『人事』です。 適材適所の配置はもちろん、指導、異動、報奨、抜擢、等々。 誰を、どこに、どのように使うかで、技術や資本の価値も変わってくるといっても過言ではありません。 どれほど潤沢な資金に恵まれても、経 […]

>海洋小説『曙光』MORGENROOD

海洋小説『曙光』MORGENROOD

宇宙文明の根幹を支える稀少金属ニムロディウムをめぐる企業と海洋社会の攻防を舞台に描く人間ドラマ。生きる道を見失った潜水艇パイロットと愛を求めるフォルトゥナの娘の恋を通して仕事・人生・社会について問いかける異色の海洋小説です。
Kindle Unlimitedなら読み放題。
Amazonの海洋学ランキングで一位を記録。

CTR IMG