女性 花

思うように生きられなくても

女性 花

某奥様系サイトを読んでいたら、次のような記述を見つけた。

「ある新聞の調査によると、専業主婦をしたい人が兼業を余儀なくされ、外に働きに出たい人が専業を余儀なくされている、とのこと」

私も元記事を読んだわけではないので、実際はどうなのか分からないが、もしそれが本当だとしたら、世の中、上手く出来ているものだと思う。

何でも自分の思う通りになったら、この世に生きている意味など無いからだ。

家事と育児に専念したい人が、経済的理由、あるいは社会的責任から、外で働くことを余儀なくされ、外に働きに出たくてうずうずしている人が、就職先がない、子供の預け先がない、といった理由から、家に居ることを余儀なくされる。

自分の生きたい場所で、生きたいように生きられないとしたら、これほどストレスに感じることはないだろう。

「何のために生きているのか」「誰のための人生なのか」と、自分の生き方に懐疑的になるのも無理はない。

人にはそれぞれ目的があって、生きやすい場所がある。

そこから逸れることは、自分の人生にブレーキをかけられるのも同じ事だからだ。

だが、自分の生きたいように生きさえすれば、人は幸せになれるのだろうか。

本当に、生きたい人生だけが全てなのだろうか。

今は、「自分の生き甲斐」「自分の仕事」「自分の楽しみ」「自分の世界」……と、自分、自分が大流行で、自分の生きたいように生きられないことが、さも人生最大の不幸であるかのような言い方をする人もあるけれど、私は、思いがけない生き方にもそれなりの意味があると思う。

意味のないことなど、最初から与えられない。

もし無意味に感じるとしたら、それは自分が分かっていないだけではないか。

自分の思う通りにならないというだけで、「無意味」「無価値」と結論を下してしまうのは早すぎる。

「自分にはもっとふさわしい職場があるに違いない」と無目的に転職を繰り返したところで、何一つモノにならないだろう。

やむにやまれぬ事情から、自分の望まぬ生き方を余儀なくされたとしても、意味に気付けば、自分の望む生き方が全てではないことが分かってくる。

その意味に気付いて、自分に与えられた境遇を精一杯生きたなら、いつかは道も開かれるのではないだろうか。

Tags: ,

言葉の倉庫の関連記事

人生は最後まで生きてみないと分からない

若い人が一番苦手なのは、「大局的に物を見る」ということではないでしょうか。 たかだか十数年の経験を元に「人生はこうだ」「世の中はこうだ」と決めつけて、絶望したり、閉じこもったり。もう百メートル、道を登れば、まったく異なる風景が見えてくるのに […]

精神的親殺しとは何か 河合隼雄の著書から

私が初めて『精神的親殺し』という概念を知ったのは、臨床心理学で有名な河合隼雄氏の著書『家族関係を考える』(講談社現代新書)がきっかけです。 高校三年生の時、偶然、本屋で手に取ったのが最初の出会いでした。 その頃、哲学や心理学、西洋占星術など […]

なぜ、うちの子だけ

【Kindle購入者向けコンテンツです】うちの子だけが問題の塊に見える親心に対して。

>海洋小説『曙光』MORGENROOD

海洋小説『曙光』MORGENROOD

宇宙文明の根幹を支える稀少金属ニムロディウムをめぐる企業と海洋社会の攻防を舞台に描く人間ドラマ。生きる道を見失った潜水艇パイロットと愛を求めるフォルトゥナの娘の恋を通して仕事・人生・社会について問いかける異色の海洋小説です。
Kindle Unlimitedなら読み放題。
Amazonの海洋学ランキングで一位を記録。

CTR IMG