注目キーワード
  1. 仕事
  2. 美輪明宏
  3. キリスト教
  4. 哲学
海の惑星 アステリア

海の惑星アステリアと採鉱計画 ~宇宙文明を支えるものはボロボロになった人の手

海の惑星 アステリア

【小説の抜粋】 海の惑星アステリア

未曾有の大洪水で壊滅した故郷フェールダムの復興ボランティアに打ち込み、再建コンペでも検討したヴァルターだが、大手建設会社・ロイヤルボーデン社から広告用パースの意匠の盗用を疑われ、さらには長期休職が原因で職場を解雇されてしまう。

頼りになる祖父も亡くして、故郷にも職場にも完全に行き場を失ったヴァルターは、自暴自棄になってステラマリスを飛び出し、一時期、トリヴィア(世界最大の宇宙植民地)のトレーラー村に引きこもるが、不思議な運命の巡り合わせで、特殊鋼メーカーのカリスマ経営者、アル・マクダエルに見出され、海の惑星アステリアに赴くことになる。

アステリアは、惑星表面積の97パーセントが海洋で覆われた辺境の植民地だ。居住可能な島は二つしかなく、海水から工業原料を生成する海洋化学工業と、その周辺事業(運輸、製造、通信、娯楽サービスなど)でようやく成り立っている小さな海洋社会である。

しかしながら、その海底には、宇宙文明の根幹を成す稀少金属ニムロディウムをはじめ、豊富な鉱物資源を含むティターン海台が広がり、これを完全自動化された洋上の採鉱システムによって採掘するのが、アルの積年の願いであった。

再び潜水艇パイロットとして採鉱システムの立ち上げに関わることになったヴァルターだが、ミッションの内容を知って、愕然とする。
それは水深3000メートル下で、揚鉱管、水中ポンプのリアクター、集鉱機を機械的に接続するアクロバティックな水中作業だった。

深海調査しか経験のないヴァルターは、短期間で技術と知識を習得しなければならないプレッシャーと、古参メンバーとの軋轢の中で苦闘するが、彼に一目惚れしたアルの愛娘エリザベスと次第に心を通わせるようになり、今一度、プロとして海に立ち向かう決意を固める。

想像以上に開発の進んだ湾岸の風景を見ながら、ヴァルターは、何故今さら海底鉱物資源の採掘に挑むのか訝るが、セスは「宇宙文明を支えているのは科学技術ではなく、鉱害病でボロボロになった人の手」と示唆する。

次のエピソード → 宇宙文明を支える鉱物資源 ~なぜ採鉱システムの技術革新が必要なのか

【第二章 採鉱プラットフォーム】 のシリーズ

このパートは海洋小説『曙光』(第二章・採鉱プラットフォーム)の抜粋です。詳しくは作品概要をご参照下さい。

【リファレンス】 文明と鉱業とレアメタル

スマホ、パソコン、自動車、医療器具に至るまで、日頃、私たちが便利に使っているハイテク機器の金属材料が、何所から、どのようにもたらされているのか、時々は意識してもらえたらと思います。

もちろん、意識したところで、今すぐ何かが変わるわけではありません。

しかし、技術を革新することはできます。

金属資源のリサイクル、効率的な製錬、稀少金属に依存しない素材の開発、等々。

技術者でなくても、日々の暮らしにおいて、私たちに出来ることはたくさんあります。

たとえば、用済みの旧機種をリサイクルに出す、電球や電池、電化製品などをむやみに廃棄しない(ショップの店頭にそれ専用のボックスがあると思います)、物は大切に使う、などです。

手の平サイズの電気機器にも、何種類のレアメタルが使われ、それを得る為に、どれほど多くの人の手を介しているか。
一人一人がリサイクルや節約に協力するだけでも、未来は違ってくるわけですよ。
地球環境保護の為ではありません。
そこから創出される新技術・新産業もあるからです。

若い方には、ぜひ鉱業、金属工学、地学の分野を目指して頂きたい。

IPS細胞の山中先生やLEDライトの中村先生が未来の医療や暮らしを確実に変えていくように、次は皆さんの手で鉱業や製造の在り方を変えて欲しいと願っています。

自国から高価な鉱物資源が産出すれば、当然、国民も豊かになるはずなのに、その国の国民には全くといっていいほど恩恵がありません。
なぜか? という問いかけが、世界情勢を知る糸口になります。

こちらの書籍も併せて読むと参考になります。

アフリカのルポルタージュで実績のある白戸圭一さんの渾身の書です。

 ルポ 資源大陸アフリカ 暴力が結ぶ貧困と繁栄 (朝日文庫) (文庫)
 著者  白戸 圭一 (著)
 定価  ¥902
 中古 30点 & 新品  ¥97 から

現代文明と鉱業に関するリファレンスはこちらにも掲載しています。

関連記事

海底鉱物資源の採掘について マンガン団塊やコバルトリッチクラスト、海底熱水鉱床といった『海底鉱物資源』の存在は20世紀半ばから知られてきました。 世界中の海洋機関で研究が進められ、様々な採鉱システムのモデルが設計されてきましたが、い[…]

海底鉱物資源 システム
第二章 採鉱プラットフォーム Googleブックスで試し読み

水深3000メートルの海台に広がる海底鉱物資源を採掘する為、潜水艇パイロットのヴァルターは洋上プラットフォームの採鉱システムを接続するミッションに参加する。採鉱事業を指揮するアルの娘リズは彼に一目惚れするが、彼の態度は素っ気なく..。
Googleブックスで試し読みできます。

海洋小説 《曙光》 MORGENROOD
ブックカバー
宇宙文明を支える稀少金属ニムロディウムをめぐる企業の攻防と、海洋社会の未来を描く人間ドラマ。心に傷を負った潜水艇のパイロットが、恋と仕事を通して成長する物語です。


Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function WP_Optimize() in /home/marier/novella.works/public_html/wp-content/plugins/wp-optimize/cache/file-based-page-cache-functions.php:160 Stack trace: #0 [internal function]: wpo_cache('<!DOCTYPE html>...', 9) #1 /home/marier/novella.works/public_html/wp-includes/functions.php(4609): ob_end_flush() #2 /home/marier/novella.works/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php(287): wp_ob_end_flush_all('') #3 /home/marier/novella.works/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php(311): WP_Hook->apply_filters('', Array) #4 /home/marier/novella.works/public_html/wp-includes/plugin.php(478): WP_Hook->do_action(Array) #5 /home/marier/novella.works/public_html/wp-includes/load.php(960): do_action('shutdown') #6 [internal function]: shutdown_action_hook() #7 {main} thrown in /home/marier/novella.works/public_html/wp-content/plugins/wp-optimize/cache/file-based-page-cache-functions.php on line 160