MENU

立ち止まって初めて気付く過ちもある

about

この投稿は 【海洋SF MORGENROOD -曙光-】 に関する創作エッセイです。

まるで止まった途端、転倒する独楽(コマ)のように

失敗を恐れ

変化を恐れ

都合の悪い現実から目を反らしてきた。
第六章 断崖』のボツ原稿より

自分を傷つけたものに復讐したい一心で、がむしゃらに頑張ってきたヴァルターは、とうとう自らの落ち度で、仕事も、信頼も、全てを失い、断崖に立ち尽くします。

しかし、大いなる海を見るうちに、心も慰められ、これまでの行いを内省するようになります。

一生懸命。

勤勉。

向上。

頑張り。

絶え間なく努力する人は立派に見えますが、その実、何かから逃げ回っているだけかもしれません。

歩みを止めると、都合の悪い現実が目に入り、心が苦しくなるからです。

ある意味、問題にぶち当たって、身動き取れなくなった時が、生き直すチャンスかもしれません。

人間は、一度、歩みを止めないと、決して自分の過ちに気付かないからです。

目次
閉じる