「顔が命」について補足説明 #0117

「(建築は)顔が命」について補足説明 #0117

「顔が命」について補足説明 #0117

 はじめまして、はじめてメールを送ります。

 僕は、建築学を専攻いる学生なのですが、「顔が命」は研究室の中でも特に人気があります。多少なりとも建築学を専攻している学生として、余計なことではありますが、ほんの少し補足説明をさせてください。

 まず、設計者の○○氏は、建築設計の世界では結構有名な「アトリエ・タイプ」の建築家の先生です。いちおう、一見「ヤンキー・タイプ」にしか見えない「顔が命」も建築関係の雑誌や、氏の作品集などでは「顔の○○」という、まるっきりそのまんまのタイトルがつけられ、アトリエ・タイプの建築には欠かせない、「グラフィックパターンと機能の共存・・・・・」とかいう素敵なコンセプトが語られています。

 ただ、○○氏は「顔が命」みたいな作品ばかり作っている建築家の先生ではなく、知っている人もいるかもしれませんが、青山にある「××」のようなとてもすばらしい建築も作っています。きっと「顔が命」を設計しているときは、カゼでもひいていたのです。本当は、氏なりの素敵な理由があるのでしょうが、やはりカゼをひいていたということにしておきましょう。

 ○○さん、青山にあるもう一つの「顔」建築は、多分「××ビル」の ことだと思います。

 僕の印象だと、この建築は「ばかけんちく」とよべるほどのものではなく 、「顔」というのはバルコニーの一部を、クライアントの横顔の輪郭をか たどったという程度の部分的なもので「プチばかけんちく」といったもの です。

 ちなみに、このビルのうりは、やはり「バルコニーに横顔が隠された陰喩 の表現・・・・・・」だそうで、

            「陰喩」・・・・

 そう、つまり、あの、アトリエタイプのためのあまーい響き黄金色の言葉

「めたふぁー」です。

このスレッドは、【ばかのはち「けんちくは「顔」が命】という記事に反応して、何人かが心に思うことを投稿したものです。
私もどんな建物だったか、思い出せないのですが、多分、顔をそのまんま建物にした、ユニークなデザインなのでしょうね。
まあ、いいんですよ。お施主さんが納得されたのなら。お金を払うのは注文した人ですし。
「こんなのイヤだ」と思うなら、代金を払わなければいい=建設できないわけですから。

「ばか」の概念については、『「ばか」にたいする考え方。 ~自分に理解できないものをバカにしてないか? #0094』や『また蒸し返す、「ばか」って何? ~自分のデザインした書籍や雑誌を手に取る第三者の事を考える #0099』、『バカ建築って?  ~「つくり手の思っている意味」すらが不在なものを言う #0110』あたりで議論された通り。

決して褒め言葉ではないですが、根底にはトホホな愛があり、心底軽蔑して「ばか認定」しているわけではないんですよね。

ただ、もう一歩、公共性や財政、芸術文化の次元に踏み込んだ時、「これでいいのか?」という問いかけはあります。

その疑問や違和感をどこに着地されればいいのか。

様々な議論を重ね、学術としても、知的遊戯としても、大いに刺激されるならいいですが、「この着物が見えないお前の方がバカなのだ」という裸の王様論で遮ったり、「建築王は退かぬ、媚びぬ、省みぬ!」で、周りにイエスマンを従えて突き進むから、時にはトホホを通り越して、心底怒りを感じたり、国の未来を憂いたりするのだと思います。

そう考えると、一般人におちょくられるうちが花というか、笑えるうちは、まだ救いがありますよね。

笑われる方は決して楽しい気分ではありませんが、それが社会の健全性を示す、一つのバロメータという気がします。

「メタファー」という言葉もよく出てきますね。謎の建築文体。

「顔が命」について補足説明 #0117

Tags: ,

>海洋小説『曙光』MORGENROOD

海洋小説『曙光』MORGENROOD

宇宙文明の根幹を支える稀少金属ニムロディウムをめぐる企業と海洋社会の攻防を舞台に描く人間ドラマ。生きる道を見失った潜水艇パイロットと愛を求めるフォルトゥナの娘の恋を通して仕事・人生・社会について問いかける異色の海洋小説です。
Kindle Unlimitedなら読み放題。
Amazonの海洋学ランキングで一位を記録。

CTR IMG