note painting

美というものは、本来、何かを欠いたものです

美というものは、本来、何かを欠いたものです。完全な合理主義からは、美はおろかドラマも生まれてきません。

家出のすすめ (角川文庫)

『完全な合理主義』というのは、『世間の定型』に置き換えても分かりやすい。

多くの場合、『美』は様々な形で定義され、理想として植え付けられる。

そこからはみ出したり、質の異なるものは、美とみなされず、多くの人は「世間でいわれるところの美」を目指すものだ。

だが、果たして、完璧なもの、好ましいものだけが美であろうか。

影を伴うもの、どこか欠けたもの、気味の悪いもの、アンバランスなもの、人を不安な気持ちにさせるものにも美は存在するのではないか。

見た目が完璧なものや好ましいものは、確かに美麗な印象を与えるが、真の美しさは、見る者の想像力によって生み出されるのではないだろうか。

※ この一文は両手いっぱいの言葉―413のアフォリズム (新潮文庫)にも収録されています。

Tags: ,

寺山修司の関連記事

note painting

美というものは、本来、何かを欠いたものです。完全な合理主義からは、美はおろかドラマも生まれてきません。

Platforma

問題が起きると、人は一足飛びに問題を飛び越そうとします。問題が起きると、人は自分を安心すべく理屈を並べます。問題が起きると、人は自分を庇って言い訳を始めます。

アインシュタイン Notes

それは、たとえば進歩的文化人を連想させることができる。「まわっているが前進しない」からである。ふつう、私たちは輪が回転するとき、その分だけ距離を獲得し、前進すると思っているのだが、風車はまわってもまわっても前進せず、他からの攻撃に対してはかたくなに身を守ろうとする。