人間にとって本当の幸せは自分を肯定できること

人間にとって本当の幸せは、自分自身を肯定できること

人間にとって本当の幸せは自分を肯定できること
ヴァルター。
人間にとって本当の幸せは、自分自身を肯定できることだ。
生きること、存在すること、悩み苦しみも含めて、自分の人生を心から愛せることだよ。
その想いは、いつか君にこう叫ばせる。
『これが生だったのか。よし、それならもう一度!』。
たとえ思う通りの結果が得られなくても、懸命に生きようとする意思はそれだけで尊い。どれほど辛くても、もう一度、この人生を生きたいと願うほど愛せたら、それが魂の幸福だ。
生きて、生きて、最後まで生き抜いて、素晴らしい人生を送ってくれ。

愛をもって、人生への愛を説く。
子供の心に響くのは、そこに愛があるから。
たとえ、その場では意味が分からなくても、
生涯、実感できなくても、
子供は何かを掴もうと努力する。
親の愛と教えに報いたいから。
そして、その願いは、死も超えて続く。
なぜなら、子は親の愛に報いるために、全力で生きようとするから。
子供が自分自身と自分の生を心から肯定できること。
それが親にとって最大の幸福。
その対極にあるものが、無気力、無関心、緩慢な心の自殺。

魂の幸福とは自分を肯定できること

Tags: , ,

詩想と引用の関連記事

花

『失楽園』ブームがあまりに強烈だったため、渡辺淳一といえば「性愛小説家」というイメージがありますが、私は『女性に優しい作家』として読んでいます。 特に過去のエッセイなど読んでいると、とにかく女性を見つめる眼が優しい。 ブスと呼ばれる女性にも […]

クリムト アテネ

まったくのろわしいこの人生は 意地悪な目つきをすると思えば 今度はまた愛想よくして見せる ふざけた気持ちで 時には窮乏を 時には権力を 氷のように掻き消してみせる 

蝶 ファンタジー

この世に残された最後の純愛は、道ならぬ恋という。 お互い、何の打算も駆け引きも無く、 ただ互いの魂だけを見詰めて、引かれ合うからこそ、 純粋に燃焼できるのかもしれない。 愛極まれば、死に至る。 それはまた人間に残された最後の神話でもある。 […]