自転車

自転車

軽やかに 走ろう
空気入れたての
自転車みたいに

音も聞こえる
景色も見える

道も走れる
草木も摘める

世界をありのままに
感じることができるのだから

窓辺に頬杖ついて
幸せがやって来るのを
ただ待っているなんて
もうたくさん

外に出よう
花を摘もう

両の腕を思い切り伸ばして
風を感じよう

空気入れたての
自転車みたいに
時々 弾けながら
軽やかに世界を駆ける

陽がすっかり暮れるまで

初稿:2002年5月1日

[su_posts template=”templates/list-loop.php” tag=”詩” post_type=”poem” posts_per_page=”5″ orderby=”rand”]

Tags:

詩想と引用の関連記事

運命 出会いと別れ

他人の運命の歯車が、否応なしに自分の運命の歯車を回し、その歯車は、また別の人間の歯車を回していく。 人と人を出会わせ、また別れにいたらしめる運命とは一体なんなのか。 人は個々に独立した存在だが、運命は確かに人智を超えた次元に存在し、大いなる […]

タロットカード 運命

前回、『運命の女神は意地悪な顔でやって来て、勇者を試す』と書いた。 いつか本で読んだ。「人間に解けない問題は与えられない」と。 難問、難問、また難問…… それこそ血を吐くような思いで、これらの難問を解いてきた。 時には、投げたくなったことも […]

情報の海から一滴

好きな物や関心のあることだけが有為な情報ではない。 ふと目に入る広告や新聞の片隅の記事も心を傾けてみれば、いろんな気付きがある。 情報の海から『運命の一滴』を拾い出すのは奇跡のようなもの。 だが、探し求めれば、いつかは巡り会うことができる。