自転車

自転車

自転車
軽やかに 走ろう
空気入れたての
自転車みたいに

音も聞こえる
景色も見える

道も走れる
草木も摘める

世界をありのままに
感じることができるのだから

窓辺に頬杖ついて
幸せがやって来るのを
ただ待っているなんて
もうたくさん

外に出よう
花を摘もう

両の腕を思い切り伸ばして
風を感じよう

空気入れたての
自転車みたいに
時々 弾けながら
軽やかに世界を駆ける

陽がすっかり暮れるまで

初稿:2002年5月1日

[su_posts template=”templates/list-loop.php” tag=”詩” post_type=”poem” posts_per_page=”5″ orderby=”rand”]

Tags:

詩想と引用の関連記事

山

人間にとって本当の幸せは、自分自身を肯定できることだ。生きること、存在すること、悩み苦しみも含めて、自分の人生を心から愛せることだよ。その想いは、いつか君にこう叫ばせる。『これが生だったのか。よし、それならもう一度!』。

熊と少年

「言葉の問題というのは、四肢やその他の障害と同じくらいダメージが大きいものです。なまじ普通に生活できるが為に、『喋れない』『読み書きできない』というだけで、低能や怠け者のレッテルを貼られてしまうのです。それで本人もますます心が萎縮して、本来 […]

くらげ

時が過ぎ、秋が深まる頃には、波に運ばれて、別のものに生まれ変わるのだろうか?それとも、海の見える所にずっと身を横たえたまま、少しずつ砂の上に崩れていくの──?