ビル・エヴァンス

誰が僕を偲ぶだろう? If i suddenly die, remember me as this music

ビル・エヴァンス
If i suddenly die, remember me as this music

もし、僕が突然死んだら、この曲のように僕を思い出して

YouTubeのコメント欄に書き込まれた言葉。

海の向こうでも、人が感じることは同じなのだな、と強く印象に残った。

確かに、わあわあ嘆き悲しまれるより、折に触れ、しみじみ思い返してもらう方がいい。

どこかであつらえたような弔辞より、その方がよほど魂の慰めになる。

そして、できるなら、こういう美しい曲のように思い出になるよう、生きられたらいいのだけども。

If i suddenly die, remember me as this music.

このコメント書いた人と一緒にお茶でも飲みたいものダ。

*

コメントが残されていたのは、ジャズピアノの詩人、ビル・エヴァンスの奏でる『Love Theme From Spartacus(スパルタカス 愛のテーマ)』。

この曲については、ビル・エバンスの演奏でも取り上げています。

※ 残念ながら、該当の動画は削除されたので、こちらの演奏をどうぞ。

*

私が儚いものに憧れるのは、それとはまるで無縁の生き方をしているからだ。

「死ぬ、死ぬ」と言いながら、絶対に死ぬことがない。

心を切り裂くような悲しみより、生への執着の方がはるかに強い。 (格好よく言わせてもらえば、パッション)

できれば、恋の溜め息に埋もれて息絶えたかったけど、失恋ぐらいで人間は死ななかった。

腹が減ったと起き出しては、コンビニの100円おにぎりなど頬張っている。

この食欲がある限り、この世のどんな苦難も、私を完全に打ちのめすことはできない。

ある意味、死ぬほど嘆くのも勇気が要るのだ。

多くの人は、”それでも” 生きようとするから。

心が折れた時でさえ、1億円は魅力的だ。

「スターにしてやる」と言われたら、この世に何の未練もないはずの人でも一念発起するだろう。

その点、死に急ぐ人は、もはやこの世にも、自分自身にさえも、何の価値も見出すことはない。

本当に、影か何かのように、あっさり死んでしまうことが出来る。

それもまた一種の勇気かもしれない。

欲もエゴも離れて、自分の感情に純粋になれる、という点で。

*

もし、僕が突然死んだら、この曲のように僕を思い出して。

この世に記憶する人が在る限り、その願いは叶うだろう。

でも、いつかは、その人達も亡くなる。

僕を偲ぶ人は、この世から完全に消えて無くなってしまう。

だとしても、今、ここに生きていることが無意味だとは思わない。

僕は、まさに、この世のすべて──

痛みも、悲しみも、

この世の全てを味わうために生まれてきたのだから。

命あるうちに、たくさんの美しいものと出会いたい。

そして、もし僕が突然死んだら、

不器用だったけど、魂の世界では幸せだった僕のことを、この曲のように思い出して欲しい。

*

Bill Evans Finest Hour by Verve
 定価  ¥1,450
 中古 20点 & 新品  ¥483 から

ビル・エバンスのイイトコどりのオムニバス盤。
Spartacus: Love Themeが収録されてます。文句なしのベスト盤ですネ。

シンガーソングライターの小椋佳は定年まで銀行員を勤め上げた。
人の心に触れる曲を作るには、人間社会との関わりが不可欠であることを知っていたからだ。
売れっ子でも、だんだん作品がつまらなくなるのは、内輪の世界に閉じてしまうから。
パートやボランティアや結婚生活等で人間社会の勉強を続けているアーティストは長続きする。

NO IMAGE

海洋小説『曙光』MORGENROOD

宇宙文明の根幹を支える稀少金属『ニムロディウム』をめぐる企業と海洋社会の攻防を描く人間ドラマ。生き道を見失った潜水艇パイロットと、運命を握る娘の恋を通して仕事・人生・社会について問いかける異色の海洋小説です。
Kindle Unlimitedで公開中。冒頭部の無料PDFもあり。

CTR IMG