MENU

仕事の良し悪しはパートナーで決まる ・ 能力よりも出会い運 ~イソップ寓話『炭屋と洗濯屋』

2020 5/29
店一軒構える炭屋が、洗濯屋が近くに住みついたのを見て、訪ねて行き、一緒に暮らそうと誘った。

一つ屋根の下に住めば、身内同然になるとか、ずっと経済的だとか、いろいろ理由を挙げたのだが、洗濯屋が遮って言うには、

「そいつはわしにはとても出来ない。わしが白くしたものを、あんたは煤で黒くするだろう」

似たもの同士でないと決して共同作業はできない、ということをこの話は解き明かしている。

イソップ寓話集(岩波文庫)

これは仕事のみならず、人間関係にも当てはまる。

短気と呑気が一緒に仕事をしたら、必ずといっていいほど齟齬が起きる。

呑気に短気の気持ちは永久に分からないし、短気は呑気のペースにはなかなか合わせられないものだから。

それでも、やらねばならぬ。

互いに、互いの短所は目をつぶり、互いの長所を活かして、業務を回してゆく他ない。

ある意味、仕事そのものは、大した負担でないのだ。

それよりも、足を引っ張る同僚や、とろすけの後輩、やる気の無い上司や、口だけ達者な先輩の方が、よほどストレスだろう。

炭屋と洗濯屋が、それぞれ善人であっても、仕事でパートナーを組むには適さないこともある。

無理に一緒にすれば、たちまち、洗濯物は汚れて、双方の間で喧嘩になるだろう。

ところで、仕事といえば、能力の問題と思われがちだが、能力は高くても、低くても、芸能・スポーツみたいに特殊な分野を除いては、成否を決める決定打にはならない。

それより、「誰と働くか」の方が、はるかに重要だったりする。

新人のトロスケも、懐の深い上司にじっくり育ててもらえば、五年後、十年後に、味のあるベテランに育つことが多いし、逆に、どれほど頭が切れても、周囲に理解されなかったり、上司に妬まれたら、そこで潰されて終わる。

本人の努力だけでは、どうにもならない事が、現実社会には往々にあって、職場環境などは、その最たるものといえるだろう。

「就職前に、しっかり下調べを」と言われても、実際にその中に入ってみなければ分からないことも、たくさんある。

伸び盛りのビジネスも、働いている人間が左巻きなら、数年後には落ちぶれたりするし。

そう考えると、仕事選びも、一種、博打といえるところがあり、みながみな、本人のリサーチ不足や能力不足とも言い切れない。

あれも運なら、これも運で、勉強や下準備など、やるだけやったら、後はお天道さまに、ひたすら出会い運を祈願することだ。

炭屋には炭屋の、洗濯屋には洗濯屋の、素質や能力を発揮できる場所があり、洗濯屋が我慢して炭屋と一緒にいれば、どんなに綺麗に仕上げた洗濯物も、いずれ真っ黒になって、使い物にならなくなるのである。

 イソップ寓話集 (岩波文庫) (文庫)
 著者  イソップ (著), 哲郎, 中務 (翻訳)
 定価  ¥1,122
 中古 35点 & 新品  ¥47 から
目次
閉じる