バイバイ Googleアルゴリズム

バイバイ、Google アルゴリズム ~「どこに書くか問題」

バイバイ Googleアルゴリズム

昨今、一番難しいのは、「何を書くか」ではなく、「どこに書くか」である。

と言うと、「書く場所なら、いっぱいあるじゃない。Twitter、Facebook、はてなブログ、Tumbler、最近は、note.muもあるじゃない!」という声が聞こえてきそうだが、これだけフリーで書く場所があるから、かえって「どこに書くか」で悩むことになるのだ。

何故なら、それぞれに特徴があり、アクセスする層も導線も異なる。

一つ一つに合わせて、あれもこれも手掛けていたら、一日24時間、一年365日あっても足りないだろう。

ただでさえ少ないリソースを分散するのは、かえって効率が悪いし、集中力も落ちる。

どこか一つに落ち着くとしたら、WordPressが最適なのだが、個人サイトもだんだん審査が厳しくなって、数行のテキストなどは気楽に書けなくなった。

特に意味のない短文、抽象的な詩のようなものは、軒並み、Google先生に「低品質」とみなされ、評価下落の一因になるからだ。

松尾芭蕉の名句「古池や かわず飛び込む 池の音」も、Googleのアルゴリズムにかかれば、ただのスパムコメントである。

たとえ天才的な歌人のオフィシャルサイトでも、解読不能な短文が列記された、低品質なサイトでしかないだろう。

そんな風に、ネットの世界は、だんだん「明解」かつ「役に立つもの」――それも瞬時に答えが得られるものばかりが重宝され、「古池や かわず飛び込む 池の音」みたいに、情景を味わう世界は、だんだん隅に追いやられつつある。侘び寂び、あるいは禅的な、精神の世界だ。

以前は書くのも楽しかったが、今ではすっかりGoogle先生の支配下。

いつからネットや個人サイトは「最初にアルゴリズムありき」になったのか。

ちょっとした雑感を綴るのに、いちいちGoogle先生の顔色を窺うのも馬鹿らしく、こちらに避難した次第。

こちらはSEO施策など一切かまわず、好きなことを綴っていこうと思う。

今のネットは

本気で書けば、パクられる。

本音を言えば、叩かれる。

面倒な世界になった。

シンガーソングライターの小椋佳は定年まで銀行員を勤め上げた。
人の心に触れる曲を作るには、人間社会との関わりが不可欠であることを知っていたからだ。
売れっ子でも、だんだん作品がつまらなくなるのは、内輪の世界に閉じてしまうから。
パートやボランティアや結婚生活等で人間社会の勉強を続けているアーティストは長続きする。

NO IMAGE

海洋小説『曙光』MORGENROOD

宇宙文明の根幹を支える稀少金属『ニムロディウム』をめぐる企業と海洋社会の攻防を描く人間ドラマ。生き道を見失った潜水艇パイロットと、運命を握る娘の恋を通して仕事・人生・社会について問いかける異色の海洋小説です。
Kindle Unlimitedで公開中。冒頭部の無料PDFもあり。

CTR IMG