カーズ3

勝者が後進に道を譲る時 ヒーローの世代交代『カーズ 3』

カーズ3

大人気のレーシングカー・アニメ『カーズ』のシリーズ第三作が公開されると知った時、ああ、また取って付けたような話かと思っていたら、非常にシビアな内容で驚いた。

弾丸のようにレース界に現れ、一世を風靡したライトニング・マックィーンも中年期にさしかかり(アニメなので外見に年齢は現れないが)、稲妻のような走りにも衰えが見え始める。
そんな不安とは対照的に、レース界には次々にハイブリッドな若手が現れ、記録を塗り替えていく。

生意気な新人ジャクソン・ストーム。
ジャクソン・ストーム カーズ ライトニング・マックィーン

昔と異なり、トレーニングは高機能シミュレーションを用いたインドア方式。ハイテクノロジーで能力を分析し、必勝に導く。

ジャクソン・ストーム カーズ ライトニング・マックィーン

ジャクソン・ストーム カーズ ライトニング・マックィーン

ジャクソン・ストーム カーズ ライトニング・マックィーン

時代に取り残された車は次々に解雇。レース場の顔ぶれも変わっていく。

ジャクソン・ストーム カーズ

そして次は自分の番。

このままではジャクソン・ストームに勝てないどころか、レーシングカーとしての地位や名声も失い、存在危機にさらされたマックィーンは、新たな方策を求めて、トレーニングセンターに赴く。これぞまさしくミドルエイジクライシス。どれほど気力や能力があっても、永遠にトップで走り続けられるわけがなく、いつかはその地位から退き、後進に道を譲らなければならない(たとえ相手がいけ好かない新人であろうと)。

なんとも、これが子供向けのアニメかと溜め息。それだけ21世紀は切羽詰まった時代ということだろう。夢よりも現実、成功より挫折、人生の生々しい定めを描き出して、そこにはディズニーらしい甘さもなければ、奇蹟もない。ただただ、『この世の中』があるだけだ。

しかし、昔気質のマックィーンは、ハイテクのトレーニングセンターにも納得できず、彼のサポートを務めるトレーナーのクルーズ・ラミレスと共に、尊敬するドック・ハドソンの古巣を訪れる。

カーズ3 ドック・ハドソン

マックィーンの記憶の中で、悲劇的な事故から引退を余儀なくされたドック・ハドソンは『不幸なチャンピオン』だ。笑った顔を見たことがない……と回想するマックィーンに、ドックの元クルーチーフだったスモーキーは、ドックが晩年、マックィーンの指導に生き甲斐を感じていたことを語り、レーシングカーとして勝ち続けるだけが人生ではないことを示唆する。

ドック・ハドソンは世間から冷遇され、表舞台から消えざるをえなかったが、マックィーンは自分の意志で引退を決めることができる。それを前向きに捉え、最後のレースに挑む。

*

『カーズ』が初めてリリースされたのは、2006年。あれから11年が経過し、マックィーンの宿命は、当時、制作現場で意気盛んだった若手スタッフの宿命でもあるだろう。

職場には、自分より最新の知識や技術をもった若手がどんどんやって来て、地位も仕事も脅かす。

会社は最大限に利益を上げる所、『時代の流れ』と言われたらそれまでで、誰がそれに抗えるだろう。

だが、人間は部品ではない。去る者、進む者、それぞれに敬意と想像力は必要だ。

互いの焦りや苛立ち、侮蔑や野心をぶつけ合ったところで、お互いに後味の悪い思いをするだけだし、後進にとって何の手本にもならない。

それよりも、人にはどうしても避けられない宿命があることを、老いも若きも理解し、互いに支え合う方がいい。

去る者は、勝利や栄光に執着するのではなく、進む者は、老いた者を嘲笑うのではなく、共にこの社会で生きて、幸せを分かち合おうというのが、本作の趣旨だ。

これからの世の中は、きっといっそう厳しい。

技術は大変なスピードで進化し、数年前には新しかったものが現在では旧式といわれ、世代間の価値観や知識の隔たりもどんどん広がっていく。

そんな中、ウルヴァリン・XーMENの最終章『ローガン』をはじめ、新しい切り口の作品が続々と登場するのは非常に興味深いし、現実に真っ向から立ち向かい、新時代の処方箋を生み出そうとする作り手の意志も快く感じる。

今日、映画館で、『カーズ』を見た少年も、いつか本作の真のメッセージを理解するだろう。

その時、マックィーンをはじめとする、レーシングカー達の優しさや潔さを思い出し、人生の糧とできれば、ピクサーの中年の作り手たちも大満足ではないだろうか。

カーズ/クロスロード MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]
出演者  オーウェン・ウィルソン, クリステラ・アロンツォ, クリス・クーパー, ネイサン・フィリオン, ラリー・ザ・ケーブル・ガイ
監督  ブライアン・フィー
定価  ¥ 3,113
中古 47点 & 新品  ¥ 2,198 から
5つ星のうち 4.3 (202 件のカスタマーレビュー)

Tags: , ,

映画の関連記事

シュリ

南北首脳会談は1999年の映画の中では夢だった。なぜ韓国では『シュリ』が熱狂的に支持されたのか。興行成績でタイタニックも超えたアクション大作を画像付きで紹介。南北の川を自由に行き来する小魚シュリに願いを託して、北朝鮮工作員の女性と韓国情報部の恋人の愛と悲劇をスリリングな展開で描く。

薔薇の名前

ゴシックホラーの異色作。高邁な修道僧ショーン・コネリーと若きクリスチャン・スレーターが厳格な修道院で起きる連続殺人事件に挑む。殺害の理由には中世キリスト教における『笑い』が秘められていた。なぜ僧は笑いを禁じられたのか、笑いと神にどんな関係があるのか、映画のスクリーンショットを交えて解説するレビュー。

ベン・ハー チャールトン・ヘストン

大きな十字架を背負い、刑場へと向かうナザレの人を見て、ベン・ハーは叫びます。「この人は、僕に水と生きる力をくれた人だ。この人が一体何をしたというのだ?!」「この方は、人類のあらゆる苦痛を一身に背負うために、この世に生を受けられたのだ。ご覧、あの十字架に、人間のあらゆる罪が重くのしかかっているようではないか。これは終わりではない。始まりだ。いずれ、世界中の人々がこの方に付き従って行くだろう」