MENU

ドストエフスキーの魅力– カラマーゾフ随想と現代の『罪と罰』 –

江川卓と原卓夫の『カラマーゾフの兄弟』と米川正夫訳の『罪と罰』をメインに「人と社会」「愛と救済」について読み解くコラム。