父親という人生の負債

子は永久に『子』~父親という人生の負債(7)

江川訳のカラマーゾフ

第1編 ある一家の由来

第5節 長老

『カラマーゾフの兄弟』の面白いところは、皆、やってることがハチャメチャにもかかわらず、『根っからの悪人』は一人も存在しない点である。

淫蕩父のフョードルにしても、激情家のドミートリィも、実際に周りにいたら迷惑この上ないが、彼等が本気で人を騙したり、傷つけるつもりでそうしているかといえば、決してそうではなく、自分に正直に振る舞った結果であり、そこに邪心はない。邪というなら、澄ました顔で後ろから殴る奴、ニコニコしながら陰口を叩く人間の方がよほど悪質だ。フョードルも、ドミートリィも「どうしようもないクズ」には違いないが、人間としては、結構、純粋な部類に入るのだな。”周りをうんざりさせる”という点を除いては。

そんな彼等の人間性を表す例として、こんな場面がある。

ちょうどこうした時期に、この乱暴な一家全員の顔合わせ、というより一種の家族会議が長老の庵室で行われ、それがアリョーシャに異常に強烈な印象を与えることになった。

この会合の名目は、実を言うと、まったくいい加減なものであった。

折りから、遺産相続と財産上の決済をめぐるドミートリィと父親フョードルのいさかいは、明らかに、もうどうにもならないところまで行って、二人の関係は手のつけられぬほど緊迫化していた。そこで、なんでもフョードルのほうから、おそらくは冗談半分に、ひとつゾシマ長老のところにみなで集まってみたら、という案が出されたということらしい。直接に長老の仲裁を求めないまでも、長老の地位と顔がものをいって、ことも穏便にはこび、いくらかはまともに話もまとまるのではないかというわけだった。

ここで興味深いのは、おそらくは冗談半分にという記述だ。

高徳の僧、ゾシマ長老に、金銭問題の調停を依頼するにあたって、フョードルには二つの動機がある。

一つは、本当に父親として無力であることを痛感し、どこかの偉い人に問題を丸投げしたい気持ち。

もう一つは、相手の徳が高ければ高いほど、おちょくって、引きずり落としてやろうという、ふざけた根性だ。陰湿ではなく、いけず。

見方を変えれば、フョードルも表面的にはハチャメチャだが、内実は人間観察力に優れ、頭もいい。人間を解すユーモアがあるから、高徳の僧をおちょくってやろうという気にもなるのだ。それはまた、イワンやアリョーシャの頭の良さに通じるものがある。

一方、長男のドミートリィは、

長老を訪ねたことはもちろん、その顔も知らなかったドミートリィは、むろんのこと、長老なんぞかつぎ出してきて自分をおどかす来だな、と勘繰ったが、このところ父親とのいさかいでひどく乱暴な振舞に出ているのを、内心苦に病んでいた矢先であったので、この申し出を受けて立つことにした。

“内心苦に病んでいる”のですよ、皆さん……。

これが『子』たるものの正体と言えば、納得して頂けるのではないかと思う。

父親を殺したいほど憎んだとしても、親は親、子は親には永久に逆らえない。

たとえ相手が強欲な淫蕩父でも、育児放棄するような親でも、子は生まれながらに十字架を背負わされたように、親を慕って生きていく。

心底から否定などできるわけがない。それゆえに苦しむのである。

この時点で、ドミートリィの内心の葛藤がはっきり書かれている以上、後の父親殺しの容疑者には成り得ない。少なくとも、読者には「ドミートリィではない」と分かる。

彼は殺したいほど憎んでも、実際に父親に手をかけるほど、背信的にはなれないのだ。たとえ、アリョーシャのようにキリスト教に帰依しなくても、生まれながらに人間に組み込まれた善性によって、そうした畏れと自制心を備えている。

この二箇所の対比を見れば、この悶着において、フョードルがどれほど立場が強いか分かるだろう。それはまた、あまたの父子関係にも当てはまることである。

親の因果が子に報い……というけれど、ドミートリィもとことん哀れだ。

彼は父親の分まで良心の呵責に苦しみ、その咎を償う為にこの世に生まれてきたようなものである。

[EGAWALIST]
Photo:Witold KapciaによるPixabayからの画像

Tags:

ドストエフスキーの関連記事

ある意味、イワンの神への不信は、政治や司法に何の期待もできなかった時代の虚無感であり、だからこそ、イワンのような当時のロシアの若者(あるいは知的階級)が、宗教ではなく、政治に変革を求めた動機も頷ける。祈っても無駄、政治体制や法律を変えない限り、こうした不幸はなくならないと。その極端な形が社会主義革命だったのだろう。

カラマーゾフの兄弟 江川卓

絶版になって久しい江川卓訳『世界文学全集(集英社)』のカラマーゾフの兄弟を抜粋と写真で紹介。現代的で読みやすい訳文です。原卓也訳との比較も掲載。2021年はドストエフスキーの生誕200年のアニバーサリーイヤーにつき文庫化の可能性もあり。興味のある方は復刊リクエストにご協力下さい。

作品に罪はあるのか。非凡人は法律を超える権利を有するのだろうか。

マイケル・ジャクソンの性的暴行容疑に思う。有名人の犯罪は「非凡人」ということで許されるのか。作品に罪はないのか。ドストエフスキーの名作『罪と罰』の「非凡人は法も踏み越える権利を持つ」というラスコーリニコフの思想をベースにしたコラム。