MENU
カテゴリー

【詩】 世界であなたほど愛している人はないから - Clair de Lune より

Clair de Lune 【恋の詩】 について
『Clair de Lune』は、1998年、私が最初に作成したホームページです。
ギリシャ神話やニーチェの哲学など、好きな作品の紹介と共に、自作の詩もいろいろ掲載していました。
ここでは『恋の詩』を紹介しています。
目次

私は恋なんてしたくない、でも恋してしまった

私は恋なんてしたくない。
でも恋してしまった。

この恋には入り口も出口も無い。
その悦びの果てにあるものは、深い悲しみと別れだけ。
いつの日かまた涙して、恋したことを悔いるだろう。
それでもいい。
今一瞬の悦びを追い求めていたい。
永遠に心に刻まれるだろう、この一瞬を。

人を恋するのに理屈なんかいらない。
気がついた時には、心に棲みついている。
私はただ戸惑いながら、恋したことに気づくだけ。
理屈なんてない。

朝に夕に君のことを想う。――君のことばかりを。

たとえその果てにあるものが、深い悲しみと別れでも
今一瞬の悦びに生きる。

'98 Autumn...

When the heart is young, by John William Godward

When the heart is young
*oil on canvas
*51.4 by 101.6 cm
*signed b.l.: J. W. Godward / 1902 .

Clair de Lune

私の密かな吐息
世界で誰も知り得ぬ想いを
月が代わりに語ってくれる


私たちは怯えながら
身を寄せ合い
言葉にならぬ言葉を交わした

この恋は 誰も知らない
知られてはならない
秘密が心を燃やし
沈黙が愛をいっそう貴くする

ひりひりと風が吹きすさぶ中
夜闇だけが優しかった
二人の恋を守ってくれた

見上げれば月が輝く
甘い苦しみにも悦び満ちて

Clair de Lune
私の密かな吐息
世界で誰も知り得ぬ想いが
今日も地上に滴り落ちる

初稿:2002年5月1日

クリムト ダナエ

Liebe (愛) 世界であなたほど愛している人はないから

世界で あなたほど愛している人はないから
だからこそ
あなたに「愛している」と言う訳にはいかない

愛は
愛する人を苦しめるためでなく
ただ ひたすら愛するためにあるから

そして
この不条理こそが『人の世』なのだ

愛の極で 私が見たのは
我が身を縛る法則と
一切から解き放たれた
『死』のような気がする

'98 Autumn...

 【サブラ姫】 ガブリエル・ロセッティ

【サブラ姫】 ガブリエル・ロセッティ

Fall in Love 不幸な恋と哀れな女

今 私ほど不幸な女もないだろう

空は灰色
地には空っ風

憂鬱以外 何もありゃしない
恋に憑かれてからというもの――

恋は一瞬にして
心の平安を奪ってしまった

今じゃ希望も悦びも
あなたなしには あり得ない
あなただけが唯一私を救うことができる

哀れな私 哀れな恋
もう一度 何も知らなかった頃に戻れたら!

空は灰色
地には空っ風

憂鬱以外 何もありゃしない
恋に憑かれてからというもの――

ウィリアム・ウォーターハウス【占い】

Fall in Love ~恋というもの~

自分の気持ちに気付いてから
来る日も 来る日も
溜め息ばかり

寝ても 醒めても
何をしていても

だって どこにも答えがない
この想いが
何処へ行くのか
いつまで続くのか
先にあるのは
悲しみなのか 悦びなのか

いつか ため息にうもれて
死んでしまいそう

君への想いを胸に抱いたまま……

初稿:1999年秋

ウィリアム・ウォーターハウス

恋とは、隠しきれるものではないから~

『恋とはひっきょう隠しきれるものではない』

想いは必ず心から言葉、心から瞳にあふれ出る
そして心から心へと伝わっていく

黙っていても眼差しは正直だ

眼差しの先にはいつでも恋する人がいて、
その姿を追いかけている

視界から消えても、まだ追い求めている

他人が二人の間を覗き見る時、
この世から二人以外のものはすべて
消え去ってしまえばいいと思う

誰もこの恋に気づかなければいいのに……と

今はただ秘めやかに
心を交わす

想いあふれるままに

'98 Autmun...

※ 「恋とはひっきょう隠しきれるものではないのだ」というのは「トリスタンとイズー物語」の一節です。
愛と死の世界・ワーグナーの楽劇『トリスタンとイゾルデ』に酔う / ルネ・コロ&カルロス・クライバーの名演

John William Godward

John William Godward [ Summer_Flowers]

好きになってもいいですか。

好きになってもいいですか。

気付いた時は、どうしようもなく
あなたにひかれてしまっていたのです。

あなたの仕草。

あなたの吐息。

あなたの足音。

あなたの眼差し。

あなたのすることで、
私の心をふるわさないものは何一つありません。

あなたという人が、ただ存在するだけで、
すべてが悦ばしいのです。

許されるなら、いつまでも、
あなたの姿を見ていたい。

ただ、私の目に映るだけで、
たとえようもなく幸福だから。

初稿:2005年1月5日

恋だけが、真の意味で、人間を完全にする

恋は、異質世界との融合だ。

「異性」という、異質の人間との遭遇――
「情熱」という、未知の感情との遭遇――
「自分」という、自身でさえ気付かぬものとの遭遇――

『異』なればこそ、憧れ、欲する。
心と身体の≪何か≫を満たそうとして。

恋は変え、恋は解き放つ。
この『魂の変容(メタモルフォーゼ)』こそ、恋の本質と見た。

恋だけが、真の意味で、人間を完全にする。

私たちは皆、片翼の鳥なのだ。

記:1998年秋

クリムト 接吻

Finamor -至純の愛-

この世に残された最後の純愛は、道ならぬ恋という。

お互い、何の打算も駆け引きも無く、
ただ互いの魂だけを見詰めて、引かれ合うからこそ、
純粋に燃焼できるのかもしれない。

愛極まれば、死に至る。

それはまた人間に残された最後の神話でもある。

初稿:1999年11月28日

目次
閉じる