女性 祈り

Clair de Lune 恋の詩

私の密かな吐息
世界で誰も知り得ぬ想いを
月が代わりに語ってくれる


私たちは怯えながら
身を寄せ合い
言葉にならぬ言葉を交わした

この恋は 誰も知らない
知られてはならない
秘密が心を燃やし
沈黙が愛をいっそう貴くする

ひりひりと風が吹きすさぶ中
夜闇だけが優しかった
二人の恋を守ってくれた

見上げれば月が輝く
甘い苦しみにも悦び満ちて

Clair de Lune
私の密かな吐息
世界で誰も知り得ぬ想いが
今日も地上に滴り落ちる

初稿:2002年5月1日

Tags: ,

詩想と引用の関連記事

銀河

『善行を積めば、あの世にとこしえの幸せが用意されている』というファンタジーは、名も無き善人にとって、最後に残された砦といえる。 現世で栄耀栄華を味わっている人は、あるかどうかも知れない『あの世の幸福』とやらに何の興味も持たないだろうし、それ […]

優しさは見えない気持ち

淋しくないのか、留守を任せられる友達はないのか、いろいろ聞いてみたいが、それも憚られる。心の奥深くに立ち入ろうとすれば、この人はたちまち口を閉ざして、彼女のことも遠ざけるにちがいない。

『恋とはひっきょう隠しきれるものではない』 想いは必ず心から言葉、心から瞳にあふれ出る そして心から心へと伝わっていく 黙っていても眼差しは正直だ 眼差しの先にはいつでも恋する人がいて、 その姿を追いかけている 視界から消えても、まだ追い求 […]