本物の自信は揺るがない ~どうすれば自分を信じることができるのか

自信とは何でしょう。自分が他より秀でているという確信でしょうか。

よく勘違いされますが、自信と優越感は異なります。

自信は、自分を恃みとする揺るぎない気持ちで、優劣とは無関係です。五番目だろうが、右に劣ろうが、一所懸命な自分に満足しているので、堂々と振る舞うことができます。

一方、優越感は、常に自分より劣るものを必要とします。勝つか負けるかのパワーゲームなので、心が落ち着くことがなく、自分より優れたものが現れれば、たちまち萎縮してしまいます。いつでも勝ったような気持ちがするだけで、心が強いわけではないのです。

無料公開はここまで

ここから有料です

この投稿は電子書籍、もしくは有料マガジンを購入された方向けのコンテンツです。全文を読むにはパスワードを入力して下さい。
パスワードが分からない方は、メールフォームよりお問い合わせ下さい。

”自分を愛する”に関連する記事

この記事を書いた人

石田 朋子のアバター 石田 朋子 サイト管理人

作家・文芸愛好家。80年代サブカルチャーの大ファン。普段はぼーっとしたおかあさんです。昭和の名作漫画はほとんど空で台詞が言えるほどの元祖ヲタ。車と猫が大好きな東欧在住。サイトでは作品紹介ではなく、作品を題材とした文芸コラムを掲載しています。

目次
閉じる