国際恋愛の心得 ~『都合のいい女』にならない為に~

国際恋愛 ~宗教の違いをどう乗り越えるか
あなたに知って欲しいこと

掲示板にせっせと書き込んでいる女の子たち、みな、それぞれに一所懸命だし、魅力のある子だと思うんです。彼の一言、一言にすがるようにして生きているという感じで。でも、みんな恋に夢中だし、何と言っても、相手の男性が外国人だから、正体が見抜けない、もしくは採点が甘くなってしまうのでしょう。

sanmarie*com 恋と生き方のエッセー

以下の文章は、メールマガジン『外国人に恋してしまったあなたへ』(2003年発行)の第一号に掲載したものです。

(創刊のきっかけとして)わたしがこのメルマガを書こうと思った最大の動機は、国際恋愛の掲示板の相談内容が余りに酷いと思ったからです。

掲示板にせっせと書き込んでいる女の子たち、みな、それぞれに一所懸命だし、魅力のある子だと思うんです。彼の一言、一言にすがるようにして生きているという感じで。

掲示板の書き込みは物事の断片に過ぎませんから、それだけで「こうだろう」と断言はできませんが、それにしても酷いと感じました。

何が酷いって、相手の男がやっている事もそうですが、それを信じてすがっている女の子の状況です。

騙されて、身も心もボロボロ……とまではいかなくても、先の見えない恋に疲れ果て、せっかくの花の時代を涙と溜め息で過ごしているような印象です(国際恋愛、国内恋愛に限らず)。

でも、みんな恋に夢中だし、何と言っても、相手の男性が外国人だから、正体が見抜けない、もしくは採点が甘くなってしまうのでしょう。

無料公開はここまで

ここから有料です

この投稿は電子書籍、もしくは有料マガジンを購入された方向けのコンテンツです。全文を読むにはパスワードを入力して下さい。
パスワードが分からない方は、メールフォームよりお問い合わせ下さい。

国際恋愛 ~宗教の違いをどう乗り越えるか

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

石田 朋子のアバター 石田 朋子 サイト管理人

作家・文芸愛好家。80年代サブカルチャーの大ファン。古典文学からJUNEまで幅広く親しむ雑食系。マダム・ナナとパピヨン・シルエットについて熱く語り合える友達を募集しています。東欧在住。

目次
閉じる